ウインドオーケストラ ハートフルコンサート 開催のご案内(9月12日)

チラシ
↑クリックするとPDFが開きます。

大阪教育大学ウインドオーケストラ ハートフルコンサートが下記日程で開催されます。
これは,障がいのある方とその介護の方が気軽に楽しめるコンサートとして,大阪府教育委員会とザ・シンフォニーホールの協力を得て開催されるものです。同じくこの趣旨に賛同した全国の教育系大学等の管楽器専任教員がゲスト出演します。

【プログラム】
 シュトラウス / 国王の行進曲
 樽屋雅徳 / マードックからの最後の手紙
 サウンドオブミュージックメドレー
 ディズニーメドレー
 AKBメドレー
 宝島
 上を向いて歩こう
 八木澤教司 / 明日という日が

<ゲスト>
 八木澤教司(指揮)
 濱田直哉(歌)
 全国各地よりスペシャルゲスト

 指揮:神代修(大阪教育大学准教授)  他
 演奏:大阪教育大学教養学科芸術専攻音楽コース ウインドオーケストラ  他

日時:2016年9月12日(月) 開演10:30(終了11:30)
場所:ザ・シンフォニーホール
    〒531-8501 大阪府大阪市北区大淀南二丁目3-3
対象:障がいのある方およびその介護の方
    ◎事前にハートフルコンサート実行委員会へご連絡ください。
入場料:無料
申込・問合せ:ハートフルコンサート実行委員会
 TEL 080-1512-1183
 FAX 072-978-3718
 E-mail heartful@ml.osaka-kyoiku.ac.jp
主催:大阪教育大学教養学科芸術講座(音楽)

投稿者:   日時:16:13 | パーマリンク

小学生のためのひらめき☆ときめきサイエンス「博物館ガイドになって、 日本の昔の住まいを外国人に教えてあげよう!」のご案内(8月21日)

チラシ
↑クリックするとPDFが開きます。

小学生のためのひらめき☆ときめきサイエンス「博物館ガイドになって、日本の昔の住まいを外国人に教えてあげよう!」が下記日程で開催されます。

【コメント】
このプログラムは,大阪くらしの今昔館で開催します。
大阪くらしの今昔館は,江戸時代の町並みを再現した歴史博物館です。
アジア圏を中心に,毎日,多くの外国人のお客さんが見学に来られています。
レッスンを受けて博物館ガイドになり,外国人のお客さんに日本の昔の住まいについて教えてあげましょう。

<実施予定内容>
実施者:碓田智子(教養学科健康生活科学講座・教授)
集合:10:00(大阪市立住まい情報センター・研修室)
・ミニ講義「博物館ガイドになって,むかしの住まいとくらしを伝えよう」
・大学生とアイスブレイク
・レッスン1:江戸時代の町探索で,昔の住まいの知恵と工夫を学ぼう
・レッスン2:大工棟梁から匠の技を学ぼう
・レッスン3:外国語のあいさつを勉強しよう
・レッスン4:クッキータイム(大学生らとお茶会を体験)
・レッスン5:外国人のお客さんに日本の住まいについて教えてあげよう
終了・解散:16:30

日時:2016年8月21日(日)10:00~16:30
場所:大阪くらしの今昔館(大阪市立住まいのミュージアム)
    大阪市住まい情報センター・研修室
    アクセスマップ:http://konjyakukan.com/akusesu.html
対象・定員:小学校5・6年生 25名(先着順)
   ※会場への送迎は,保護者の責任でお願いします。
申込み方法:日本学術振興会のウェブサイトからお申し込みください。
※定員に達しましたので,募集は締めきりました。
 【申込URL】 http://www.jsps.go.jp/hirameki/index.html
 ※掲載されている注意事項等をよく読んでお申込みください。
締め切り:8月8日(月) ※先着順受付
お問合せ先:大阪教育大学 学術連携課 研究協力係
       電話:072-978-3217
       メール:kenkyo@bur.osaka-kyoiku.ac.jp

主催:大阪教育大学

 

ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHIとは:
ロゴマーク大学や研究機関で「科研費」(科学研究費補助金:KAKENHI)により行われている最先端の研究成果の一端について,小学校5・6年生,中学生,高校生の皆さんが,直に見る,聞く,触れることで,科学のおもしろさを感じてもらうプログラムです。
 [日本学術振興会Webページ]
 http://www.jsps.go.jp/hirameki/index.html

投稿者:   日時:11:01 | パーマリンク

天文高校生集え!「第6回高校生天文活動発表会」開催のご案内(7月18日)

tenmonkoukousei_s
↑クリックするとPDFが開きます。

「第6回高校生天文活動発表会―天文高校生集まれ!!―」が下記の日程で開催されます。

【テーマ】
天文に関連した活動・交流と,研究成果の発表
【プログラム】
 詳細は実施要項をご覧ください→【天文学高校生概要】
 発表:口頭発表(質疑を入れて12分,各校1件以内,同じタイトルでのポスター発表が必須),または,ポスターのみの発表
 特別講演:「21世紀の最先端 = 重力波天文学(仮題)」
        講師:大阪市立大学 田越秀行 准教授

【日時】2016年7月18日(月・祝) 10:00~17:00(受付は9:30~)
【場所】大阪教育大学天王寺キャンパス 西館1階ホール
      キャンパスマップはこちらをご覧ください。[キャンパスマップへ
【対象者】高校生とその顧問教員,指導者および保護者
      ※発表をする生徒・教員・保護者以外の方のご参加も大歓迎です。
【定員】160名
【参加費】無料
【申込み方法】申込み先アドレスまで,下記の内容を電子メールでお知らせください。
  1:件名に「【天文高校生】」とお書きください。
  2:学校名
  3:指導者または保護者氏名
  4:連絡先電話番号
  5:連絡先電子メールアドレス(なるべくPC)
  6:参加全生徒氏名(学年)
  7:発表の有無 口頭+ポスター、ポスターのみ(複数の場合はコピーしてください。)
    発表タイトル (           )
    発表者 (           )
  8:予稿(A4 紙2枚、ワード形式)。ポスターのみでもお願いします。申込時にメールに添付してください。
    予稿は事前にネット上で公開します。プリントしてご利用下さい。
【申込み・問合せ先】高校生天文活動発表会実行委員会
             アドレス:tenmon-hs6@quasar.cc.osaka-kyoiku.ac.jp
             ※申込み締め切り:7月6日(水)または定員になり次第
【主催】高校生天文活動発表会実行委員会,大阪教育大学
     公式ウェブページ:http://quasar.cc.osaka-kyoiku.ac.jp/tenmon-hs/

投稿者:   日時:14:48 | パーマリンク

高校生のためのひらめき☆ときめきサイエンス「光と色を武器に、見えない天体ブラックホールを攻略しよう!?」のご案内(8月4日・5日)

hirameki28
↑クリックするとPDFが開きます。

高校生のためのひらめき☆ときめきサイエンス「光と色を武器に、見えない天体ブラックホールを攻略しよう!?」を8月4日・5日に開催します。
【参加費無料】【昼食付き】ですので,ぜひぜひご参加ください!

<実施予定内容>
 第1日目
  ○ブラックホール天体現象とは何か(解説)
  ○51cm反射望遠鏡と天体観測室の見学
 第2日目
  ○解析実習
  ○討議とまとめ
  ○未来博士号授与

日時:【第1日目】2016年8月4日(木) 10:30~16:00
    【第2日目】2016年8月5日(金) 10:00~15:30
      ※2日とも出席できる方のみ参加可能です。
場所:大阪教育大学 柏原キャンパス
    講義室(C1-301)・天体観測室(C3-401)
    キャンパスマップはこちらをご覧ください。[キャンパスマップへ
対象:高校生
定員:20名(先着順)
持ち物:鉛筆,ノートなど筆記用具
      ※昼食と休憩時の飲み物は大学で用意します。
注意事項:遠方からの参加など,宿泊が必要な場合は各自で準備してください。交通費は自己負担です。
       ※保護者の方へ(http://www.jsps.go.jp/hirameki/03_hogosha.html)を必ずご確認ください。
申込み方法:日本学術振興会のウェブサイトからお申し込みください。
         【申込URL】http://www.jsps.go.jp/hirameki/index.html
        ※掲載されている注意事項等をよく読んでお申し込みください。
締め切り:7月20日(水)
      ※先着順受付のため,お申込いただいてもご参加いただけないことがございます。
お問合せ先:
  大阪教育大学 理科教育講座 福江 純(内容に関すること)
    電話:072-978-3387
   メール:fukue@cc.osaka-kyoiku.ac.jp
  大阪教育大学 学術連携課 研究協力係(申込や手続きに関すること)
    電話:072-978-3217
   メール:kenkyo@bur.osaka-kyoiku.ac.jp

主催:大阪教育大学

 

ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHIとは:
ロゴマーク大学や研究機関で「科研費」(科学研究費補助金:KAKENHI)により行われている最先端の研究成果の一端について,小学校5・6年生,中学生,高校生の皆さんが,直に見る,聞く,触れることで,科学のおもしろさを感じてもらうプログラムです。
 [日本学術振興会Webページ]
 http://www.jsps.go.jp/hirameki/index.html

投稿者:   日時:13:51 | パーマリンク

「イタリアのCLILに学ぶ」ワークショップ開催のご案内(5月29日)

ポスター
↑クリックするとPDFが開きます。

イタリアから小学校英語教育の第一人者であるSilvana Rampone氏をお迎えし,小学校英語教科化にむけた専門性向上のための実践的ワークショップを行います。

<プログラム>
 講演(通訳あり)
  「イタリアの中学校・高校におけるCLIL*1と教師間連携」
  Silvia Minardi氏(イタリアLEND*2会長/シエナ大学講師)
   *1 CLIL : Content and Language IntegratedLearning(内容言語統合型学習)
   *2 LEND : Lingua e nuova didattica (新しい実践的な言語教育を推進する学会)
 ワークショップ(通訳なし)
  「CLIL実践ワークショップ」
  Silvana Rampone氏(イタリア文部科学省ナショナルトレーニング教員研修指導者)

日時:2016年5月29日(日) 13:00~17:55
場所:天王寺キャンパス中央館ミレニアムホール
    キャンパスマップはこちらをご覧ください。[キャンパスマップへ
対象者:学生・院生・留学生・現職教員(小・中・高および大学教員)・小学校英語を教える先生等
参加費:無料
定員:70人
申込方法:1.名前 2.所属 3.メールアドレス(携帯メール不可) 4.開催地-大阪
      1-4を明記のうえメールにてお申し込みください。
申込先:shien@cuc.ac.jp(酒井)
お問合せ:連合教職実践研究科/外国語教育(柏木賀津子)
      kashiwag@cc.osaka-kyoiku.ac.jp

投稿者:   日時:17:56 | パーマリンク

教養学科特別講演会「アメリカにおける特別ニーズ教育の現状と課題」開催のご案内(3月1日)

amerikaneeds
↑クリックするとPDFが開きます。

インディアナ大学=パデュー大学インディアナポリス校(IUPUI)のパット・ローガン教授を講師に招き,アメリカにおける特別ニーズ教育についての講演会を下記の日程で開催します。

【テーマ】アメリカにおける特別ニーズ教育の現状と課題
【講師】パット・ローガン教授(インディアナ大学=パデュー大学インディアナポリス校(IUPUI))
    ※通訳がつきます。
【日時】2016年3月1日(火) 13:30-15:00
【場所】大阪教育大学柏原キャンパスB3棟1階教養学科会議室
    キャンパスマップはこちらをご覧ください。[キャンパスマップへ
【申込み】不要
【お問合せ】安部 文司(大阪教育大学欧米言語文化講座教授)
      E-mail:bunji@cc.osaka-kyoiku.ac.jp
      長谷川 ユリ(大阪教育大学国際センター教授)
      E-mail:haseyu@cc.osaka-kyoiku.ac.jp
【主催】大阪教育大学教養学科・国際センター
【協力】大阪教育大学特別支援教育講座

投稿者:   日時:9:37 | パーマリンク

「大阪教育大学第二部FD交流会2015」開催のご案内(2月17日)

nibufd

↑クリックするとPDFが開きます。

「大阪教育大学第二部FD交流会2015」が下記の日程で開催されます。

【開催趣旨】
平成27年8月の中央教育審議会における教育課程企画特別部会で,「論点整理」として,「初等中等教育における教育課程の基準等の在り方」に関する包括的な報告がなされ,新しい学校像や「社会に開かれた教育課程」の考えが提示さました。そのなかでは,「課題の発見・解決に向けた主体的・協働的な学び(いわゆる「アクティブ・ラーニング」)」がクローズアップされ,学校教育においては「アクティブ・ラーニングの視点からの不断の授業改善」が必要であるとされています。 本年度は,学部教育や学校教育のありかたを教育方法という点から幅広く論議し,学部教育の質的転換を求めて,第二部FD交流会を開催します。学生や院生のみなさんも、ぜひご参加ください。

【プログラム】
1.開会のあいさつ
  田中俊弥(大阪教育大学夜間学部主事)
2.話題提供「教育方法に関する新たな時代の潮流」
  寺嶋浩介准教授(大阪教育大学連合教職大学院)
              http://www.tera-lab.net/(寺嶋准教授公式ウェブページ)
3.全体討論
4.閉会のあいさつ 出野卓也(大阪教育大学実践学校教育講座主任)

【日時】2016年2月17日(水)18:00~20:00
【場所】大阪教育大学天王寺キャンパス 中央館4階416教室
    キャンパスマップはこちらをご覧ください。[キャンパスマップへ
【申し込み】不要
【お問合せ】toshiya@cc.osaka-kyoiku.ac.jp(田中俊弥 大阪教育大学夜間学部主事)
【主催】大阪教育大学第二部・実践学校教育専攻

投稿者:   日時:9:09 | パーマリンク

「外国語学習支援ルーム(GLC)留学フェア2015」開催のご案内(11月24日~12月11日)

ryugakufair-1 ryugakufair-2
↑クリックするとPDFが開きます。

「外国語学習支援ルーム(GLC)留学フェア2015」が下記日程で開催されます。
外国語学習支援ルーム(GLC)では,11月24日(火)から12月11日(金)の期間,共通講義棟A-206教室にて,留学フェアを開催します。同フェアでは,アメリカ,オーストラリア,カナダ,イギリス,タイ,フィンランド,韓国へ,それぞれ留学した先輩たちが,経験談をプレゼン形式で紹介します。
“留学したいなー”と少しでも思っている皆さん!実際に留学経験者から現地での授業の様子や,生活,その他気になる話を直接聞けるチャンスです。もちろん質問も受け付けています!ぜひ,お友達を誘ってご参加下さい!

【日程・プレゼン学生数】
11月24日(火)オーストラリア1人・アメリカ1人(開催終了)
11月27日(金)タイ1人・イギリス1人(開催終了)
12月01日(火)オーストラリア1人・アメリカ1人
12月04日(金)アメリカ2人
12月08日(火)カナダ1人・オーストラリア1人
12月11日(金)アメリカ1人
12月15日(火)韓国1人・フィンランド1人
【時間】
全日程12:30~13:00
【場所】
柏原キャンパス共通講義棟A-206教室(GLC本部)
【お問合せ】
外国語学習支援ルーム
E-mail:glc@cc.osaka-kyoiku.ac.jp

投稿者:   日時:14:27 | パーマリンク

「生でふれよう日本の美術!」講座開催のご案内(12月1日,8日)

平成27年度大阪教育大学美術教育講座「生でふれよう日本の美術!プロジェクト」による特別講座が下記の日程で開催されます。

(1)「メダル原型作り―日本のコインメダルの精度に学ぶ」
講師:彫刻家・メダリスト 齊藤 純夫氏
日時:2015年12月1日(火)2限(10:45~12:15),4限(14:50~16:20),5限(16:35~18:05)
場所:大阪教育大学柏原キャンパス工房棟(G棟)102教室
参加費:無料

(2)かしわら環境セミナー「とことん!目からウロコの布活用術!~布リサイクルの達人が『たどりついた形』とは~」
講師:環境ジャーナリスト・環境カウンセラー 中村 恵子氏
【講習会1】「簡単!便利!日本伝統のあずま袋を恵子流アレンジ」
日時:2015年12月1日(火)2限(10:45~12:15)
場所:大阪教育大学柏原キャンパス共通講義棟(A棟)305教室
参加費:無料
【講習会2】「意外な素材でクリスマスオーナメント!」
日時:2015年12月1日(火)4限(14:50~16:20)
場所:大阪教育大学柏原キャンパス共通講義棟(A棟)105教室
参加費:無料

(3)「日本画ってなんだろう?」
講師:日本画家 絹谷 香菜子氏
日時:2015年12月8日(火)2限(10:45~12:15)
場所:大阪教育大学柏原キャンパス美術棟(F棟)106教室
参加費:無料

お問い合せ:渡邉 美香(大阪教育大学美術教育講座准教授)
        E-mail mwatanab@cc.osaka-kyoiku.ac.jp

投稿者:   日時:11:26 | パーマリンク

「イクメンの星による出前講座」のご案内(12月4日)

「イクメンの星による出前講座」を下記の日程で開催します。本学学生対象の授業ですが,学外の方も聴講いただけます。

【開催趣旨】
厚生労働省が主導する,男性の育児参加推進事業「イクメンプロジェクト」における,“イクメンの星”西村貴志氏を講師に迎え,家政教育講座の小崎恭弘准教授のコーディネートのもと,出前講座を開催します。イクメンプロジェクトとは何なのか,その意義を,自らの育児体験談を交えて,イクメンの星が熱く語ります。

【タイムテーブル】
09:00~09:05 イントロダクション(小崎恭弘准教授)
          授業趣旨と講師紹介
09:05~09:15 イクメンプロジェクトの意義(西村貴志氏)
          ・イクメンについて
          ・日本が抱える社会課題、少子化と労働人口減少について触れる
          ・イクメンが社会課題を解決する一つのカギである
          ・日本人男性の家事・育児時間が国際的にみて短いこと
          ・日本人男性の家事・育児時間の長さと出生率向上,
           女性の同労力率向上の関係性について
          ・女性の労働力率向上による日本経済への好影響について
          ・男性本人にとっても、夫婦関係に好影響
          ・育児休業制度について
09:15~09:35 イクメンの星による体験談(西村貴志氏)
          ・育児休業を取得したキッカケ
          ・育児休業取得にあたって,周囲(上司・同僚等)の
           理解を得るために働きかけたこと
          ・育児休業中の過ごし方と,休業中の気持ち
          ・育児休業復帰を円滑にするために工夫したこと
          ・仕事に活かす育児休業中の体験
          ・効率的な仕事術、時間の使い方
          ・復帰後の両立の工夫、周囲の理解・協力
           ※育児休業や育児によって周囲に仕事を任せることがある場合,
             普段から自ら同僚を助けるなど,協力し合える関係を築いておくなど
          ・両立をする上での苦労
          ・育休の取得による価値観の変化(働き方、生き方、家族とのコミュニケーション)
          ・大学生に考えてもらいたい「働き方」
09:35~10:05 西村氏と小崎准教授によるイクメントーク
10:05~10:25 質疑応答
10:25~10:30 アンケート記入,終わりの挨拶

講師:西村 貴志氏
コーディネーター:小崎恭弘准教授(大阪教育大学家政教育講座)
日時:2015年12月4日(金)9:00~10:30(集合8:40)
場所:大阪教育大学柏原キャンパス共通講義棟A-301教室
参加費:無料(どなたでもご参加いただけます※定員10名)
お申込み・お問合せ:小崎恭弘(大阪教育大学家政教育講座准教授)
              E-mail:kozaki@cc.osaka-kyoiku.ac.jp
主催:大阪教育大学家政教育講座

投稿者:   日時:15:31 | パーマリンク