大学院芸術文化専攻による「イブニングコンサート2015」開催のご案内(6月3日・10日)

チラシ表 チラシ裏
↑クリックするとPDFが開きます。

大学院芸術文化専攻学生による「イブニングコンサート2015」が下記日程で開催されます。

 
【プログラム】

<6月3日>
阪上 敦子(ピアノ)
 R. シューマン / アベッグ変奏曲 作品1
 A. ベルク / ピアノ・ソナタ 作品1
片山 桜(ピアノ)
 F. リスト / 〈巡礼の年 第2年イタリア〉より ペトラルカのソネット 第104番
 B. バルトーク / 2つのエレジー 作品8b
横倉 愛美(ピアノ)
 M. バラキレフ / ひばり
 S. ラフマニノフ / 絵画的練習曲《音の絵》 作品39-2、39-3、39-5
渋谷 量治(テューバ)
 A. エムラー / テューバストーン  ほか

<6月10日>
井宮 有香(ホルン)
 J. ハイドン / ホルン協奏曲第2番ニ長調
鷲尾 有香(フルート)
 F. シューベルト / 「しぼめる花」の主題による序奏と変奏曲
奥野 美咲(フルート)
 J.M. ダマーズ / ラプソディ  ほか
山鹿 萌子(ピアノ)
 M. ラヴェル / クープランの墓

 
日時:2015年6月3日(水)・10日(水) 開場16:45/開演17:00
場所:大阪教育大学柏原キャンパス音楽棟(K棟)ホール201
    キャンパスマップはこちらをご覧ください。[キャンパスマップへ
入場料:無料
お問合せ:教養学科芸術講座 山畑
      TEL072-978-3719
      yamaberg@cc.osaka-kyoiku.ac.jp

主催:大阪教育大学教養学科芸術講座(音楽)

投稿者:   日時:10:35 | パーマリンク

小崎恭弘准教授が読売新聞全国版夕刊コラム「ともに歩む」で連載開始

家政教育講座の小崎恭弘准教授が読売新聞全国版夕刊の新コラム「ともに歩む」で,4月28日(火)から連載を開始しました。

「ともに歩む」は,子育て世代や高齢者ら,様々な人たちを支えている全国各地の6人の代表者が,支援活動の中から見えてきた課題や地域の実情などを紹介するもので,小崎准教授は,父親の育児など,子育てをめぐる現状や課題を報告します。

今後も6週に一回の頻度で掲載されますので,ぜひご覧ください。

投稿者:   日時:16:26 | パーマリンク

「男の子のプロ」小崎恭弘准教授が新刊を出版

shishunkidanshi
↑クリックするとPDFが開きます。

家政教育講座の小崎恭弘准教授の最新刊「いよいよワケがわからなくなってきた!思春期の男子の育て方」が,絶賛発売中です。

元保育士であり,3男の父である「男の子のプロ」が,思春期男子特有の不可解な変化の謎を徹底解剖。より良い関係を築く方法を伝授します。

全国の書店のほか,インターネット書店でも販売中です。

<目次>

第1章 なんなのウチの子!いよいよわからなくなってきた…

第2章 理解不能の謎がとける!ビミョ~なお年頃の胸のうち

第3章 「とにかく扱いにくい!」がラクになる接し方

第4章 ガミガミ言ってもムダ!叱るときはメリハリが大切です

第5章 思春期男子がたちまちやる気になるほめ方

第6章 「自立した大人の男性」に育てるために

表題:いよいよワケがわからなくなってきた!思春期の男子の育て方

著者:小崎恭弘(大阪教育大学家政教育講座准教授)

出版社:すばる舎

定価:1,300円+税

投稿者:   日時:16:21 | パーマリンク