公開講演会「オバマ大統領の広島訪問と転換期の日米関係を考える」開催のご案内(8月1日)

チラシ
↑クリックするとPDFが開きます。

公開講演会「オバマ大統領の広島訪問と転換期の日米関係を考える」が下記日程で開催されます。

講師:油井大三郎
    (東京大学名誉教授,元日本アメリカ学会会長,高大連携歴史教育研究会会長)
司会:安部文司(大阪教育大学教授)

日時:2016年8月1日(月) 13:00~15:00
場所:柏原キャンパス A棟308教室
    キャンパスマップはこちらをご覧ください。[キャンパスマップへ
お問合せ:欧米言語文化講座 馬暁華
      xiaohua@cc.osaka-kyoiku.ac.jp
      Tel: 072-978-3576

投稿者:   日時:18:07 | パーマリンク

関隆晴名誉教授「地域連携学校教育入門―現代社会を生きる」授業公開のご案内(8月2日)

チラシ
↑クリックするとPDFが開きます。

 関隆晴本学名誉教授による教養基礎科目「地域連携学校教育入門―現代社会を生きる」で,附属平野小学校5年生児童の1年間にわたる探求的な学習実践について報告します。本授業を公開しますので,学生,教職員,地域の方の参加をお待ちしております。

【テーマ】
 「附属平野小学校における総合的な学習 ― 平野ダッシュ村を活用した取組」
  大阪教育大学付属平野小学校 四辻 伸吾 教諭

日時:2016年8月2日(火) 13:05~14:35
場所:柏原キャンパス A棟106教室
    キャンパスマップはこちらをご覧ください。[キャンパスマップへ
お問合せ:seki@cc.osaka-kyoiku.ac.jp

投稿者:   日時:17:53 | パーマリンク

小学生のためのひらめき☆ときめきサイエンス「博物館ガイドになって、 日本の昔の住まいを外国人に教えてあげよう!」のご案内(8月21日)

チラシ
↑クリックするとPDFが開きます。

小学生のためのひらめき☆ときめきサイエンス「博物館ガイドになって、日本の昔の住まいを外国人に教えてあげよう!」が下記日程で開催されます。

【コメント】
このプログラムは,大阪くらしの今昔館で開催します。
大阪くらしの今昔館は,江戸時代の町並みを再現した歴史博物館です。
アジア圏を中心に,毎日,多くの外国人のお客さんが見学に来られています。
レッスンを受けて博物館ガイドになり,外国人のお客さんに日本の昔の住まいについて教えてあげましょう。

<実施予定内容>
実施者:碓田智子(教養学科健康生活科学講座・教授)
集合:10:00(大阪市立住まい情報センター・研修室)
・ミニ講義「博物館ガイドになって,むかしの住まいとくらしを伝えよう」
・大学生とアイスブレイク
・レッスン1:江戸時代の町探索で,昔の住まいの知恵と工夫を学ぼう
・レッスン2:大工棟梁から匠の技を学ぼう
・レッスン3:外国語のあいさつを勉強しよう
・レッスン4:クッキータイム(大学生らとお茶会を体験)
・レッスン5:外国人のお客さんに日本の住まいについて教えてあげよう
終了・解散:16:30

日時:2016年8月21日(日)10:00~16:30
場所:大阪くらしの今昔館(大阪市立住まいのミュージアム)
    大阪市住まい情報センター・研修室
    アクセスマップ:http://konjyakukan.com/akusesu.html
対象・定員:小学校5・6年生 25名(先着順)
   ※会場への送迎は,保護者の責任でお願いします。
申込み方法:日本学術振興会のウェブサイトからお申し込みください。
※定員に達しましたので,募集は締めきりました。
 【申込URL】 http://www.jsps.go.jp/hirameki/index.html
 ※掲載されている注意事項等をよく読んでお申込みください。
締め切り:8月8日(月) ※先着順受付
お問合せ先:大阪教育大学 学術連携課 研究協力係
       電話:072-978-3217
       メール:kenkyo@bur.osaka-kyoiku.ac.jp

主催:大阪教育大学

 

ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHIとは:
ロゴマーク大学や研究機関で「科研費」(科学研究費補助金:KAKENHI)により行われている最先端の研究成果の一端について,小学校5・6年生,中学生,高校生の皆さんが,直に見る,聞く,触れることで,科学のおもしろさを感じてもらうプログラムです。
 [日本学術振興会Webページ]
 http://www.jsps.go.jp/hirameki/index.html

投稿者:   日時:11:01 | パーマリンク