平成28年度数学協働プログラム・ワークショップ「ウェーブレット理論と工学への応用」開催のご案内(11月22日~23日)

アイコン チラシ表
↑クリックするとPDFが開きます。

平成28年度数学協働プログラム・ワークショップ「ウェーブレット理論と工学への応用」が下記日程で開催されます。

このワークショップでは,広い意味でウェーブレット解析によって解決できるかもしれないと期待できるトピックスに関して,講演者の方々に理論と工学的応用の現状,さらに解決すべき問題を解説していただき,その問題提起を端緒として参加者がディスカッションする形で,ウェーブレット解析が実際にどのように応用されているかをより深く理解することによって,新しい理論と応用への道が開かれることを目指します。


【プログラム】
《11月22日》
 13:20~13:30
  開会の挨拶
 13:30~14:30
  「2次元複素数離散ウェーブレット変換による上咽頭粘膜病変部位の抽出」
   章 忠, CHONG HUEI SHAN,戸田 浩,秋月 拓磨,三宅 哲夫(豊橋技術科学大学) 
15:00~16:00
  「ウェーブレットを用いたディストーションサウンドの特徴量抽出」
   鈴木 俊夫,善甫 啓一,木下 保(筑波大学)
 16:30~17:30
  「DCTとウェーブレット変換を縦横に組み合わせた直交変換をブロック毎に用いる適応的画像圧縮法」
   芦澤 恵太(舞鶴高専),森田 雅貴(名城大学)

《11月23日》
 9:30~14:30
  「他覚的聴力検査に用いる誘発脳波のウェーブレット解析についての考察」
   井川 信子(流通経済大学),守本 晃,芦野 隆一(大阪教育大学)
 11:00~12:00
  「ウェーブレットによるポラリメトリックSAR画像分類」
   新井 康平(佐賀大学)
 12:00~13:30
  昼食
 13:30~14:30
  「コンクリート建造物に対する超音波CT開発と窓関数の応用」
   滝口 孝志(防衛大学校)


日時:2016年11月22日(火) 13:20~18:00
11月23日(水)  9:30~14:30
場所:大阪教育大学天王寺キャンパス 西館第1講義室
    キャンパスマップはこちらをご覧ください。[キャンパスマップへ]
参加費:無料
申し込み:不要
お問合せ:守本晃(大阪教育大学情報科学講座)
      TEL 072-978-3665
      E-mail morimoto@cc.osaka-kyoiku.ac.jp
主催:大阪教育大学,統計数理研究所「数学協働プログラム」


・ワークショップウェブサイト
  http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~morimoto/TENWS/ws2016HP/index.html
・統計数理研究所「数学協働プログラム」ウェブサイト
  http://coop-math.ism.ac.jp/

投稿者:   日時:17:19 | パーマリンク

コメントは受け付けていません。