ワークショップ「ウェーブレット理論と工学への応用」開催のお知らせ(9月12日・13日)

ポスター
↑クリックするとPDFファイルが開きます。

 平成23年度 数学・数理科学と諸科学・産業との連携研究ワークショップ「ウェーブレット理論と工学への応用」が下記日程で開催されます。

 このワークショップでは,広い意味でウェーブレット解析によって解決できるかもしれないと期待できるトピックスに関して,講演者の方々に理論と工学的応用の現状,さらに解決すべき問題を解説していただき,その問題提起を端緒として参加者がディスカッションする形で,ウェーブレット解析が実際にどのように応用されているかをより深く理解することによって,新しい理論と応用への道が開かれることを目指します。

 
【プログラム】

《9月12日》
 13:00~14:00 「独立成分分析に基づく音源分離について」
           五反田 博(近畿大学産業理工学部)
 14:15~15:15 「寄生的離散ウェーブレット変換とその問題点」
           章 忠(豊橋技術科学大学機械工学系計測システム)
 15:45~16:45 「地下構造探査における時系列処理の現状と問題点」
           三ケ田 均(京都大学工学研究科社会基盤工学)
 17:00~18:00 「ウェーブレットによるコンテンツ保護」
           新井 康平(佐賀大学大学院工学系研究科知能情報システム部門)

《9月13日》
  9:00~10:00 「連続マルチウェーブレット変換に基づく画像分離」
           守本 晃(大阪教育大学情報科学)
 10:15~11:15 「音声からの声道長推定における聴覚的ウェーブレット変換について」
           入野 俊夫(和歌山大学システム工学部)
 11:30~12:30 「脳波によるヒトの状態推定のためのウェーブレット手法の応用」
           井上 勝裕(九州工業大学情報工学研究院)

 
日時:2011年9月12日(月)13:00~18:00
        9月13日(火) 9:00~12:30
場所:大阪教育大学 天王寺キャンパス中央館2階 213・214教室
    キャンパスマップはこちらをご覧ください。[キャンパスマップへ
申し込み:不要
問い合わせ:大阪教育大学 芦野 隆一
        TEL 072-978-3685
        E-mail ashino@cc.osaka-kyoiku.ac.jp

主催:文部科学省,大阪教育大学
運営責任者:芦野 隆一

・ワークショップウェブサイト
  http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~ashino/ws2011/

・文部科学省ウェブサイト「数学・数理科学と諸科学・産業との連携による数学イノベーションの推進」
  http://www.mext.go.jp/a_menu/math/index.htm

投稿者:   日時:16:40 | パーマリンク

コメントは受け付けていません。