クーラーよりもクールビズ

-東日本大震災の影響により、この夏の電力不足が懸念されています。全国的に、節電など省エネへの取り組みが活発化するなか、大阪教育大学でも、構成員一丸となって、省エネ対策に取り組むことが打ち出されました。具体的には、6月21日に、学長名の「省エネキャンペーン“クーラーよりもクールビズ”の実施について」(お願い)を発表しました(PDF参照)。その中で、各部局電力削減目標値を「前年度比瞬間最大電力11%以上」(平成23年7月1日~平成23年9月22日)と設定されています。かなりハードルの高いものですね。

長尾  おっしゃるとおりです。かなり高い数値だと思います。地球環境問題等グローバルな考えを踏まえるとそういう数値をめざしていかなくてはいけません。全学一体となってキャンペーンを繰り広げていきたいと思っています。

 具体的には、本学としては関西電力が目安としている「15%」を参考に、本学の太陽光発電システムが発電している「4%」を差し引いた数値としました。東京大学は30~40%と聞いています。大阪大学や京都大学も15%前後と聞いています。本学の「11%以上」についても、大学一体となって取り組まないと目標値は達成できません。しかし、附属学校園も含めた全構成員一人ひとりが協力して実施すれば大きな効果を期待できると考えています。

-「実施計画」では、「省エネの具体的対策チェックシート案」(PDF参照)を打ち出しています。内容は、分野別に「空調関係」(10項目)、「照明関係」(6項目)、「パソコン節電」(3項目)、「事務機器・実験機器等の節電」(7項目)、「その他」(2項目)から構成されており、計28項目を打ち出していますが、学長としては、どのようなところに力を入れる必要があるとお考えですか。

長尾  例えば、エスカレーターの計画的稼動、エアコンの計画的停止・フィルター掃除や取替え、照明の間引き消灯などです。省エネ見回り隊を組織し、徹底的に点検をしながら取り組んでいきたいと思っています。キャンペーンを盛り上げ、一人ひとりの意識を高めるため、横断幕など宣伝活動も進めていきます。しかし、何事も楽しくやろうというのがわたしのモットーです。かわいいワッペンとかシール、涼しげなポスターなど、色々と考えているところです。いずれも、皆さまのご協力を是非お願いいたします。

長尾学長、うちわで省エネ

省エネ通知(PDF形式106KB)

電力削減具体的対策チェックシート(PDF形式66KB)

 

※Adobe Readerをお持ちでない方はこちらからダウンロードお願いします

(文責・広報室)

投稿者:   日時:10:28 | パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です