キャンパスは今、素晴らしい秋色

長尾学長

―「大学改革実行プラン」のミッション再定義の学内議論や、京阪奈三教育大学連携事業が進められていますが、どのような状況でしょうか。

長尾 ミッションの再定義といいましても、奇をてらって新しいことを打ち出すのではなく、本学がこれまで取り組んできた大学運営の特色をまとめ、粛々と進めるということに尽きると思います。現在、各部局長の先生方の協力を得ながら資料作成を進めているところです。
 京阪奈三教育大学の連携については、双方向遠隔授業システムなど、カリキュラム面を中心にできるところから進めています。先日、学内の組織としての「実施委員会」も設置し、来年度からの実施に備えているところです。

―秋は、大学祭(神霜祭)、スポーツ、芸術など学生の課外活動が盛んで活躍が期待されます。12月からは、3回生の就職活動も本格化しますが。

長尾 勉学はもちろん、クラブ・サークル活動にとがんばってほしいです。就職活動についても、それが目的となるのではなく、大学生活の集大成としての結果だと思います。
 大学祭については、屋台の食べ物の販売が年々増え、これでいいのかなといった印象です。けれど、各教室で発表されている部・サークル活動の展示は地味ですが、多彩なものがあります。障害者支援や東日本大震災支援の学生ボランティア活動は様々に取り組まれていますので、注目してほしいですね。

―先日、附属天王寺中学高校卒業生の山中伸弥氏がノーベル生理学・医学賞を受賞して、大きな話題になっています。

長尾 山中先生が本学附属学校で学ばれたことは、附属学校生の誇りであり、附属学校生徒の希望となることでしょう。わたしも何度かお会いしましたが、とても気さくな人柄です。附属学校が世間に言われるような進学一辺倒ではなく、自由でのびのびした校風の中で山中先生のような素晴らしい方が育まれたことを、大変嬉しく思います。

―最後に何かブログの読者にメッセージを。

長尾 柏原キャンパスの自然は素晴らしく、特に秋は木々が赤く染まり、紅葉が綺麗です。いい季節なので、是非、秋を満喫してください。

―先日は、柏原キャンパスのあちこちに自生しているアケビを収穫したそうですね。

長尾 ええ、大きい実がいくつも穫れ、学長室にオブジェとして飾っていました。職員からいただいたイガグリなどもあり、秋色がいっぱいです。

柏原キャンパスの紅葉 アケビを収穫する長尾学長

(文責:総務広報係)

投稿者:   日時:15:53 | パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です