携帯ウェブサイト
運用担当部局:教務課教務企画係

教職実践演習

教職実践演習の目的

教職実践演習とは,平成22年年度入学生から教員免許状取得の必修科目として,最終年次に義務づけられているものです。
この科目は,皆さんが教員になる上で,自分にとって何が課題であるのかを自覚し,必要に応じて不足している知識や技能等を補い,その定着を図ることを目的としています。4年間で身に付けた資質能力が,教員として最小限必要な資質能力として有機的に統合・形成されたかについて最終的に確認し,教職生活の円滑なスタートを支援するものです。
本学では「ガイダンス」「ミニ講座」「ふりかえり」の3つのブロックにわけて展開します。

*
 

授業の内容

教員として求められる基礎的事項として,下記4事項について,学生自身が自己の状況を確認するための活動を含みます。
1.使命感や責任感,教育的愛情などに関する事項
2.社会性や対人関係能力に関する事項
3.子ども理解や学級経営に関する事項
4.教科・保育内容等の指導力に関する事項

授業の方法

授業では,下記の方法を必要に応じて適切に取り入れます。
1.フィールドワーク,グループ討議などの演習や実習,模擬授業
2.役割演技(ロールプレイング),事例研究等の授業方法
3.現職の教員又は教員勤務経験者を講師とした授業等