•  
  •  
    大阪教育大学公式キャラクター「やまお」と「たまごどり」
Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学
運用担当部局:広報室広報係

大阪教育大学公式キャラクター「やまお」と「たまごどり」

やまお

*

 

 やまおはそのものずばり「山」。柏原キャンパスのある金剛生駒紀泉国定公園の自然豊かな山々をイメージしています。口のトンネルから延びる線路は柏原キャンパスと天王寺キャンパスをつなぎ、さらに日本中へと続いていきます。
 性格はのんびりやさん。ずっと昔からこの地を見守っていて、実はとても物知りなのです。でもあまりしゃべらないので、その知識を自分から披露することはめったにありません。柏原キャンパスができてからは、学生たちが勉強や部活をがんばる姿を見守っています。

 

たまごどり

*

 

 たまごどりは大阪教育大学のロゴマークのフォルムでもある「たまご」をイメージしてデザインされています。「たまご」には未来に向かって成長する無限の可能性があり、学生たちの成長や、子どもたちを守り育てる教育のイメージにつながります。
 性格は明るく元気。ちょっぴりおっちょこちょいですが、何事にも一生懸命取り組むがんばりやです。今はまだ飛べませんが、未来へ羽ばたかんとする学生たちのように、いつか大空を自由に飛びまわることを夢見ています。

 

公式キャラクター誕生の経緯

 平成24年度学生チャレンジプロジェクト『大教キャラクター策定プロジェクト』からこのキャラクターたちが誕生しました。プロジェクトでは、全学に呼びかけて作品を公募し、メンバーによる審議を重ねて2体にまで絞り込み、2012年11月の大学祭(神霜祭)およびウェブサイトで投票を行いました。結果は「やまお」の勝利でしたが、大学は「たまごどり」も個性豊かで甲乙つけがたいと判断し、2体とも公式キャラクターとして採用することとしました。

 

プロジェクト紹介

 「わたしたちの大学にも魅力的なキャラクターがほしい」。この願いから、教養学科芸術専攻美術コースの学生6人が、学生チャレンジプロジェクト『大教キャラクター策定プロジェクト』を立ち上げました。
 約1か月の公募期間で集まった作品は69体にのぼり、この中から「やまお」と「たまごどり」の2体を最終候補として選びました。そして、プロジェクトメンバーの手でデザインをさらに洗練したうえで、神霜祭会場およびウェブサイトで決選投票を行いました。また、神霜祭でのグッズ配布、ウェブサイトやSNSでの告知など、キャラクターの広報にも努めました。結果は「やまお」358票、「たまごどり」231票で、学内外の多くの方が大学キャラクターに関心を寄せたことを示すものとなりました。
 プロジェクトはこれらの経緯を大学に報告し、公式キャラクターとして認められるよう働きかけました。大学はこれを受け、最終候補の2体がいずれも個性的で魅力あふれるキャラクターであることから、2体とも公式キャラクターとすることが決まりました。

『大教キャラクター策定プロジェクト』メンバー
投票コーナー

『大教キャラクター策定プロジェクト』メンバー

2012年神霜祭での投票コーナー

 

作者紹介

*

「やまお」作者

奥田 澪 さん
大学院教育学研究科芸術文化専攻美術表現コース〈造形表現〉分野 1回生

*

「たまごどり」作者

秋月 勇人 さん
教養学科芸術専攻美術・書道コース〈美術〉 2013年3月卒業

 

利用について

「やまお」及び「たまごどり」のデザインは国立大学法人大阪教育大学の登録商標です。
著作権は本学に帰属しており、印刷物、グッズ等への使用を希望される場合は総務企画課総務広報係へお問い合わせください。

商標登録証(PDF 1.1MB)

公式キャラクターを使用する際には申請が必要です。
申請の手順や使用ルールなどの詳細は、公式キャラクター利用マニュアルをご覧ください。

 
 

公式キャラクターに関するお問い合わせ先

国立大学法人大阪教育大学
管理部総務企画課総務広報係(広報担当)
TEL:072-978-3344
FAX:072-978-3225
e-mail:kouhou@bur.osaka-kyoiku.ac.jp