•  
    栗林澄夫新学長が就任
Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学
運用担当部局:広報室広報係

栗林澄夫新学長が就任

栗林澄夫新学長が就任しました。任期は平成26年4月1日から平成30年3月31日までの4年間です。
以下に,新学長の略歴とメッセージを紹介します。

栗林学長の略歴

氏名
 栗林 澄夫(くりばやし すみお)

生年月日
 昭和23年8月5日(65歳)

学位
 文学修士(大阪大学)

専門分野
 ドイツ語・ドイツ文学

*

学歴 
 昭和48年3月 富山大学文理学部文学科独語・独文専攻卒業
 昭和50年3月 大阪大学大学院文学研究科(修士課程)独語・独文学専攻修了
 昭和51年3月 大阪大学大学院文学研究科(博士課程)独語・独文学専攻中途退学

職歴
 昭和51年4月 大阪教育大学教育学部助手(昭和52年9月まで)
 昭和52年10月 大阪教育大学教育学部講師(昭和56年3月まで)
 昭和56年4月 大阪教育大学教育学部助教授(平成9年3月まで)
 平成元年10月 ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ大学フランクフルト(ドイツ連邦共和国)文部省長期在外研究員(平成2年9月まで)
 平成9年4月 大阪教育大学教育学部教授(平成16年3月まで)
 平成9年7月 大阪教育大学留学生指導センター長併任(平成14年3月まで)

役職歴
 平成14年6月 大阪教育大学副学長(平成26年3月まで)
 平成16年4月 国立大学法人大阪教育大学理事(平成26年3月まで)
 平成26年4月 国立大学法人大阪教育大学学長(平成30年3月まで)

学長就任にあたって

 わたしは、これからの大学運営にとってもっとも重要なのは、学生に対する支援だと考えています。その支援とは、教学面でのサポート、そして学習環境の充実です。

 教学面でのサポートとして、進展しつつある大学のグローバル化をにらみ、学生が国際的な場で活躍できる能力を身に着けていくための学習支援を行っていきます。そのために、コミュニケーションのベースとなる「使える英語力」を養成し、学生の海外派遣と留学生の受け入れをさらに推進したいと考えています。

 環境面のサポートについては、授業料の減免による支援とともに、語学学習スペースの拡充や、授業実践をサポートするスタジオの設置など、学習設備の充実というかたちでの支援も継続して行っています。

 さらに現在、本学は他の教員養成大学と連携するプロジェクトを2つ進めています。一つは全国の基幹的な4教育大学による連携(通称:HATOプロジェクト)で、国際的な観点を含めた様々な事業が展開されています。もう一つは京阪奈3教育大学による連携で、インターネットを介した双方向型の遠隔授業がすでに始まっています。こうした先進的な取り組みを通じて、新たな教員養成の可能性を追求しています。

 学生が社会で大きく羽ばたいていくために、わたしたちはこれからもさまざまな観点から支援していきます。

大阪教育大学長 栗林 澄夫
2014年4月