Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学
運用担当部局:広報室広報係

本学学生に初のJリーガーが誕生

平成21年度関西学生サッカーI部リーグ戦での田中選手

 本学の体育会サッカー部4回生,田中俊一君(小学校教員養成課程・理数生活系・数学専攻)が,来季プロ契約選手として日本プロサッカーリーグ・J2「ロアッソ熊本」に入団することが12月24日に内定しました。
 関西の国立大学出身者としては,17年目の快挙で,本学出身者としてはもちろん初めてです。
 田中君は,大阪府立狭山高校から本学へと進み,MFのポジションを務めてきました。2011年度大阪府教員採用試験・高校数学にも合格し,サッカー部がモットーとする「文武両道」を貫いて,夢の実現にむけ一歩踏み出すことができました。
 このニュースは同日,チーム公式ホームページでも報じられ,田中君は「ロアッソ熊本に加入することができ,本当にうれしく思います。これまで支えてくれた多くの方々への感謝の気持ちを忘れずに頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」とコメントを寄せています。
 かつて,オフト・ジャパンのエース・ストライカーとして“アジアの大砲”と恐れられた高木拓也監督の指揮のもと,関西屈指の俊足を生かしてどのような活躍を見せてくれるのか期待されます。

 サッカー部の入口豊監督(教員養成課程 保健体育講座教授)は「高木監督は選手時代にコーチをさせてもらった間柄。本学に監督就任して25年目に一部リーグに入ったときも嬉しかったが,今回も感慨無量です。国立大の星として,レギュラーの座をつかんでほしい。みんなで応援したい」と話していました。
(写真:平成21年度関西学生サッカーI部リーグ戦 提供:関西サッカーPRESS 久住 真穂氏)

(企画課広報室)

 

関連サイト