Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学
運用担当部局:広報室広報係

「ど根性桜」が花を咲かせました

 春爛漫の本学柏原キャンパスに,オオシマザクラ,ソメイヨシノ,ベニシダレなどの桜が開花しました。
 写真は「ど根性桜」と呼ばれている“ベニシダレ”です。B棟とC棟の間にあるアメニティスペース,通称“クローバー広場”の北側にあります。理科教育専攻の学生が平成6年3月に記念植樹したもので,高さ1.5m,幅2.0mと,あまり大きくありません。一時は朽ちてしまうのではないかと懸念されていましたが,関係者の懸命な努力で,今年は見事に花を咲かせました。
 一昨年は,花を咲かせることなく終わりました。幹の主幹部が腐って左右に割れ,側面の枝だけが残り,全体が朽ちようとしていました。なんとか助けようと,樹木医よろしく園芸業者が,土壌改良,殺菌剤の散布,夏の日差しを遮るネットも屋根として設置しました。救命作業を施した結果,昨年は花を咲かせました。「手をかければ応えてくれる」。関係者は勇気づけられ,さらに元気になるように手をかけてきました。
 いつもそばで見守っていた入試課の岸本章嗣・入試アドバイザーは「枯れてしまうのではないかとやきもきしていましたが,何とか生き返りました。枝もアップされ,美しいシダレザクラですよ。是非見に来てほしい」と声を弾ませていました。

ど根性桜

 

(企画課広報室)