携帯ウェブサイト
運用担当部局:広報室広報係

ワークショップ「ウェーブレット理論と工学への応用」を開催

 「ウェーブレット理論と工学への応用」と題したワークショップを,11月10日(土)から11日(日)の2日間にわたり,天王寺キャンパスで開催しました。これは,文部科学省研究振興局による「平成24年度 数学・数理科学と諸科学・産業との連携研究ワークショップ 拡がっていく数学~2012期待される『見えない力』~」事業の一環で,本学との共催で実施し,全国の研究者など26名が参加しました。
 この事業は,数学・数理科学の応用により諸科学や産業界における様々な課題の解決に貢献できる可能性を模索するのがねらいです。今回は,ウェーブレット理論によって解決することが期待されるトピックスに関して,理論と工学的応用の現状,解決すべき問題を,7人の講演者が解説し,その問題提起を受けディスカッション形式でワークショップを繰り広げました。トピックスは音声分析や地中レーダー,衛星画像解析など,具体的な分野でのウェーブレット解析の応用に関するものでした。

守本晃准教授の司会で進められるワークショップの様子

 

 運営責任者の守本晃准教授(本学情報科学講座)の司会進行により,様々な講演と討論が実施されました。参加者は最初から最後まで熱心に耳を傾け,討議に参加していました。今後,ウェーブレット理論の諸科学への展開や産業界への波及効果に期待が高まります。

 

参考:ウェーブレットとは

 ウェーブレットは80年代初めに現れた非常に新しい分野であり,フーリエ解析を補う新しい解析手段として,信号解析や画像処理等の工学や物理学,数学などの多くの分野で学際的な研究がなされています。

ワークショップ内容

音声分析変換合成システムの課題と標本化理論への期待
 和歌山大学システム工学部 教授 河原 英紀 氏

工学的に有用な新しい離散ウェーブレット変換の設計に関する問題点
 豊橋技術科学大学機械工学系計測システム 研究員 戸田 浩 氏

地中レーダによる埋設管の位置標定の現状と問題点
 電気通信大学情報工学研究科 教授 中野 和司 氏

地球観測衛星画像解析へのウェーブレット解析の応用
 佐賀大学大学院工学系研究科知能情報システム部門 教授 新井 康平 氏

2次元データの圧縮センシング
 広島市立大学情報科学研究科知能工学専攻 准教授 三村 和史 氏

ウェーブレットによる流れの多重スケール構造の解析について
 山形大学大学院理工学研究科 教授 李鹿 輝 氏

マセマティカル・モルフォロジと画像解析
 関西大学総合情報学部 教授 浅野 晃 氏

 

(学術連携課)