•  
  •  
  •  
    関西の国立大学として初の準優勝を勝ち取った女子剣道部が長尾学長を訪問
Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学
運用担当部局:広報室広報係

関西の国立大学として初の準優勝を勝ち取った女子剣道部が長尾学長を訪問

 第32回全日本学生剣道優勝大会(11月10日,全日本学生剣道連盟等主催)で関西の国立大学として初の準優勝に輝いた女子剣道部の部員7人が11月21日(木),長尾学長を訪れ,大会の報告を行いました。
 準決勝まで2回の代表者戦を制するなど厳しい総力戦を乗り越えて,国立大学として初めての決勝戦に進みましたが,強豪の国士舘大学に1対3で敗れ,善戦むなしく優勝を逃しました。
 チームの中心となって戦った小森田渚さん(教養学科スポーツ専攻4回生)は,「4回生にとっては集大成となる大会で全力を出し切りました。目標である優勝に届かなかったので悔しい思いです。しかし,初の準優勝ができたのは,これまで先輩たちが築いたものが,自分たちの代で成果となって現れたのだと思います。後輩たちには果たせなかった目標に向かって頑張ってほしい」と話していました。
 顧問の太田順康教授は「チーム一丸となって立派な戦いを繰り広げてくれました。日本一は逃しましたが胸を張れる素晴らしい成果です」と話しています。

集合写真
剣道部員たち

(総務企画課)