•  
  •  
  •  
    本学事務職員が「障がい学生支援カンファレンス北陸」で取り組み事例を発表
Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学
運用担当部局:広報室広報係

本学事務職員が「障がい学生支援カンファレンス北陸」で取り組み事例を発表

 「障がい学生支援カンファレンス北陸 ・発達障がい学生の就職活動支援~修学から就労へのシームレスサポート~」(富山大学,日本学生支援機構共催)が2月28日(金),金沢市内で開かれ,本学の管理部事務職員が,大阪教育大学での障がい者雇用の取り組み事例等を発表しました。会場には北陸地区3県(福井・石川・富山)の大学関係者や企業・支援関係者など約30人が集まり,本学職員の40分間余りの話に真剣に耳を傾けました。
 当日は,障がい者本人を含む事務職員が講師となり,障がい者雇用枠で勤務している職員が自らの就職までの道のりと本学で働く様子を「当事者体験」として報告。当事者をサポートする人事課や総務企画課などの声を交えながら,本学での障がい者雇用における採用から職場定着までを様々な角度から紹介しました。続く質疑応答でも活発な議論が交わされました。
 参加者からは,「実体験を通してのお話が分かりやすかった」「本日の取り組みを基礎にして今後の意見交換を活発にしたい」「大阪教育大学の取り組みを自分の職場で参考にしたい」といった感想が多数寄せられました。
 本学では今後も,「障がいのある方々と協働する職場づくり」をスローガンに,積極的に障がい者雇用を進める方針です。

発表の様子
ディスカッションの様子

(総務企画課)