Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学
運用担当部局:広報室広報係

附属天王寺中学生が「税の作文」で総理大臣賞

 全国の中学生を対象に国税庁が実施する「税の作文」コンクールで,附属天王寺中学校3年生の松尾一輝さんが,全国63万通の応募の中から最高賞である内閣総理大臣賞を受賞しました。
 作品は「地球を救うために」というタイトルで,3年前に京都府綾部市を襲った台風18号の被害にあった祖母のエピソードと,台風による土石流発生時の森林の倒木・流木対策に充てられる「森林環境税」に着目し,地球環境を支える上で「税」の果たす役割の重要性を訴えています。
 夏休みの宿題として応募したという松尾さんは,国税庁のウェブページや本で「森林環境税」に興味を持ち,祖母から話を聞いたり,外国の税制度を調べたりして書き上げました。「自信はあったけど,総理大臣賞を聞いてとてもびっくりした」と笑顔をみせました。

賞状を手にする松尾一輝さん

 幼い頃から日記をつけており,文章を書くことは好きだといいます。将来は「英語が好きなので,語学力を活かして,世界で活躍できる人になりたい」と目を輝かせました。

(広報室)