携帯ウェブサイト
運用担当部局:広報室広報係

学生がぴかぴか泥だんご作りに挑戦

 家政教育講座の小崎恭弘准教授による「保育学I」の授業で,「光る泥だんご」作りが行われました。教員養成課程家政教育専攻と教育協働学科健康安全科学専攻の1回生27人が,手を泥だらけにしながらだんご作りに没頭しました。
 神戸市立六甲道児童館館長の金坂尚人氏の指導を受けながら,水でこねた土を丸め,何度も砂をかけてこすっては少しずつ水分を抜いていきました。金坂氏は「泥だんご作りは,身近にある土と水でぴかぴかの宝物ができるのが魅力。途中で割れることも多いですが,うまくいかないという体験も大事なので,ここまでよく頑張ったねと価値を認めてあげたり,何度でもやり直させてあげたりしてください」と呼びかけました。
 学生たちは「子どもの頃に作ったことがあるのでとても懐かしい」「自由研究に使えそう。土を変えたり,水の量を変えたりしてみると面白いかも」などと話し,童心に返ってだんご作りを楽しんでいました。

金坂尚人氏
だんご作りの様子
*
*

(広報室)