•  
    大学紹介
  •  
  •  
    山の日PRイベントに「やまお」と本学学生が参加
携帯ウェブサイト
運用担当部局:広報室広報係

山の日PRイベントに「やまお」と本学学生が参加

 林野庁・環境省が主催する山の日PRイベント「大阪のまちなかで山遊び!」が,近畿中国森林管理局で7月2日(日)に開催され,およそ100人が訪れました。本学の理科教育専攻と美術教育専攻の学生が子ども向けワークショップを行い,本学公式キャラクター「やまお」が来場者と触れ合いました。
 理科教育専攻の学生が行ったワークショップ「山の虫たちと触れ合ってみよう」では,柏原キャンパスの山で採集したモリチャバネゴキブリ,ヤマトシロアリ,ワラジムシを紹介しました。都会では嫌われ者の虫たちが,山では枯れ木や落ち葉などを分解するという大切な役割を担っていることを説明し,実体顕微鏡で観察しました。紙にボールペンで線を描いてシロアリを放すとその線に沿って歩き出すなど,それぞれの虫の習性を示した実演もあり,子どもだけでなく大人も「すごい!」と歓声をあげて楽しんでいました。
 美術教育専攻の学生は,「山のめぐみ!和紙すき大作戦!」と題して紙すきのワークショップを行いました。水桶に楮(こうぞ)などの和紙の原料を入れ,手作りの紙すき機を使って様々な大きさの和紙づくりを楽しみました。参加者たちは色和紙をすき込んだり,乾かす前の和紙に高いところからシャワーをあてて模様をつけたりと,それぞれに工夫したオリジナル和紙を創作し,出来映えに満足した様子で大切に持ち帰りました。あわせて,和紙がどのように作られるのかを説明したパネルや,原料を展示しました。
 「やまお」は来場者らと記念撮影を行い,昨年から始まった祝日である8月11日「山の日」をPRしました。
 参加者からは,「やまおは,山の日にぴったりのキャラクター。しゃがんでる姿がかわいい」「学生さん方がくわしく楽しそうに説明して下さってとてもよかった」「こんな先生たちだったら,子どもたちも理科が大好きになると思います」との感想が寄せられました。ワークショップを実施した学生は,「子どもから大人まで幅広い年齢の方々に和紙すきを楽しんでもらえ良かったです」「熱心に質問してくださる方がいて,嬉しかった」と述べました。

*
*
*

(広報室)