Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学
運用担当部局:入試課

大学院教育学研究科 美術教育専攻

 

文化を担い表現力を培う美術書道教育指導者の養成

●取得可能な免許状
幼稚園教諭専修免許状
小学校教諭専修免許状
中学校教諭専修免許状 [ 美術 ]
高等学校教諭専修免許状 [ 美術、工芸、書道 ]

※専修免許状の取得には、取得しようとする免許状に対応した一種免許状を有している必要があります。なお、入学時に一種免許状を取得されていない方には教育職員免許状取得プログラムの制度もあります。

*

目的

 美術教育専攻では、美術・書道教育を通して、児童・生徒の人間形成に不可欠な感性・創造力・表現力を培う指導ができる、高度な知識・技術・思考力・実践力を備えた人材の育成を目的としています。表現活動が人間の本質的問題にどのように関わるかを、それぞれの分野から実践的・経験的に探求し、研究者としての自覚を持った教育者の育成を目指します。その目的のため、美術・書道2つのコースを置き、合理的に考えられたカリキュラムを提供しています。

概要・特色

 本専攻は、文化についても広く深く関わることができるように、多分野にわたり研究・研鑽が可能であり、文化的意識の高い教員の養成を目指しています。

美術コース
 美術コースには、絵画、彫刻、デザイン、工芸、造形芸術学、美術科教育学の分野が用意されており、それぞれの専門分野においての教育的意義と課題について学べるようにカリキュラムが設定されています。
書道コース
 書道コースにおいては、古典研究の方法と視点を広い視野で捉える事、自身の表現の在りかたを探求することによって書道教育に関する現代的な教育の意義と課題について学べるようにカリキュラムが設定されています。

 また、各分野の専門性を生かしつつ、一方で、2つのコースを包括する授業として造形教育に関する講義:造形教育に関わる理論を学ぶ講義、造形教育の実践力を養う講義、現代的教育課題とアートに関わる講義が必修科目として設けられています。造形教育実践の授業では、学生が附属や公立の中学校に出向き、自ら企画した「鑑賞を伝える授業」を実践しています。また、現代的教育課題とアートの授業では、学生による講演会企画や海外学術交流協定校の大学院生とのワークショップ企画など、学生主体の活動を重視した取り組みを行っています。学生は2年間の研究成果を修士論文としてまとめます。それぞれの研究主題に応じ、制作した作品を展覧会に出品、学会発表を行います。これからの社会にあっては、人は自分を様々な手段で表現し、表現した事を他に伝えることが大変重要なことであり、表現に関わる教育研究の意義はそこにあるのだと確信します。
 本専攻では、学部教育の中で触発され、美術・書道の教科教育分野でさらに研鑽を積みたいと考える人、学校教育の現場の実践経験から美術・書道教育の可能性を追求したいと考える人、実技専門研究を教育の問題として捉え直し、教育実践の方法を深めたいと考える人など、様々な人が、各々の研究に取り組んでいます。ここから巣立った人たちの多くは、現在多様な教育機関で、広く美術・書道教育の指導的役割を担い活躍しています。

主な開講科目(平成28年度)

※…教育科学関係基礎科目◎…教科・特別支援・養護教育関係基礎科目☆…現代的教育課題に関する科目

コース
教育研究分野
授 業  科  目
単位数
担 当 教 員
授   業   内   容
履修区分
履修年次指定
 
(教育実践)

造形教育実践
2
佐藤 賢司
渡邉 美香
造形教育(美術・書道)の授業立案,実践・分析など
必修
I
美術
絵画
 
美術表現特論A
2
非常勤講師
前田 律雄
絵画制作の理論的研究
選択
 
 
美術表現教材演習A
2
(兼)寺島みどり
絵画的教材の開発演習
選択
 
彫刻
 
美術表現特論B
2
加藤可奈衛
彫刻制作の理論的研究
選択
 
 
美術表現教材演習B
2
彫刻的教材の開発演習
選択
 
デザイン
 
美術表現特論C
2
秋岡 美帆
デザイン制作の理論的研究
選択
 
 
美術表現教材演習C
2
デザイン的教材の開発演習
選択
 
工芸
 
美術表現特論D
2
稲富啓一郎
工芸制作の理論的研究
選択
 
 
美術表現教材演習D
2
工芸的教材の開発演習
選択
 
造形芸術学
 
造形芸術学特論
2
髙間由香里
造形芸術学の理論研究
選択
 
 
鑑賞学教材演習
2
鑑賞教材の開発演習
選択
 
 
美学・美術史研究I
2
髙間由香里
日本・東洋美術史研究の課題と方法I
選択
 
 
美学・美術史研究II
2
(兼)瀧 一郎
美学研究の課題と方法II
選択
 
 
美学・美術史研究III
2
非常勤講師
安嶋 紀昭
日本・東洋美術史研究の課題と方法III
選択
 
美術科教育学
 
美術教育学特論
2
佐藤 賢司
美術教育諸理論の研究
選択
 
 
美術教育学演習
2
佐藤 賢司
渡邉 美香
美術教育をめぐる諸課題の研究演習
選択
 
 
美術教育学研究
2
佐藤 賢司
美術教育研究の課題と方法
選択
 
書道
書道
 
書道表現特論
2
出野 文莉
書道制作の理論的研究
選択
 
 
書道教材演習
2
書道的教材の開発演習
選択
 
 
表現研究EI
2
非常勤講師
谷川 雅夫
書道表現の理論研究I
選択
 
 
表現研究EII
2
書道表現の理論研究II
選択
 
 
表現研究FI
2
(兼)池田利広
漢字書道の表現研究の課題と方法にもとづく制作I
選択
 
 
表現研究FII
2
漢字書道の表現研究の課題と方法にもとづく制作II
選択
 
 
(共通科目)
造形教育理論I
2
佐藤 賢司
渡邉 美香
近現代の造形教育(美術・書道)理論の概説と,授業の実践的理論
必修
I
造形教育理論II
2
現代の造形教育(美術・書道)理論の研究
必修
I
 
造形教育理論演習I
2
佐藤 賢司
芸術体験にもとづく造形教育研究の論述展開の演習I
選択
I
 
造形教育理論演習II
2
芸術体験にもとづく造形教育研究の論述展開の演習II
選択
I
現代的教育課題とアート
2
秋岡 美帆
加藤可奈衛
渡邉 美香
髙間由香里
出野 文莉
社会・教育との関わりから見る,現代のアートの諸相について考える。
選択
 
 
(課題研究)
 
課題研究I
3
担当教員
研究分野に関連する特定の課題を設定し,研究する。
必修
II
 
課題研究II
3
必修
II

平成29年度募集人員

10名


平成28年度 現学生数・入試結果

現学生数
受験者
合格者
入学者
13(2)
10(2)
10(2)
9(2)

※( )内の数字は外国人留学生の人数(内数)です。
※現学生数は平成28年5月1日現在の人数です。


修了生の進路(過去3年間の集計)

教員(大阪府内)
教員(大阪府以外)
教員率(左記計)
企業
公務員
進学
その他
31%
27%
58%
27%
4%
0%
11%

教員紹介 (教員総覧にリンクしています)

美術コース [教授] 秋岡 美帆加藤 可奈衛佐藤 賢司
      [准教授] 渡邉 美香/[講師] 髙間 由香里/[特任教授] 稲富 啓一郎
書道コース [特任准教授] 出野 文莉

→こちら美術教育講座のページもご参照ください。