ワークショップ「点字でモテモテ-さわって、つくって、つたえる点のアート-」のご案内(3月31日)

チラシ
↑クリックするとPDFが開きます。

 本学教員養成課程美術教育講座加藤可奈衛准教授が,みんぱく春のワークショップ「点字でモテモテ―さわって、つくって、つたえる点のアート」の企画を担当され,当日午後のワークショップも行われます。

【加藤可奈衛先生からのコメント】
今回は,見えない見えにくい方限定の企画ではないので,普段点字に触れたことのない方も一緒に,みなさんで点字(点示)アートを楽しんで,またその可能性を探る企画になればと思います。

【内容】
  ・午前:万博公園の植物などの自然を観察
   <ソラードの会(シニア自然大学出身者のボランティア団体)>
   ※午後の制作ワークショップの素材集めを同時にします。
  ・午後の前半:点字についてのレクチャー
          <広瀬浩二郎(国立民族学博物館准教授)>
  ・午後の後半:ワークショップ「主に自然素材をつかって,点字(点示)アート」
          <加藤可奈衛>
日時:2012年3月31日(土) 10:30~16:00(受付10:00開始)
場所:国立民族学博物館本館展示場・自然文化園(屋外)
対象:一般
  ※小学2年生以下のお子さんは,保護者同伴のみ参加可能
定員:15名(事前申し込み制)
    ※先着順で,定員になり次第締め切りとなります。
参加費: 無料
     ※みんぱくへの入館,ワークショップへの参加は無料
     ※自然文化園は大人250円,子ども70円の入園料が必要
申込方法:次の内容をご記入の上,往復はがき又は,E-mailにてお申込みください。
       【応募時の記入内容】
       1.参加者名(代表者)・人数・年齢
       2.住所(郵便番号含む)・E-mailアドレス
       3.電話番号 ※当日の連絡可能な番号
申込先:
   【はがき】
     〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10-1
     国立民族学博物館 情報企画課「夏休みワークショップ」係
   【E-mail】
     workshop@idc.minpaku.ac.jp

問合せ先:情報企画課「点字でモテモテ」ワークショップ担当
       TEL:06-6878-8532
講師:広瀬浩二郎(国立民族学博物館准教授)
協力:加藤可奈衛(大阪教育大学准教授)
    ソラードの会(シニア自然大学出身者のボランティア団体)

◎詳しくは下記ウェブ・ページをご覧ください。
   http://www.minpaku.ac.jp/museum/event/ws_tenji120331.html

投稿者:   日時:10:53 | パーマリンク

コメントは受け付けていません。