バトンをつなげ!大教ステキ学生リレーNo.22

みなさん、こんにちは!
七月も後半。夏休み直前!ですが、その前に一回生の私にとっては大学生活の中で初めての試験期間が迫っています…。

さて、大教ステキ学生リレー今回の走者は、健康生活科学専攻一回生の吉川美夏さんです!

 

DSC_0116s

それでは、いちについて…よーいどん!

DAIKYO PRESS(以下、D):前回の学生リレーに登場した、特別支援教育三回生の伊藤愛里さんとつながりがあるそうなのですが?
伊藤さんは手話サークルと、障がい学生修学支援ルームの先輩です。私も、伊藤さんと同じように両方で活動しています。

D:手話を始めたきっかけを教えてください!
障がい学生支援ルームで、実際に手話でコミュニケーションをとっている人を見たからです。というより、みんなが手話を使っていました。私もその輪の中に入って話したい!と思ったことがきっかけです。当時は、通訳の人がいないと聴覚障がいのある人とコミュニケーションがとれなかったので、直接手話で話せたらいいなと思いました。

 

DSC_0145s

D:実際に見たことがきっかけになったのですね!では、実際に吉川さん手話を始めて、手話について驚いたことはありますか?
手話は私が思っていたよりも、助詞や助動詞の種類が少なく、その分名詞はとても多いように感じました。そのことが特に驚きでした。でも、「~のとき」「~だけど」「~だから」という接続詞があるので、助詞や助動詞が少なくても伝えにくくなることはないです。

D:これまで手話を続けてきて、手話をしていて良かった!と思うことはありましたか?
手話検定で使われるような本当に正しい手話かどうかは自信がありませんでしたが、やっぱり相手に直接伝えたいことが伝わったときは本当に嬉しかったです。手話を始めた当初の頃は、伝えたいことが伝わらないという壁がありましたが、それから少しずつですが手話が身についてきました。最終的には、日常会話くらいは話せるようになりたいです。

 

DSC_0121s

D:では、手話サークルの仲間達についても教えてください!
私は健康生活科学専攻ですが、特別支援教育の仲間が多いので、特別支援教育の仲間から、私の知らない新しい情報を教えてもらえたりできます。でも、まだ手話を始めた頃は特別支援教育の仲間のように知識がないことに壁を感じていました。でも私の場合、健康についての知識を学ぶことが多いのですが、障がいのある方についての知識が豊富ではないので、今となっては障がいに関する考え方が聞けたりして、いい経験になっています。

D:最後に、将来の夢を教えてください!
みんなにとって居心地のいい空間をつくる、という夢があります!直接、手話に関わった夢ではないのですが、もし職場に手話で話す人がいたら、積極的に話しかけてみたいです(^^)

 

DSC_0149s

吉川さん、ありがとうございました!

次回はどのような学生にバトンがまわるのでしょうか?
お楽しみに!

投稿者:   日時:11:53 | パーマリンク

バトンをつなげ!大教ステキ学生リレーNo.21

みなさんこんにちは!
台風も過ぎて、7月も半ばとなりました。蝉もだんだんと鳴きだして、夏が近づいてきましたね…!

さて、大教ステキ学生リレー今回の走者は、特別支援教育三回生の伊藤愛里さんです!

 

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それでは、いちについて…よーいどん!

DAIKYO PRESS(以下、D):今、どのような活動をされているのですか?
手話通訳をしています。主に聴覚障がいのある子どもを対象として、ディベートや対話、発表などの、パソコンの画面を見ながら話すことが困難な時に重点を置いて手話通訳をしています。私が所属している「障がい学生修学支援ルーム」では、手話通訳の研修生を増やす為の指導担当もしていますよ。それと、手話通訳とは別に手話サークルにも入っています!

D:そうなんですか!手話サークルに入ったきっかけは何ですか?
きっかけは、健康診断の後にあるサークルストリートで手話サークルの方に手話で話しかけてもらって、ときめいたからです(笑)!すごい!って感動して、すぐに入ろうと決めました(笑)。手話サークルでは、新入生に手話を教えたり、自分で学んでいく場としてもとても重要な場所ですね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

D:ときめきってすごい…!運命ですね!これからはどのような活動をしていきたいですか?
これからは、手話を扱って話す楽しさをもっとたくさんの人に伝えていきたいです!

D:応援してますよ!このような活動を仕事にも生かしていきたいですか?
そうですね。まだそのことに関しては迷っているのですが、今は特別支援学校の聴覚障がい者領域の先生に興味があります。手話を使って子どもたちとの会話をしていきたいです。

D:話は変わって、特別支援教育に入った理由を教えて下さい。
町を歩いていて、障がいのある人を見かけて手助けをしてあげたいと思っても、どうしてあげたらいいのか分からなくて…。自分で出来ることはあるのだろうけど、難しくて、支援の仕方を分かりたくて入りました。

D:素晴らしい理由ですね!尊敬します!課程の雰囲気はどうですか?
楽しいですよ!細かいところに気が付ける人が多いです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

D:趣味はなんですか?
趣味も手話ですね(笑)。コミュニケーションはあまり得意な方ではないんですけど、子どもたちの話を聞いてあげるのが好きです。以前に、小学校の授業の一貫で児童に手話を教えに行ったのですが、とても楽しかったです。

D:将来の事は決まっていますか?
将来はまだ決まっていなくて…。とりあえず大学で9月に一ヶ月間、小学校で実習があり、さらに11月にも一ヶ月間、聴覚障がいのある子供たちの学校で実習があるので、それに行ってから決めたいと思っています!

 

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

伊藤さん、ありがとうございました!
話していく中で、手話への愛情と人を手助けしたいという思いがひしひしと伝わってきました。

さて、来週はどのようなステキな学生に出会えるのでしょうか?
次回もお楽しみに!

投稿者:   日時:8:10 | パーマリンク

バトンをつなげ!大教ステキ学生リレーNo.20

みなさんこんにちは!
気がつけばもう7月ですね。一回生の私は、初めて経験する2か月間の長い夏休みをどう過ごそうか、今から悩んでいます。

さて、大教ステキ学生リレーの今回の走者は、人間科学専攻三回生の荒木航平さんです。

 

DSC_0060s

それでは、いちについて…よーいどん!

DAIKYO PRESS(以下、D):普段はどのような活動をしているのですか?
『障がい学生修学支援ルーム』でPCテイカーの活動をしています。PCテイカーとは、音声情報をパソコンに入力し文字化したものを、聴覚障がいのある学生に提供する通訳者のことです。ふだんの講義では先生の声などを文字化し、聴覚障がいのある学生がそれを見ながら授業を受けます。主にキャンパス内の講義で活動していますが、聴覚障がいのある学生の教育実習先から支援ルームのPCテイカーへ音声情報を受信し、テイカーが文字化したものを実習先に送信するという“遠隔支援”にも以前に取り組みました。

D:ほかにはどのようなことをしていますか?
初心者PCテイカーにPCテイクを教えることも僕の仕事のひとつです。たとえばタイピングが速くない人でも速くなれるようになど、個人のポテンシャルを底上げできるように指導します。

D: PCテイカーに登録している学生と、利用している学生はそれぞれどれくらいいるのですか?
登録者数は100人ほどで、現在はその中の50~60人が実際に支援活動を展開しています。また、現在PCテイクを利用しているのは5人の聴覚障がいのある学生です。

 

DSC_0063s

 

D:PCテイカーをしていてやりがいを感じることは何ですか?
始めたきっかけは、入学式にもらった支援協力学生募集チラシを目にしたことです。最初はチラシに書かれていた謝金に魅力を感じて始めたのですが(笑)、テイカーを続けていくうちに修学支援を利用している学生との距離が縮まって、友達になれたことがうれしかったですね。普段はなかなかコミュニケーションをとるきっかけがないと思っていたので…。また、PCテイクは2人のテイカーが連携して情報を提供するのですが、その連携がバッチリかみ合ったときも楽しいです。

D:そうなんですね!でも、PCテイクは難しそうな印象です。苦労したことなどはありますか?
僕が入学した年が平成24年だったのですが、大教大でPCテイクによる支援が本格的に開始されたのも同じ年だったんです。それまでは聴覚障がいのある学生には、主にノートテイクという形の支援で活動していました。PCテイク本格導入時は外部からの指導を受けたりしていましたが、それでもパソコンが得意な人ばかりではなかったので、途中で支援がストップしてしまうこともあり大変でしたね…。今はその時の経験を活かしてがんばっています!

 

 DSC_0043s

 

D:話がガラッとかわりますが、趣味や最近はまっていることはありますか?
最近の趣味は、廃墟や廃トンネルめぐりです。見た目の雰囲気が好きなんです。滋賀の実家に帰ると兄と出かけて、写真を撮ったりしています。このあいだも兄と一緒に滋賀の土倉鉱山跡へ行ってきました!あと、僕は鶴橋で下宿しているのですが、以前はママチャリで大阪府内を巡回するのにはまっていましたね(笑)。

D:廃墟や廃トンネル、いいですね!私も興味があります!では最後に、今後への意気込みを聞かせてください。
関西の障がい学生支援活動は、いくつかの有名私立大学が先行しています。ですがゆくゆくは大教大がそれを上回り、関西トップの支援の質を誇れるようにがんばっていきます!

 

 DSC_0040s

荒木さん、ありがとうございました!

投稿者:   日時:9:04 | パーマリンク

バトンをつなげ!大教ステキ学生リレーNo.19

みなさんこんにちは。
もうすぐ7月、あっと言う間に前期も終わりに近づいてきました。みなさん、そろそろ学期末試験の準備を始めておきましょう…(笑)。

今回の大教ステキ学生リレーは、教育学研究科理科教育専攻で大学院一回生の森野宅麻さんです。

 

IMGP9401s

位置について、よーい、どん!

DAIKYO PRESS(以下、D):普段はどのようなことを研究されているのですか?
iPadなどの電子機器を用いたICT教育を、障がいのある学生の支援に役立てられるように日々学んでいるところです。

D:ICT教育というのは、どのようなものですか?
ICTとは、Information and Communication Technology(情報通信技術)の略です。ICT教育は、教育現場で電子機器を積極的に取り入れることによって、今後の学習指導や人材育成に発展させようというものです。

 

IMGP9445s

 

D:難しい…(笑)。障がいのある学生への支援、とおっしゃっていましたが、きっかけは何ですか?
何か新しいことを始めたいなあと思っていたところに、先輩の紹介で学内にある『障がい学生修学支援ルーム』で障がいのある学生の支援に携わったのがきっかけです。

D:ICT教育を用いた支援とは、具体的に言うと…?
聴覚に障がいのある学生の支援だと、例えば、講義の内容を手話通訳したり、パソコンの画面を通じて言葉を視覚化したりしています。他にも、視覚障がいのある学生には、講義内容をデータ化して、音声読み上げソフトを使用し、聴覚で理解しやすくするなどの活動をしています。

D:すごいですね!やりがいがありそうです。
そうですね。去年は、教育実習に行く学生の支援をしました。これまで、障がいのある学生が教育実習に行く場合、期間中ずっと支援協力学生が帯同する体制でした。そこで、教育実習先の生徒の音声を,タブレット端末を介して遠隔地にいる支援協力学生が受信し,字幕データにして送信することで,聴覚障がいのある学生が字幕を読み取り,支援協力学生の同席なしに実習ができる仕組みを開発しました。成功したときはやりがいを感じましたね。これからはそれをもっと進展させて、実用化できるようにしたいと責任感もうまれました。

 

IMGP9447s

 

D:やはり将来はそうした支援のお仕事に就きたいですか?
そう考えています。でも、実際はまだこういった仕事がそもそも少ないので…。何らかの形で関わり続けられるといいなあと思っています。

D:確かに、今の段階ではあまり聞かないですね…。最近はまっていることや趣味などはありますか?
支援のことが生活の大半を占めていますね(笑)。他には、こまめにApple社の製品をチェックしています。あとは、カクテル作りにはまったこともあります。自分でリキュール類を揃えて作った方が、結果的にコストが抑えられるんですよ。

 

IMGP9427s

 

森野さん、ありがとうございました!
人のために活躍できているというのは、責任感や達成感が生まれると同時に、自分の自信や魅力にも繋がりますね!普段あまり知らないジャンルのお話を伺うことが出来て、とても勉強になりました。

次はどんな学生にバトンがまわってくるのでしょうか?
次回の更新もお楽しみに!

投稿者:   日時:11:49 | パーマリンク

バトンをつなげ!大教ステキ学生リレーNo.18

みなさんこんにちは!
6月も残すところ、あと少しとなりました。はやく梅雨が明けてほしいですね。

さて、大教ステキ学生リレーの今回の走者は、
理科教育専攻中学校コース四回生、宮崎あつまささんです!

 

image-3s

 

それでは、いちについて…よーいどん!

DAIKYOPRESS(以下、D):三回生を修了した後、1年休学したそうですが、何故ですか?
教員養成課程で学んできましたが、これまで部活のテニスにかかりきりで、このままの状態で教師をめざして良いのかなと思ったのがきっかけです。それで、とりあえず1年間休学をとって見つめ直すために何かをしようと考えましたが、最初は詳しいことはきめていませんでした(笑)。
休学中の最初の4ヶ月間はフィリピンの語学学校で英語を学び、次の2ヶ月間は別の語学学校でインターンをし、さらに3ヶ月間でアフリカを縦断しました。残りの3ヶ月間は就職活動をしていました。

D:約9ヶ月間海外に滞在していたのですね!フィリピンではどのような生活をしていたのですか?
4ヶ月間は通学していた語学学校の寮で、後の2ヶ月間はインターン先の語学学校の寮で生活していました。語学学校はネットで評判の良い、値段の安いフィリピンの語学学校に申し込んだらすぐに決まりました(笑)。寮は朝昼晩ご飯付きで、平日は学校に通って英語の勉強、休日は海に行ったりショッピングに出かけたり、充実した日々を送っていました。インターンは日本人が経営している語学学校に直接お願いをして受け入れてもらいました。

 

images

 

D:アフリカ縦断はいくつの国に訪れたのですか?
エジプトからはじまり、エチオピア、ケニア、ウガンダ、タンザニア、マラウイ、ザンビア、ナミビア、スワジランド、最後は南アフリカの10カ国です。基本はバス移動で縦断していきました。

D:アフリカは少し不便だとか、治安が悪いイメージがありますが、実際はどうですか?
基本的に英語は通じるので、言葉において大きな不自由はありません!治安が悪いかどうかは町によりますね。南アフリカは特に危険で、南アフリカから帰国する予定だったのですが町を歩いている時に二回、5人組の男に襲われました。一回目は後ろから羽交い締めにされ、前抱きしていたリュックをあけられました。金銭やパスポートは服の下に入れておいていたので、リュックの中には何もなく、僕も体を大きく動かしたおかげで男達は僕を突き飛ばすだけで、歩いて去っていきました。二回目はその直後に別の五人組に囲まれました。もう、僕もアドレナリンが出てしまって、思わず殴りかかりましたね(笑)。拳は全く当たらなかったのですが、男達はびっくりしたのか今度は走って逃げていきました(笑)。もしかしたら拳は当たらなくてよかったかもしれないです(笑)。
また、マラウイ以降は町も発展しているのですが、タンザニアまではまだ開発途上の町も多く、特にエチオピア〜ケニアが一番しんどかったですね。エチオピアが一番栄えていなくて、ケニアへ移動する時に食料も底をつき、50時間何も食べるものがありませんでした。しかも、トラックに同乗して移動していたんですが、警察による薬物検査を受けている時に、トラックが僕の目的地には行かない事を聞かされ、警察に保護されました(笑)。目的地まで送ってもらい、更にご飯まで奢ってもらいました(笑)。あの時のご飯は今までで一番おいしかったです。

 

image-1s

 

D:2回も襲われて、更に警察に保護されて…無事で何よりですね。アフリカに訪れた詳しい理由は何ですか?
ヨーロッパやアメリカに行くよりも、途上国に行って多くの部族や文化に直接触れてみたいと思ったからです。エジプトではピラミッド、エチオピアではムシュル族、ケニアではマサイ族、ナミビアではビンバ族、と異文化に触れることができました。直接異文化に触れて思った事は、こういった部族が残っているのは、商売と文化が上手く成り立っているからだと思いましたね。部族は生活習慣を変えずに昔の文化を残しつつ、一方では記念撮影や部族ツアーなどの商売も展開しています。
ナミビアでは縦断中に出会った日本人たちと集まって、赤い砂漠を見ながら一緒に年越しをしました。またスワジランドではウォーキングサファリに出かけたりと、旅行としても充実していました(笑)。

D:なるほど。私もいろんな部族の文化に直接ふれてみたいです!
絶対に行くべきですよ!(笑)。やっぱり好きな事ができるのは今のうちですから、一、二回生のうちにやっておく事をおすすめします!

D:そうですよね!でも、フィリピンやアフリカへ行くことに両親からの反対はなかったのですか?
もちろんありました。最初はすごく反対されて、なんでフィリピンなんだと(笑)。でも最終的にはアフリカ縦断も理解してもらえた上に、金銭面での補助もしてくれて、両親には感謝しかないです。ぼくは、教育大に通っているから、教師に絶対ならなくてはならないというわけではないと思うんです。就職活動をするうえで、休学はマイナスにもプラスにもなりえます。ぼくは、休学のおかげで教育の分野に携わってアフリカで働く決意ができ、その後の就職活動にも専念することができました。

D:最後になにか一言ありますか?
さきほども言いましたが、海外に行ったり、勉強以外のことに挑戦したり、やりたい事をできるのは今のうちだけです。本当にやりたいことがあるなら 今やっておくべきです!!学生の今しかできません!!

 

image-2s

 

宮崎さんありがとうございました。
海外の話に花が咲き、楽しい取材となりました。

さて、来週はどんなステキ学生に出会えるのでしょうか!?次回もお楽しみに!

投稿者:   日時:16:26 | パーマリンク

バトンをつなげ!大教ステキ学生リレーNo.17

みなさん、こんにちは!
6月ももう後半に入りました。本当に日が経つのは早いですね。

さて、大教ステキ学生リレーの今回の走者は、
社会科教育専攻小学校コース三回生で国際協力サークルEST代表の岡田紗希さんです!

 

DSC_0082

それでは、いちについて…よーいどん!

DAIKYO PRESS(以下、D):教養学科の社会科文化コースから教員養成課程の社会科小学校コースに転籍されたそうですが、それはなぜですか?
今、私の中で進路が教師に傾いていて、教育で子供たちと関わりたいと思って転籍しました。子供たちと関わりながら、自分の能力も深めたいですね。国際教育の道に行くか、国内で教師となるかはまだ迷っているのですが、いずれにせよこれから識字教育を学ぶ小さな子どもたちに教えたいので小学校コースに決めました。小学校教諭の免許を取って、たくさんの子どもたちとともに学びたいです!

D:すごいですね!学科転籍制度の試験は難しいと聞いたのですが…。
転籍のために頑張って勉強しました。でも、教師になりたいという自分の確固たる意志があったので大変ではなかったです。

D:小学校コースは楽しいですか?
はい!とても楽しいです!みなさん温かく受け入れてくれて、優しいです。

 

DSC_0079

 

D:小学校コースへの転籍は、現在のボランティア活動の影響も大きいと聞いています。どのような活動をされているのですか?
CFFというNPO法人の活動に参加していて、そこで、新興国の識字教育をしっかりと学べていない子供達のために、児童養護施設『子供の家』の設立を目的とした学生ボランティア活動をしています!そこで一緒に学んだり遊んだりして、お互いに成長していくことが理想ですね。
学生ボランティアの中には見学・視察中心の『スタディーツアー』と、作業が中心の『ワークキャンプ』があるのですが、私はマレーシアのワークキャンプに参加しました。一回生の時にも一度ボランティアでフィリピンに行ったのですが、それは活動というよりも勉強という感じで…。だから、今度は自分の行動による成果を残したいと思ったんです。

D:そうだったんですか!マレーシアではどのような活動をされていたのですか?
マレーシアでは、主に私は魚を干す為の小屋を作っていました。他にも池や畑を作ったり、土木作業ですよ(笑) でも、この地道な作業が子供たちのためになるので、やりがいがあります!それに、自分が学ぶことの方が多かったですしね。こういった活動は継続が大切だと思うので、またもう一度行きたいです!

 

DSC_0076

 

D:ESTは、生協でフェアトレードのチョコレートを販売していたそうですが、フェアトレードとは何でしょうか。
はい!フェアトレードとは、新興国で生産されている原料を適正な価格で取引し、新興国の生産者を救済し、自立を促す運動のことです。カカオを生産している国は新興国ばかりで、私たちが普段口にしているチョコレートも、そのような国で生産されたカカオから作られています。しかし、生産者には十分な利益が届いておらず、公正な取り引きがされていないのが現状です。

D:そのために、生協でチョコの販売を?
そうです。まずフェアトレードというものをみなさんに知ってもらいたくて、生協でフェアトレードのチョコレートを販売してもらうようにお願いしました。どうやって販売してもらおうか色々考えてたのですが、生協の方に依頼するとすぐに快諾の返事をもらえて(笑) 良かったです!フェアトレードは身近で簡単に誰でも活動することができますし、この活動が広まれば、生産者を少しでも手助けできると思います。設立して4年目のサークルなのでいろいろと試行錯誤している部分も多いですが、頑張っています!チョコ販売も「何でもやってみよう!」という精神から始めたんです。

D:今後はどのような活動を考えていますか?
前回のチョコ販売は期間限定で、秋からバレンタインまでの販売だったんですが、想定より売れたので、定期的に売っていこうかなと思っています!

D:では、最後に今後の夢をお願いします!
夢はまだ模索中です。でも、これからもボランティアやフェアトレードのように新興国の人たちを助ける活動を続けていきたいと思っています!

 

 

DSC_0074

 

岡田さん、ありがとうございました!
気さくな方で話して下さる時の笑顔がとてもきらきらとしていました。
フェアトレードのチョコレート、私も美味しそう!と思っていて、買うのを迷ってたら売り切れてしまったので、再販を楽しみにしています!

↓国際協力サークルESTの情報先
http://ameblo.jp/ud333yud/

投稿者:   日時:8:06 | パーマリンク

バトンをつなげ!大教ステキ学生リレーNo.16

みなさんこんにちは!
早くももう六月ですね。
六月といえば梅雨!毎年この時期になると、レインブーツを買おうか悩むのですが、
悩んでいる間に梅雨が終わります(笑)今年もそのパターンな予感です…(笑)

さて、大教ステキ学生リレーの今回の走者は、
教養学科文化研究専攻日本・アジア言語文化コース三回生の大谷祐子さんです。

 

DSC_0082s

 

それでは、いちについて…よーい、どん!

 

D:日本・アジア言語文化コースの学生さんへのインタビューは初めてです。コースの雰囲気などはどんな感じですか?
男子の人数が多いです。といっても、22人中6人ですが…(笑)他の学年は2〜3人しかいないので、新鮮です。

D:普段はどのようなことを勉強されていますか?
ゼミでは、日本語学ゼミに所属しています。様々な地域の方言や、最近の「ら」抜き言葉について調べたりしています。

D:続いて、ボランティア活動のことについて教えてください。フィリピンでボランティアをされているそうですが、どうして参加しようと思ったのですか?
テレビでフィリピンのゴミ山を見たのがきっかけです。あと、私自身の中でこれまでにない新しい取り組みがしたかったのもあります。

D:ボランティアではどのような活動をされたのですか?
NPO法人・CFFという団体のスタディツアーに、去年の夏休みを使って参加しました。9日間の日程だったのですが、そのスタディツアーで、CFFが建設・運営している児童養護施設『子どもの家』やスラム街、ゴミ山などを訪れました。他にも、戦争体験者の話を聞いたり、戦争の遺跡を見学したり、あとホームステイもしました。

D:ボランティアに参加して得たことはなんですか?
フィリピンで出会ったひとたちと一緒にいった仲間からの「愛」ですね。
日本にいると愛なんていう言葉を日常で使わないので恥ずかしいですが(笑)
あとは、日常の些細なことにも幸せや感謝を見いだせるようになったことですね。

118972s118975s

また、この活動には他大学の学生さんも参加していたので、普段は関わる機会のない学生さんとも交流を持てて、たくさんの刺激を受けました。フィリピンにいた9日間は、今までの人生の中で一番濃い時間でした。とにかく得られることがとても多かったです。
D:尊敬している人はいますか?
身近な人だと、CFFのみなさんです。それぞれにすごいところがあって、とても尊敬しています。あとは、マザー・テレサですね。他人のためにあんなに尽くせるマザー・テレサは、もはや神の領域ですね(笑)

 

DSC_0066s

 D:確かに(笑)では、これからしたいことはなんですか?
CFFの活動をいろんな人に広げていくことです。現代ではどこにいても、それこそ自分の家にいたって、ネットの普及によっていろんなことを知ることができます。けれど、フィリピンの現状について、知るだけではなく、ちゃんと自分の目で見ることによってリアルな現状を知ってもらいたいんです。そのためにも、私が今こうして関わっている団体の活動の輪をもっと広めていきたいです。

 

DSC_0079s

 

大谷さん、ありがとうございました。

投稿者:   日時:13:24 | パーマリンク

バトンをつなげ!大教ステキ学生リレーNo.15

こんにちは(^_^)5月も後半となり暑い日が増えてきました。
はやくも熱中症で倒れる人がでてきているそうなのでみなさん気をつけてくださいね……!

大教ステキ学生リレー15人目の走者は、数学専攻中学校コース三回生で,
『学生団体clan』主宰者の渋谷吉孝さんです☆

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

いちについて…よーいどんっ!!

 

DAIKYO PRESS(以下,D):まずは学科の雰囲気を教えてください。
数学専攻の中学校コースは14人と少人数なので、試験前には全員で協力したり、仲良しです!僕たちの学年は女の子が4人いるのですが、これは多いほうなんです。一つ上の先輩は女の子が1人しかいなくて、その上の学年はは1人もいなかったんです。

D:渋谷さんが主宰している学生団体の活動について聞かせてください。
僕は今年の4月に『学生団体clan』を立ち上げました。ネパールに学校を建設し、子どもたちの夢や可能性を広げることを目標に活動しています。メンバーは、大教大と畿央大学の学生が所属しています。今のところ週1回のミーティングと月2回の募金活動が主な活動です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

D:ネパールに学校建設なんてすごいですね…始めたきっかけは何だったんですか?
何か新しいことをしたい、するなら人間的に成長できることがいい、と思ったときに、震災直後に訪れた東北でのボランティア活動のことがずっと心に残っていたので、いくつかのボランティアの団体を見学しました。その中で学校建設を目標としている団体に影響を受け、子どもたちの可能性を広げる活動がしたい、と思い、『学生団体clan』を創設しました。

D:なるほど。では、なぜネパールなのでしょうか?
正直、僕もぜんぜんネパールのことは知りませんでした。何か始めたいと思って調べている時にネパールの教育事情を知ったんです。入学すらできない子供が約10%もいて、入学したとしてもちゃんと通えなかったり、高校まで卒業できるのはわずか約25%です。その25%というのは都会に住んでいる、いわゆる富裕層です。格差がすごく大きいんです。それをどうにかしたい!と思いました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

D:わたしも今聞いて驚いています…。では活動して行く上で大切にしていることはありますか?
僕たち自身が自発的に、好んで活動しているということを忘れないようにしています。それから『0から1へ』を合言葉に活動しています。1つは現地の子どもたちの可能性を広げ、夢への1歩を踏み出してほしいという意味。2つ目はこうした現状を知らない大学生にも1歩を踏み出してほしいという意味です。周りを巻き込んでボランティアや国際協力のハードルを下げることが狙いです。

D:『0から1へ』かっこいいですね~!最後に一言どうぞ!
子どもたちの夢を、可能性を、僕たちと一緒に少しでも後押ししませんか(^^)
2年後の春休みに最高の開校式をやりましょう!!

 

91939s

投稿者:   日時:8:32 | パーマリンク

バトンをつなげ!大教ステキ学生リレーNo.14

こんにちは!先日まで五月祭が行われていましたが、1回生のみなさんは楽しめましたか?
打ち上げなどで他学部の友達も増えたのではないでしょうか(^^)

さて、今週の大教ステキ学生リレーは、
保健体育専攻小学校コース三回生 ラグビー部の田中泰地さんです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

それでは…いちについて…よーいどん!!

DAIKYO PRESS(以下,D):それではまず,学科はどのような雰囲気なのでしょうか?
とにかく賑やか!!(笑)些細な出来事でも,大袈裟なリアクションをとって盛り上げてくれます。彼女が出来たら大事件!みたいな…(笑) 普段はだいたいジャージ姿なので,私服だと「デート? そんな格好で行けるんか?」みたいに茶化したりもします(笑)

D:第1回目で取材した,スポーツ専攻の大山さんも同じことをおっしゃっていました(笑)
そうですね,保健体育やスポーツ専攻は何か用事がなければほぼジャージなので分かりやすいと思います(笑)

D:スポーツ専攻の方とは普段関わりはあるのですか?
教員養成課程と教養学科は,スポーツ系の授業はだいたい一緒に受けるんです。そこで関わることが多いです。ゼミも一緒なんですよ。10種類くらいゼミのコースがあります。例えば…保健系,体力系,映像分析,スポーツバイオメカニクス…などです。その中で僕は教育法のゼミに所属していて,新しい体育の授業法を考察しています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

D:そんなにもゼミの種類があるとは知りませんでした。では,ラグビー部について教えてください。
もうすぐ近畿地区国立大学体育大会が始まるのですが(5月9日現在),大教ラグビー部は優勝常連校なんです。一回生が増えて全員で27人くらいなのですが,学年関係なく仲良く活動していてもう,めちゃめちゃ楽しいです。水・金・土曜日が練習で,火・木曜日は自主練という感じです。この自主練がとても大切なんですよね。ラグビー部員の体型って筋骨隆々なイメージがあると思うのですが,それはこの自主練で鍛えているからなんです。なので,体型の違いで自主練をやっているかやっていないかがすぐ分かるし,そうなると試合中のプレーにも差が出てきます。

 D:皆さんそれぞれ努力されているのですね。田中さんは,いつからラグビーを始めたのですか?
小学校五年生からクラブチームに所属していました。日本一になったこともあるんですよ!

D:すごいですね!それではもうずっとラグビーをされているのですね。ラグビー部の活動がない時にされていることや,マイブームはありますか?
ボルダリングです!室内でするロッククライミングのようなスポーツなのですが,体の使い方がとても大事で,力だけでは登れないんです。体のガッチリした人よりも,細い人の方がうまかったりもします。この体の使い方がラグビーにも生かせるんです。ほぼ週に1回のペースで難波にあるジムに通っています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

D:休みの時でもラグビーのことを考えているのですね!では,尊敬する人を教えてください。
尊敬する人は,ラグビー部のキャプテンです。大教のラグビー部は他の大学に比べて人数がかなり少ないのですが,そんな状況でもみんなをしっかりまとめてくれて,とても責任感のある方です。僕も二十歳を超えて,責任感の重さが分かるようになってきました。本当に姿勢を見習わないと,と思っています。

D:最後に,将来の夢を教えてください。
体育の教師です。大学に入学したばかりの頃は,中学校か高校の体育教師を目指していました。けれども大教で教育について学ぶうちに,小学生への体育指導にも魅力を感じるようになりました。僕の学部は教員養成なので初めはみんな教師を目指すのですが,別の進路を選択する友人もいます。でも僕は,初志貫徹で体育の教師を目指します!
あとはまぁ…ラグビー部の顧問になって,チームを日本一に導いて,その上本を出して,印税を…なんて(笑)冗談ですよ!(笑)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

田中さん,ありがとうございました。
たまに冗談を交えつつ,たくさんお話を聞かせてくださいました。
途中でみたらし団子を食べるというお茶目な場面も(笑)

さて,来週はどの学生さんにバトンが渡るのでしょうか!?
次回もお楽しみに!

投稿者:   日時:9:02 | パーマリンク

バトンをつなげ!大教ステキ学生リレーNo.13

みなさんこんにちはー!G.W.はいかがお過ごしでしたでしょうか?
ちなみに私はと言いますと、、、ひたすらバイト漬けの日々でしたっ。
今年はバイト以外の活動で充実させたい!と言っていたはずが、今年もすでに1/3が終わってしまいました…情けない。。。

さて、今回のリレー走者は、
教員養成課程教育科学三回生、女子ラクロス部の大桐未紗子さんです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

それでは、いちについて…よーい、どん!

D:普段の学科の雰囲気は、どういった感じですか?
私は三回生から今の専攻に転籍したこともあり、今までクラスメイトとあまり授業が被らなかったのですが、みんな優しくてすぐに馴染むことが出来ました。自分のやりたいことを学んでいるので、授業がとても楽しいです。

D:大学内で転籍の制度があるのですね!初耳です!
教養学科から教員養成課程へ転籍できるようになったのはつい最近で、私がその制度の一人目らしいです(笑) ちなみに以前は、教養学科の人間科学専攻にいました。

D:なぜ転籍しようと思われたのですか?
学生生活を送るうちに、やはり小学校の教員になりたいと思ったからです。最初は教員を目指すことにまだ迷いがあったため、そのうちどうしても教員になりたくなったら、もう一度大学に行って教員免許を取得するつもりでした。けれど学内に転籍制度があったので、思い切って利用してみることにしました。
(注:人間科学専攻では、教員免許が取得できません)

D:すごい決断力と行動力ですね…見習わなければ(笑)
それでは、部活のラクロスについて聞かせてください。ラクロスの魅力は、どういったとこ  ろですか?
チームスポーツなので、嬉しいことや、逆に悔しかったり、哀しかったりすることもすべて部活のみんなで共有できることですね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 D:なぜ大学でラクロスを始めようと思ったのですか?
ラクロスは基本的に、大学から始める人の多いスポーツだからです。女子ラクロス部には現在、30人ほどのメンバーがいますが、みんな大学からラクロスを始めた人たちなんです。私も一から始めて、自分がどこまでいけるかを試してみたいと思いました。それに、学生生活の最後の4年で、本気になれることをしたかったからです。

D:か、か、かっこいいいい!これまでに何かスポーツの経験はありますか?
中学高校の6年間、バスケットボールをしていました。あとは、習い事で水泳もやっていました。ちなみに水泳は、今でもコーチとして関わっています。

D:部活がオフのときはどのように過ごしていますか?
バイトしているスイミングスクールのキャンプに一緒に行ったり、あとは1月に長期オフがあるので、それを利用して旅行に行ったりしています。友達と遊ぶことが多いですね。

D:勉強との両立の秘訣、教えてください!
両立できているのかは分かりませんが(笑)、転籍した関係から、他のみんなが4年間で勉強することを2年でしないといけないので、ダラダラしないように気をつけています。家に帰ると晩ご飯のあとは、ついダラダラしたくなるのですが、そこは自分に厳しくしてなんとか時間をつくっています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

大桐さん、ありがとうございました!
話に出てきた学科転籍制度について興味のある人は、
教務課教務係に相談してみてくださいね。

 

次回の更新もお楽しみに☆

投稿者:   日時:11:59 | パーマリンク
1 / 3123