五月祭はじまりました!

この春からDKPに入った新メンバーで、五月祭を取材しました!


まずはじめに、お揃いのTシャツで元気よく冷凍パインを売っていたお店を取材しました。

代表である1回生数理情報専攻・厨子倫吏さんにお話を伺いました。
——————————————
DAIKYO PRESS(以下D):何を売っていますか?
厨子さん:冷凍パインです!
D:どのようなメンバーですか?
厨子さん:数理情報専攻、小中・中等教育専攻美術・書道コースの1回生です。
D:五月祭の意気込みやPRは何ですか?
厨子さん:150円で100個出して、完売目指します!他のパインを出してるところよりも安く出してます!
美術専攻の方がこだわって作成してくれた看板や外装もアピールポイントです。

——————————————
私たちも取材後に実際に食べてみました!
一口サイズで食べやすく、五月祭期間の暑い日にはクールダウンにぴったりでした。とても美味しかったです!


次に、美術専攻有志による作品展「magical」を見に、A-311教室に行きました。
代表の2回生美術教育専攻・向井悠さんにお話を伺いました。
——————————————
D:展示内容を教えてください
向井さん:小中美術専攻の主に2、3回生が、「魔法」についての作品を展示しています。

D:なぜ「魔法」をテーマにしたのか教えてください。
向井さん:人によって魔法って聞いて感じることが、違うと思います。
ここでは、それぞれの思う「魔法」を見ることができます。
ここに来てくださったら、あなたも魔法にかかるでしょう。

——————————————
素敵な作品ばかりです!
私たちも、一目見ただけで引きこまれていつの間にか魔法にかかっていました。


最後に凜憧サークル代表の3回生教育科学専攻・重乃遼子さんにお話を伺いました。

——————————————
D:サークル名を教えて下さい。
重乃さん:よさこいサークル凜憧です。
D:どんなステージですか?
重乃さん:全力で笑って舞うという意味の〝全力笑舞〟をモットーに踊っています。
3日間毎日踊るので、どの演舞もお客さんが多かれ少なかれ全力で全部踊ります。

D:五月祭のPRを教えて下さい。
重乃さん:五月祭は一回生のデビューの舞台です。初めて踊る一回生が、凜憧の事を大好きになってもらえて、上回生が自覚をもって引っ張っていける舞台にしたいです。
D:これからの活動に向けての意気込みを教えて下さい。
重乃さん:凜憧は代々、声と笑顔をすごく大事にしています。演舞の中で悲しい雰囲気や楽しい雰囲気の時によって表情を変えた踊り心がけています。そして、お客さんに見られている自覚を一人ひとりが持ち、最後には全員が満面の笑みで踊り切れるようにこれからも活動していきます。

——————————————


五月祭は、21日(日)まで開催しています!遊びに来てください!

投稿者:   日時:15:03 | パーマリンク

「ほっとらいとデザイン展」を取材しました

みなさん、こんにちは!

昨年12月柏原キャンパスの屋外エスカレーター通路で、ちょうちんが展示されていたことは覚えていますか?

これは、教養学科芸術専攻の学生が行った「ほっとらいと ~OKU Light up Exhibition~」というイベント。
オリジナルのちょうちんを作成・展示し、駅・キャンパス間の長い道のりを楽しんでもらおうという企画です。
大学が学生の活動を支援する「学生プロデュース」に採択され、実施されました。
(>学生プロデュースの詳細はこちら


ちょうちんは、二十四節気を日本の風土に合わせてさらに分類した「七十二候」をコンセプトにデザインされています。二十四節気とは、太陽が移動する天球上の道である黄道を24等分し、太陽がその区分点を通る日付によって1年を24の期間にわけ、それぞれの期間の季節的な特徴を表す名称を付けたものです。



ちょうちんの一部は、神霜祭のオリジナルマーブリング制作が体験できるワークショップで、大教生や学外の来場者が作成しました。マーブリングとは、水面に水よりも比重の軽い絵具を垂らし、 水面に浮かぶ複雑な模様を紙などに写し取る技法です。事前に準備していた画材が足りなくなるなど予想以上の反響があり、合計約 120 個の個性豊かな作品が集まったそう。




そして完成したちょうちんは、12月12日~16日の5日間、エスカレーター通路を明るく照らしました。


これらの集大成として、1月30日から2月3日までたまごギャラリーにて「ほっとらいとデザイン展」開催されました。ライトアップで使用したちょうちんの柄1つ1つのデザイン、神霜祭でのワークショップ風景、マーブリング作品の写真を展示しました。


そこで今回は、デザイン展のメンバー・芸術専攻美術コース4回生の添田祿人(そえだ よしと)さんにお話を聞きました。
——————————————————
DAIKYOPRESS(以下、DKP):なぜ七十二候をコンセプトにしたのですか?
添田さん:ちょうちんをデザインするということは元々決まっていました。そこで、何か一貫したテーマがあればいいな、と思って、季節の流れを表現できる七十二候を選びました。

DKP:苦労したこと、大変だったことは?
添田さん:ちょうちんの総数が700弱もあったので、デザインをプリントしてから提灯に貼り付けて組み立てるという一連の作業をこなすだけでも大変でした。全体の作業量はすごかったですけど、7人のメンバーで力を合わせたことはいい思い出ですね。

DKP:神霜祭で行われたワークショップでは、マーブリングという簡単な技法を使ってちょうちんの柄を来場者に作ってもらいました。
添田さん:まずマーブリングっていうのは形が定まらないんです。どうなるかわからない。だからこそワクワクして、みなさん楽しんでいたようです。

DKP:最後に展覧会を終えた感想をお願いします。
添田さん:今回の「ほっとらいとデザイン展」は、学生プロデュース企画として、大教を明るくするために大学からの支援もいただきつつ開催しました。企画に見合った展示ができたと思っています!
——————————————————



いまブログを読んでいただいてる学生のみなさんも、今後このような企画にチャレンジしてみてはどうでしょうか。

投稿者:   日時:14:42 | パーマリンク

写真展「FILMが写した世界」を取材しました


みなさん、こんにちは!

そしてあけましておめでとうございます。

今年もDAIKYOPRESSをよろしくお願いいたします。




さて、本日ブログを更新したワケはと言いますと…

12/21(水)まで大学で行われていた、大阪教育大学学生プロデュース採択企画「FILMが写した世界」という写真展を観て、ぜひこの思いを書き留めておきたいと思ったからです。

sss20161222blog (1)



私は、一昨年もこの写真展を観に行きました。

(DAIKYO PRESSの前号でその内容を取材しています。→前号はこちら



前回の写真展では、津波に流されて何も残っていない街を、360°見渡せるパノラマ写真の展示が印象的でした。

私はこれまで、テレビの画面でしか被災地を見たことがなかったので、左右どちらを見ても被災地が続いているこのパノラマ写真を見て、まるで自分が被災地に足を踏み入れたかのような気持ちになりました。





震災から5年以上の月日が立ち、一昨年の写真展からどのような変化があったのか…

私は複雑な気持ちで足を踏み入れました。

ss20161222blog (2)



濁流が近くまできている写真を持つ人。

窓ガラスもない、被災後そのままの建物。長針が折れて、止まった時計。

それらとは逆に、復興が進んでいることを示す、山側に建てられた新しい家。



復興へと確実に進んでいる様子が見て取れる一方で、これだけの月日を過ぎてなお、一瞬にして街を飲み込んでしまった震災の恐ろしさを感じて、言葉がでないくらい衝撃をうけました。






しかし、次のブースに進み、その気持ちは全く別のものになりました。

ss20161222blog (3)

そこにあったのは笑顔の写真でした。

復興に向けて、被災地の方々は、笑顔で写真に映っていました。



家族や大切な人を亡くされた方や、

住んでいる家、行きつけの店、生まれ育った町が流された方、

その悲しみや辛さ、後悔…

そんな気持ちを考えると、

こうして文字にしているだけでも胸が締め付けられます。



そんな思いを背負いながらも、復興に向けて、被災地の方々は、笑顔で写真に映っていました。



前を向いているように見えました。

今年の写真展には、一昨年の写真展よりも更に、復興に向けて進んでいる街の姿や、たくさんの笑顔がありました。




もし、自分の過ごしてきた学校や家が流されたら…

自分の住んでいる街がなくなったら…

このようなことを考えながら、写真を眺めていました。

これまで生きてきた中で一番、被災地について考えさせられました。



写真に混ざって「大地震が起きたときあなたの大切な人は無事だと言い切れますか」という1文がありました。
この1文には、被災地を何度も訪れているFILMさんの「あの日と同じことを、もう二度と繰り返さないために、被災地から学び続けなければならない」という思いが、ぎゅっと詰まっているような気がします。





DAIKYO PRESSでは引き続きFILMさんの活動に注目していきます。

投稿者:   日時:10:39 | パーマリンク