オープンキャンパス企画続報です

みなさんこんにちは(^o^)
早いことに5月も終わりに近付き、6月が迫ってきました。

さて今日のDAIKYOPRESS会議では
受験生の方に向けてのフリーペーパーの
レイアウトやタイトルを決めたり、取材内容のまとめを行いました。

 

DSC_0058s

 

大阪教育大学のマスコットキャラクター「やまお」と「たまごどり」の取材や、
サークルや学生生活について、、、

受験生の方にぜひ知ってもらいたい情報がぎゅっと詰まったDAIKYOPRESSに仕上げます!!

それでは 次回もお楽しみに(^_-)-☆

投稿者:   日時:11:36 | パーマリンク

バトンをつなげ!大教ステキ学生リレーNo.15

こんにちは(^_^)5月も後半となり暑い日が増えてきました。
はやくも熱中症で倒れる人がでてきているそうなのでみなさん気をつけてくださいね……!

大教ステキ学生リレー15人目の走者は、数学専攻中学校コース三回生で,
『学生団体clan』主宰者の渋谷吉孝さんです☆

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

いちについて…よーいどんっ!!

 

DAIKYO PRESS(以下,D):まずは学科の雰囲気を教えてください。
数学専攻の中学校コースは14人と少人数なので、試験前には全員で協力したり、仲良しです!僕たちの学年は女の子が4人いるのですが、これは多いほうなんです。一つ上の先輩は女の子が1人しかいなくて、その上の学年はは1人もいなかったんです。

D:渋谷さんが主宰している学生団体の活動について聞かせてください。
僕は今年の4月に『学生団体clan』を立ち上げました。ネパールに学校を建設し、子どもたちの夢や可能性を広げることを目標に活動しています。メンバーは、大教大と畿央大学の学生が所属しています。今のところ週1回のミーティングと月2回の募金活動が主な活動です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

D:ネパールに学校建設なんてすごいですね…始めたきっかけは何だったんですか?
何か新しいことをしたい、するなら人間的に成長できることがいい、と思ったときに、震災直後に訪れた東北でのボランティア活動のことがずっと心に残っていたので、いくつかのボランティアの団体を見学しました。その中で学校建設を目標としている団体に影響を受け、子どもたちの可能性を広げる活動がしたい、と思い、『学生団体clan』を創設しました。

D:なるほど。では、なぜネパールなのでしょうか?
正直、僕もぜんぜんネパールのことは知りませんでした。何か始めたいと思って調べている時にネパールの教育事情を知ったんです。入学すらできない子供が約10%もいて、入学したとしてもちゃんと通えなかったり、高校まで卒業できるのはわずか約25%です。その25%というのは都会に住んでいる、いわゆる富裕層です。格差がすごく大きいんです。それをどうにかしたい!と思いました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

D:わたしも今聞いて驚いています…。では活動して行く上で大切にしていることはありますか?
僕たち自身が自発的に、好んで活動しているということを忘れないようにしています。それから『0から1へ』を合言葉に活動しています。1つは現地の子どもたちの可能性を広げ、夢への1歩を踏み出してほしいという意味。2つ目はこうした現状を知らない大学生にも1歩を踏み出してほしいという意味です。周りを巻き込んでボランティアや国際協力のハードルを下げることが狙いです。

D:『0から1へ』かっこいいですね~!最後に一言どうぞ!
子どもたちの夢を、可能性を、僕たちと一緒に少しでも後押ししませんか(^^)
2年後の春休みに最高の開校式をやりましょう!!

 

91939s

投稿者:   日時:8:32 | パーマリンク

バトンをつなげ!大教ステキ学生リレーNo.14

こんにちは!先日まで五月祭が行われていましたが、1回生のみなさんは楽しめましたか?
打ち上げなどで他学部の友達も増えたのではないでしょうか(^^)

さて、今週の大教ステキ学生リレーは、
保健体育専攻小学校コース三回生 ラグビー部の田中泰地さんです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

それでは…いちについて…よーいどん!!

DAIKYO PRESS(以下,D):それではまず,学科はどのような雰囲気なのでしょうか?
とにかく賑やか!!(笑)些細な出来事でも,大袈裟なリアクションをとって盛り上げてくれます。彼女が出来たら大事件!みたいな…(笑) 普段はだいたいジャージ姿なので,私服だと「デート? そんな格好で行けるんか?」みたいに茶化したりもします(笑)

D:第1回目で取材した,スポーツ専攻の大山さんも同じことをおっしゃっていました(笑)
そうですね,保健体育やスポーツ専攻は何か用事がなければほぼジャージなので分かりやすいと思います(笑)

D:スポーツ専攻の方とは普段関わりはあるのですか?
教員養成課程と教養学科は,スポーツ系の授業はだいたい一緒に受けるんです。そこで関わることが多いです。ゼミも一緒なんですよ。10種類くらいゼミのコースがあります。例えば…保健系,体力系,映像分析,スポーツバイオメカニクス…などです。その中で僕は教育法のゼミに所属していて,新しい体育の授業法を考察しています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

D:そんなにもゼミの種類があるとは知りませんでした。では,ラグビー部について教えてください。
もうすぐ近畿地区国立大学体育大会が始まるのですが(5月9日現在),大教ラグビー部は優勝常連校なんです。一回生が増えて全員で27人くらいなのですが,学年関係なく仲良く活動していてもう,めちゃめちゃ楽しいです。水・金・土曜日が練習で,火・木曜日は自主練という感じです。この自主練がとても大切なんですよね。ラグビー部員の体型って筋骨隆々なイメージがあると思うのですが,それはこの自主練で鍛えているからなんです。なので,体型の違いで自主練をやっているかやっていないかがすぐ分かるし,そうなると試合中のプレーにも差が出てきます。

 D:皆さんそれぞれ努力されているのですね。田中さんは,いつからラグビーを始めたのですか?
小学校五年生からクラブチームに所属していました。日本一になったこともあるんですよ!

D:すごいですね!それではもうずっとラグビーをされているのですね。ラグビー部の活動がない時にされていることや,マイブームはありますか?
ボルダリングです!室内でするロッククライミングのようなスポーツなのですが,体の使い方がとても大事で,力だけでは登れないんです。体のガッチリした人よりも,細い人の方がうまかったりもします。この体の使い方がラグビーにも生かせるんです。ほぼ週に1回のペースで難波にあるジムに通っています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

D:休みの時でもラグビーのことを考えているのですね!では,尊敬する人を教えてください。
尊敬する人は,ラグビー部のキャプテンです。大教のラグビー部は他の大学に比べて人数がかなり少ないのですが,そんな状況でもみんなをしっかりまとめてくれて,とても責任感のある方です。僕も二十歳を超えて,責任感の重さが分かるようになってきました。本当に姿勢を見習わないと,と思っています。

D:最後に,将来の夢を教えてください。
体育の教師です。大学に入学したばかりの頃は,中学校か高校の体育教師を目指していました。けれども大教で教育について学ぶうちに,小学生への体育指導にも魅力を感じるようになりました。僕の学部は教員養成なので初めはみんな教師を目指すのですが,別の進路を選択する友人もいます。でも僕は,初志貫徹で体育の教師を目指します!
あとはまぁ…ラグビー部の顧問になって,チームを日本一に導いて,その上本を出して,印税を…なんて(笑)冗談ですよ!(笑)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

田中さん,ありがとうございました。
たまに冗談を交えつつ,たくさんお話を聞かせてくださいました。
途中でみたらし団子を食べるというお茶目な場面も(笑)

さて,来週はどの学生さんにバトンが渡るのでしょうか!?
次回もお楽しみに!

投稿者:   日時:9:02 | パーマリンク

オープンキャンパスに向けて

みなさんこんにちは!
GWも終わり、だんだんと暑い日が増えてきましたね!

さてもうすぐ五月祭
一回生の方は準備や会議で忙しいことだと思います。
DAIKYO PRESSでもオープンキャンパスの時に
受験生向けで配るフリーペーパーの制作のために、毎週会議を重ねています。

DSC_0058s

少しずつですが取材の内容やレイアウトが決まってきました^ ^

私はまだ一回生なので、わからないことも多いのですが良いものを作り上げるために頑張りたいです!

DSC_0056s

それでは次回もお楽しみに~!

投稿者:   日時:15:14 | パーマリンク

バトンをつなげ!大教ステキ学生リレーNo.13

みなさんこんにちはー!G.W.はいかがお過ごしでしたでしょうか?
ちなみに私はと言いますと、、、ひたすらバイト漬けの日々でしたっ。
今年はバイト以外の活動で充実させたい!と言っていたはずが、今年もすでに1/3が終わってしまいました…情けない。。。

さて、今回のリレー走者は、
教員養成課程教育科学三回生、女子ラクロス部の大桐未紗子さんです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

それでは、いちについて…よーい、どん!

D:普段の学科の雰囲気は、どういった感じですか?
私は三回生から今の専攻に転籍したこともあり、今までクラスメイトとあまり授業が被らなかったのですが、みんな優しくてすぐに馴染むことが出来ました。自分のやりたいことを学んでいるので、授業がとても楽しいです。

D:大学内で転籍の制度があるのですね!初耳です!
教養学科から教員養成課程へ転籍できるようになったのはつい最近で、私がその制度の一人目らしいです(笑) ちなみに以前は、教養学科の人間科学専攻にいました。

D:なぜ転籍しようと思われたのですか?
学生生活を送るうちに、やはり小学校の教員になりたいと思ったからです。最初は教員を目指すことにまだ迷いがあったため、そのうちどうしても教員になりたくなったら、もう一度大学に行って教員免許を取得するつもりでした。けれど学内に転籍制度があったので、思い切って利用してみることにしました。
(注:人間科学専攻では、教員免許が取得できません)

D:すごい決断力と行動力ですね…見習わなければ(笑)
それでは、部活のラクロスについて聞かせてください。ラクロスの魅力は、どういったとこ  ろですか?
チームスポーツなので、嬉しいことや、逆に悔しかったり、哀しかったりすることもすべて部活のみんなで共有できることですね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 D:なぜ大学でラクロスを始めようと思ったのですか?
ラクロスは基本的に、大学から始める人の多いスポーツだからです。女子ラクロス部には現在、30人ほどのメンバーがいますが、みんな大学からラクロスを始めた人たちなんです。私も一から始めて、自分がどこまでいけるかを試してみたいと思いました。それに、学生生活の最後の4年で、本気になれることをしたかったからです。

D:か、か、かっこいいいい!これまでに何かスポーツの経験はありますか?
中学高校の6年間、バスケットボールをしていました。あとは、習い事で水泳もやっていました。ちなみに水泳は、今でもコーチとして関わっています。

D:部活がオフのときはどのように過ごしていますか?
バイトしているスイミングスクールのキャンプに一緒に行ったり、あとは1月に長期オフがあるので、それを利用して旅行に行ったりしています。友達と遊ぶことが多いですね。

D:勉強との両立の秘訣、教えてください!
両立できているのかは分かりませんが(笑)、転籍した関係から、他のみんなが4年間で勉強することを2年でしないといけないので、ダラダラしないように気をつけています。家に帰ると晩ご飯のあとは、ついダラダラしたくなるのですが、そこは自分に厳しくしてなんとか時間をつくっています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

大桐さん、ありがとうございました!
話に出てきた学科転籍制度について興味のある人は、
教務課教務係に相談してみてくださいね。

 

次回の更新もお楽しみに☆

投稿者:   日時:11:59 | パーマリンク

今期は新しいプランも

こんにちは!
も散り、本格的に暖かくなってきましたね。
新入生のみなさんはようやく新生活に慣れてきた頃でしょうか?

さて、DAIKYO PRESSは今期新しいことに挑戦しようと思っています。
今まで発行していたフリーペーパーはデザインをプロの方にお任せしていたのですが、
今回は自分たちで一からやってみよう!ということで様々なプランを練っています。

同時に新メンバーも加入し、新鮮な空気を感じつつ会議も順調に進んでいます。

 

DSC_0307s

新しいDAIKYO PRESS、ご期待ください。みなさんに楽しんでいただけるよう頑張ります!

投稿者:   日時:16:53 | パーマリンク

バトンをつなげ!大教ステキ学生リレーNo.12

こんにちは!そろそろ五月祭の計画が始まっているころですね。
今年はどのようなお店が出店されるのでしょうか?楽しみですね! 

さて、今週の大教ステキ学生リレー
教養学科人間科学専攻三回生 アメフト部マネージャーの友渕可菜さんです。

 

DSC_0057s

 

それでは…いちについて…よーいどん!!

 

DAIKYOPRESS(以下、D):まず、どのような学科ですか?
三回生から、心理学における人間行動、介護・社会福祉における発達福祉、図書館司書における生涯教育と学ぶコースが3つに分かれ、私は人間行動を学んでいます。人間行動は、四回生では質問やアンケートを使った心理実験を行い、その結果や考察をもとに卒論の形式にしていきます。進路は、臨床心理士の資格をとるために大学院に進むことを考えています。

D:では、部活についてお聞きします。なぜ、アメフト部のマネージャーをしようと思ったのですか?
大学に入ってとりあえず新しいことをしたいという思いで、勧誘に力を入れていたドラゴンズのマネージャーに決めました。アメフトのルールも全く知らなかったのですが、試合中や練習中などに少しずつ教えてもらい、覚えていきました。

D:マネージャーという仕事は大変ではないのですか?
マネージャーの人数が少なかったり、試合前の雨の中の練習などで辛い時もあります。でもマネージャーをしたことによって、これまでには感じることのできなかった責任感が芽生えて、やってよかったと思っています。試合中、選手がパスをとって走り抜けて活躍している姿を見ている時はとても嬉しくなります!

 

DSC_0091s

 

D:やっぱり、一緒に練習している選手が活躍していると嬉しくなりますよね!部活と勉強の両立はどのようにしていますか?
月、木以外の週5日間は部活をしていて、それ以外の日はアルバイトをしているので、授業の空きコマを上手く利用して勉強に取り組んでいます。夏休みの短期OFF、冬休みの長期OFFには、選手とマネージャーで仲良く同回生旅行したりして遊びも楽しんでいます!

D:しっかり文武両道しているのですね!!では 、ドラゴンズのマネージャーからなにか一言ありますか?
ドラゴンズは今、1部昇格に向けて日々練習に取り組んでいます!!
部員もマネージャーも募集中です!

 

DSC_0086s

 

友渕さん、ありがとうございました。
マネージャーのお仕事頑張ってください!
さて、来週もどんな学生に会えるのでしょうか!?
次回もお楽しみに!

投稿者:   日時:8:30 | パーマリンク