板書のための板書ではなく

みなさん、こんにちは!最近は雨が多く、蒸し暑い日が続きますね…。みなさんは雨の日は好きですか?嫌いという人も多いと思いますが、わたしは、好きです。屋内から雨がしとしとと落ちる音を聞くと、なんだか心が落ち着きませんか?

さて、前々回から始まった浅水先生による授業テクニック解説も、今回で最終回です。前々回で、「学生の視線を引き付ける」、前回で「授業中の課題に時間制限をつける」について学びました。今回は(3)板書が少ない理由について伺います。

sensuisensei3

浅水先生の授業では、板書の回数は多くありません。これにも何か理由があるのか聞いてみると、「授業内容によっては板書計画がとても大切なケースもありますが、わたしは、そのときの授業の最も注目すべきポイントや、時間制限の残り時間を書くぐらいに留めています。それは、情報を取捨選択せず板書すると、ただ授業内容を羅列するだけの、板書のための板書になり、学生の頭に入ってこなくなるからです」と答えてくれました。

みなさんは、板書の量が多すぎて、ノートへ写すことに必死になるあまり、先生の話に集中できなかったり、またそれとは逆に、聞くことに集中して板書の書き写しが追いつかなかったり…、そんな経験はありませんでしたか?
板書の量が多いと、「書き写す」という行為そのものに必死になってしまい、肝心の内容は頭に入りません。それに、文字情報だけの授業は楽しくありません。
板書を写すスピードは人それぞれです。だからこそ、どの学生にとっても、授業の内容を深く考えられる、つまり授業に集中できる環境づくりが必要なのですね。

*******************************************

浅水先生に話を伺って気づいたことは、授業の内容をきわめるだけでなく、そこに学生を引きつけるための工夫することが大切だということです。わたしも授業の中で模擬授業を行っていますが、今までは内容をいかに良くするかしか考えていませんでした。学生にとってわかりやすい、よく考えられた授業というのは、内容だけでなく、導入部分やシンキングタイムのような細部にまでこだわって展開しているのですね。

写真をメインにしてブログを更新するつもりでしたが、インタビューの内容がとても深く、勉強になったので、テキスト中心でみなさんに紹介してみました(^^)
この記事を読んで「なるほど」と頷いたり、「もっとここを詳しく知りたい!」と感じたりした方、お気軽にご意見ご感想をdkp@cc.osaka-kyoiku.ac.jpまでお知らせください!
お待ちしております。

投稿者:   日時:8:12 | パーマリンク

コメントは受け付けていません。