学校図書館を活用した授業実践を広げるために・・・

 今回は,今春修了した第一期生から投稿のありました研究活動の成果を報告させていただきます。


 私は,教職大学院での実践課題研究において,所属先で担当する業務の課題である「学校図書館の授業活用を促進すること」の解決をめざし,様々なアプローチを考え実践してきました。

 その一つが先生方に学校図書館を授業で活用することの良さ(意義)と方法を伝えるツールとして作成した『とよなかスタンダード』です。授業で学習する教科書単元の中で,学校図書館を活用できる単元を年間計画として学年ごと(1年~6年)に一覧にし,学校図書館教育において子どもたちにつけたい力を示す体系表とリンクさせて見られるように工夫しました。

写真:とよなかスタンダード(概要)一部

 次年度,市内小学校教員の手元に届けることになり,リーフレットに仕上げることができました。このリーフレットをツールとして教員研修を行い,教員の学校図書館を活用した授業実践を広げ,子どもたちの探究力,情報活用力の育成につなげていきます。


写真:小林さん(左から3人目)と職場の皆さん


報告者:連合教職実践研究科主任 森田 英嗣

投稿者:   日時:22:49 | パーマリンク