携帯ウェブサイト
運用担当部局:学生支援課学生企画係

学生チャレンジプロジェクト-平成21年度の実施結果

プロジェクトの名称
学生の声~今なぜ人権教育~
実施日程・実施場所
平成21年12月6日(日)大阪教育大学A-216講義室
実施内容
部落問題・「障害」者問題・在日外国人問題・人権教育について活動しているサークルが集まり,それぞれの団体が1年間活動してきた内容・感じたこと・これからの課題について報告する発表会を行った。
プロジェクトの成果
・参加者50名で上記の企画内容を通して人権問題とは何なのかを考える場を設けた。
・大阪教育大学を基盤に人権問題について取り組んでいる団体同士の相互交流が行えた。しかし,外部向けの発表であったが,取り組みメンバーの知り合いがほとんどで,宣伝方法や企画内容に改善すべき点があり,今後の課題になる。
プロジェクトの名称
C.S.S(クラフト&サイエンススクール)
実施日程・実施場所
6月13日・20日,7月11日・18日,9月12日,10月17日,11月1日・2日・7日・14日,12月5日・12日・16日,1月 9日・23日・30日,2月13日・20日・27日 
実施内容
小学校における「実験・工作教室」の実施
・ぶんぶんゴマ   ・ブーメラン   ・グライダー   ・歩くやじろべぇ   ・通電実験   ・空気砲   ・割れにくいシャボン玉   ・マイメッセージボード   ・ぐにゃぐにゃ凧   ・圧力を感じる(サイフォンの原理)   ・クリップモータ   ・磁性スライム   ・指ハブ
大阪教育大学神霜祭での活動報告
・製作した教材の展示   ・工作教室の開催   ・活動の様子の紹介
プロジェクトの成果
 初めは実験や工作に参加する子どもが少なかったが次第に定着し,何かを作ることの楽しみや達成感を得られるようになった。また,人の行動を観察し行動することや用意された環境でいかにして自分らしさを表現するかという創意・工夫の点でも参加した子どもたちに変化が見られた。また,異学年の集団という環境で,何かを作ったり,実験するなかで,「教える」「教わる」ことを繰り返すうちにコミュニケーション能力の向上もあったと思う。そして,実験では身近なものを題材とすることで,理科を身近に感じ,楽しさを伝えられたと思う。
 また,学生はどのような力を身につけて欲しいかや当日どのようなことが起こり得るかを考えながら,実際に自分たちで内容・教材などを企画することで,教材開発や企画について学ぶことができた。また,主な対象が小学校低学年のため,実験の内容によっては解説が難しいものもあったが,それをどうやって分かり易く伝えるか考えることで,内容を学生自体が深く理解し,プレゼンテーション能力等に実践的能力の向上ができた。
活動の様子はこちら(PDF形式/1526KB)をクリックしてください。
プロジェクトの名称
「ミニ窯プロジェクト」
実施日程・実施場所
第1回目 2009年11月29日(日)10:00~17:00
第2回目 2009年12月13日(日) 9:00~17:30
第3回目 2009年12月20日(日)10:00~17:00
実施内容
第1回目「ミニ窯づくり・ぐい呑みづくり」
第2回目「ミニ窯の野焼き」
第3回目「ミニ窯を使ってぐい呑み焼成大会」
プロジェクトの成果
プロジェクトの名称
「さぁ、柏原へいこう」
実施日程・実施場所
<上映日>平成22年2月11日(木・祝)柏原市民文化会館リビエールホール

<制作活動>
 8月 宣伝用ポスター制作、上映場所誘致
 9月 プロジェクト参加者、スタッフ募集、宣伝活動
10月 プロジェクト参加者との企画会議(全5回)、撮影・編集活動開始
11月 大学祭特別企画でのプレ上映
12月 ポスター掲示
 1月 上映告知宣伝活動
 2月 市役所との撮影、広報打ち合わせ、リビエールホールでの上映打ち合わせ

<ポスター回収>平成22年2月13日
<反省会>平成22年2月19日
実施内容
 柏原の各地にて,柏原の人々に出演していただいて柏原映像番組の撮影,制作を行い,柏原市役所隣のリビエールホール大ホールにて上映。また,柏原情報番組上映にあたって,柏原駅や堅下にあるオガタ通り商店街,柏原市役所に柏原を盛り上げる主旨に賛同していただき,ポスター掲示やラジオ広報などに協賛いただいた。地域と交流することで映画制作の積極性や協力することの大切さを知る以外にも,柏原のよさを部員自身が再確認するだけでなく,柏原のよさ,暖かさ,人情などを伝える映像制作をすることが出来た。
プロジェクトの成果
プロジェクトの名称
Dance and Arts communication -third section-
実施日程・実施場所
<上演日>平成22年2月11日(木・祝)柏原市民文化会館リビエールホール

2009年
  5月12日 第1回企画運営ミーティング
  5月26日 第2回企画運営ミーティング
  6月 2日 第3回企画運営ミーティング
  6月10日 学生チャレンジプロジェクト募集用紙提出
  6月17日 学生チャレンジプロジェクト プレゼンテーション
     
  7月上旬  実施決定

 10月 8日 第4回企画運営ミーティング
 10月15日 第5回企画運営ミーティング
 12月 3日 第6回企画運営ミーティング
 12月11日 第7回企画運営ミーティング
   
2010年
  2月 4日 当日運営スタッフミーティング
  2月10日 前日リハーサル
  2月11日 公演当日
実施内容
・大阪教育大学体育会に所属するモダンダンス部,ストリートダンスサークルLSB,民族舞踊部の3団体と大阪教育大学芸術専攻生(美術・音楽・書道)による様々な芸術の創作活動と上演における交流。
・大阪教育大学天王寺キャンパスのダンスサークルにも参加してもらい,お互いの活動を理解し,交流を深める。
・柏原市の小学生とのダンスや芸術を通した交流とその発表。
プロジェクトの成果
こちら(PDF形式/313KB)をクリックしてください
プロジェクトの名称
大阪教育大前駅アートプロジェクト’09
- オリジナルグッズ企画デザイン及びその告知ポスター -
実施日程・実施場所
駅ポスター掲示 2009年10月28日(水)~11月 3日(火)
学生手帳配布  2009年11月 9日(月)~11月13日(金)
実施内容
・有志8人が各自1冊の学生手帳をデザインし,学内において学生に無料配布。
・広告としてポスターを製作し,大阪教育大前駅構内に展示。
プロジェクトの成果
こちら(PDF形式/640KB)をクリックしてください
プロジェクトの名称
世界にスポーツの楽しさを広めよう!!
実施日程・実施場所
活動期間:平成22年8月~12月
実施内容
・いらなくなった用具・衣服を集めるためのポスターを作成し集める
・集まった用具の洗濯,修理
・ミーティングで送り先を決める(住所リストを作る)
・どの用具をどの国に送るか決める
・ダンボールに用具をつめる    
・荷物の大きさや重さを確認し,各国に送る(フィンランド・中国)
・協力してもらったクラブに報告書を作成し配布する
プロジェクトの成果
 今回のプロジェクトでは国の状況などにより予定していた国すべてに用具・衣服を送ることができませんでした。しかし,各地域に用具や衣服を送ることでスポーツを広めるきっかけになったと思います。
 予定していたアフガニスタンには,戦争などで国の状況が悪く,現地の人と連絡が取れずに今回のプロジェクト内で送ることができませんでした。「戦争」という言葉はテレビの中のもので私たちには直接関係のないものだと思っていたのですが,今回のプロジェクトを通してすごく身近なところで起こっていると感じ,世界の状況に目を向けるきっかけになったと思います。
 いらなくなった用具を集めてみて,中にはまだ着ることのできる衣服やもっと使える靴や用具などがたくさんありました。ワンガリ・マータイさんの「MOTAINAI」という世界共通語を知り,その意味を理解し,このプロジェクトを行ったことで私たちが普段どれだけ施設や用具に恵まれているかということを改めて感じることができました。機会があれば私個人でも行いたいと思いました。そして,各クラブがこのようなプロジェクトをおこなっっていくことがとても大切だと思いました。
 また,報告書を作成することで,このプロジェクトで私たちが感じたことや「MOTAINAI」という言葉を少しでも多くの人たちに知ってもらえたと思います。
活動の様子はこちら(PDF形式/761KB)をクリックしてください。
プロジェクトの名称
高校生のハートを掴み取れ!
実施日程・実施場所
 7月 1日・19日  エスカレーター等の掃除
 7月26日  オープンキャンパス科学館
10月28日  富田林高校科学館
10月30日  大教フェスタ科学館
11月 3日  神霜祭科学館
11月25日  八尾高校科学館
実施内容
 高校生は,オープンキャンパスや学園祭を通してその大学について知ることができますが,その多くはサークル活動や学科の説明で,教育大ならではの学生が行っている教育活動についてはあまり知る機会がありません。そこで今回は,教育活動についても知ってもらい,本学の良さをより感じてもらうことを目的として,オープンキャンパスや高校で私たちが普段行っている手作り移動科学館を行いました。
プロジェクトの成果
プロジェクトの名称
「聴覚障がい学生と絆を深めよう!~しゃべり場を通して~」
実施日程・実施場所
第1回 2009年10月17日(土)14:00~16:00
第2回 2009年11月20日(金)16:35~18:05(5時限)
第3回 2009年12月21日(月)13:05~14:35(3時限)※昼休みに手話ミニ講座を開いた
第4回 2010年 1月24日(日)13:30~17:00
実施内容
第1回 ①手話クイズ ②ジェスチャーゲーム ③手話コーラス「ドレミの歌」
第2回 ①ゲーム「フルーツバスケット」 ②筆談トーク
第3回 ①血液型当て ②筆談トーク「血液型の特徴」
第4回 ①ライン鬼ごっこ ②だるまさんが転んだ ③王様ドッジボール ④借り物競走
プロジェクトの成果
こちら(PDF形式/647KB)をクリックしてください
プロジェクトの名称
アンサンブルコンサート
実施日程・実施場所
2010年2月11日(木・祝)柏原市民文化会館リビエールホール 開演14:00/開場13:30
実施内容
1 木管五重奏「The NODE」
(fl:小中公平/ob中尾文香/cl植田孝一/hr塚本真衣/fg常深大史)+pf山口彩菜
①ビゼー:カルメン組曲より前奏曲
②アンジェラアキ:手紙~ 拝啓 十五の君へ~
③日本の童謡
ⅰ早春賦 
ⅱ浜辺の歌 
ⅲゆうやけこやけ 
ⅳたき火 
ⅴ春が来た
④F.フェレンツ:17世紀の古いハンガリーの舞曲
ⅰ序奏曲 
ⅱゆったりとした踊り
ⅲ肩甲骨の踊り
ⅳ舞踏歌
ⅴ跳躍の踊り
⑤久石譲
ⅰ君を乗せて
ⅱとなりのトトロ
⑥N.ハラム:ダンス組曲
ⅰワルツ
ⅱボサノバ
ⅲクイックステップ
ⅳチャールストン

2 金管五重奏「Cream Brass Quintet」
(tp:内平健・小岩実由/hr塚本真衣/tb高橋功/tu宮崎浩貴)
①Jクーツィール:小さなサーカスマーチ
②C.ロバーツ:ジャンクマン・ラグ
③V.エワルド:五重奏曲第1番第3楽章
④ロンドンデリーの歌
⑤聖者の行進
⑥R.ロジャース:サウンドオブミュージック
ⅰ前奏曲
ⅱマリア
ⅲ私のお気に入り
ⅳドレミの歌
ⅴもうすぐ17歳
ⅵひとりぼっちの羊飼い
ⅶさようならごきげんよう
ⅷエーデルワイス
ⅸ全ての山に登れ
プロジェクトの成果
 コンサートが大阪中心部で開催されていたり,有料であったり,小さな子供がいて連れて行けないなどの理由でなかなか普段「生」の音楽に触れる機会が少ない柏原市民の方々にも,リビエールホールという身近な場所であったため,「生」演奏での音楽を直接伝えることが出来ました。
 このコンサートを通して,楽器の音にも興味を持ってもらい,多くの方にまた聴きたいなどの言葉もいただきました。また,近隣の中学校の吹奏楽部も顧問の先生の引率で聴きにきて,生徒の向上心や意欲の発展につながり,地域のこどもたちとの輪が広がりました。
 今回は,クラシックはもちろんポップスや映画音楽にもジャンルを広げ,より親しみを持ってもらうようにしましたが,アンケートには,このようなジャンルのほかに,民謡,童謡,演歌などのリクエストもあったため,幅広い年齢層を考慮してプログラムを作成する必要がありました。オーケストラとは違うアンサンブルという点では,演奏者自身のみならず,柏原市民の方々にもさらなる可能性を見出していただきました。
プロジェクトの名称
美化意識向上プロジェクト
実施日程・実施場所
草刈り      2009年10月10日(土)10:00~
花壇設置作業 2010年 1月16日(土)
実施内容
 当初,構内の草刈及び清掃は7月下旬を予定していたが、新型インフルエンザの影響で大学が閉鎖になったため,10月に延期とすることになった。
 当企画では,天王寺キャンパスを利用する第二部学生を中心として,教職員と共に構内全域の草刈り及びごみ拾いを行った。
 また,天王寺キャンパスを利用する全ての人に見えるよう門前に花壇の設置を行った。
プロジェクトの成果