携帯ウェブサイト
運用担当部局:教務課企画係

ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

教育学部

 所定の単位を修得することによって,豊かな教養と知性とともに,優れた教職能力をもって教育現場を担える人材と認められる者,又は教育的視点から学校・家庭・地域・社会と連携・協働することによって,グローバル時代における多様な課題の解決を図る人材と認められる者に学士(教育学)の学位を授与する。

■初等教育教員養成課程

 豊かな教養と知性とともに,優れた教職能力をもって教育現場を担える教諭と認められる者として共通に必要とされる資質・能力について,次のとおり設定する。

(1)豊かな教養と広い視野
・人文,社会,自然,芸術,スポーツ等の学術的・実践的な基本知識・理解に加え,キャリア形成に向けた,ICTスキル,言語運用能力,コミュニケーション力,および論理的・批判的思考力からなる汎用基礎力を身に付けている。
・世界の多様性を理解し,異文化・多文化を受容できる寛容な態度を身に付けている。

(2)学校教育の基礎的理解
・教育の理念や教育に関する歴史及び思想,並びに教職の意義,教員の職務内容についての基礎的な理解ができている。
・子どもの心身の発達と学習の過程(特別な支援を必要とする子どもの心身の発達と学習の過程を含む。)についての基礎的な理解ができている。
・学校教育に関する制度や経営的事項,並びに学校安全,特別なニーズのある子どもの教育に関する基礎的な知識や技能を身に付けている。
・教育課程の意義や編成,教育の方法や技術(情報機器の活用を含む。)についての理解をしている。

(3)指導内容の理解と実践力
・保育の各領域や小学校の各教科を指導するために必要な内容の理解を深め,それらについての指導方法の基本を身に付けている。
・保育環境や学習環境の整備,アクティブ・ラーニングを取り入れた指導計画の立案や授業づくりを行うことができる。
・保育や授業を分析する基本を身に付け,教材研究を行いながら,保育や授業を構想することができる。

(4)子どもへの対応の理解
・子ども理解に基づいて,幼児・児童の指導と教育相談の理論及び実践的な方法について修得している。
・特別なニーズや,いじめ,不登校などの指導上の課題への対応方法を理解している。
・道徳教育の理論及び指導法や特別活動の指導法について理解している。

(5)教職力量を自らひらく力
・実践的な教育活動に参画し,幼児・児童と積極的にコミュニケーションをとることができる。
・自らの学修を記録などに基づいて分析・省察し,将来への見通しや計画を立てることができる。
・チーム学校の構成員として,他者と協働して課題の解決に取り組むことができる。

■学校教育教員養成課程

 豊かな教養と知性とともに,優れた教職能力をもって教育現場を担える教諭と認められる者として共通に必要とされる資質・能力について,次のとおり設定する。

(1)豊かな教養と広い視野
・人文,社会,自然,芸術,スポーツ等の学術的・実践的な基本知識・理解に加え,キャリア形成に向けた,ICTスキル,言語運用能力,コミュニケーション力,および論理的・批判的思考力からなる汎用基礎力を身に付けている。
・世界の多様性を理解し,異文化・多文化を受容できる寛容な態度を身に付けている。

(2)学校教育の基礎的理解
・教育の理念や教育に関する歴史及び思想,並びに教職の意義,教員の職務内容についての基礎的な理解ができている。
・子どもの心身の発達と学習の過程(特別な支援を必要とする子どもの心身の発達と学習の過程を含む。)についての基礎的な理解ができている。
・学校教育に関する制度や経営的事項,並びに学校安全,特別なニーズのある子どもの教育及び英語教育に関する基礎的な知識や技能を身に付けている。
・教育課程の意義や編成,教育の方法や技術(情報機器の活用を含む。)についての理解をしている。

(3)指導内容の理解と実践力
・小学校・中学校・高等学校の各教科,特別支援教育の各領域を指導するために必要な内容についての理解を深め,学習指導方法の基本を身に付けている。
・学習環境の整備やアクティブ・ラーニングを取り入れた指導計画の立案や授業づくりを行うことができる。
・授業分析の基本を身に付け,教材研究を行いながら,学習指導や授業を構想することができる。

(4)子どもへの対応の理解
・子ども理解に基づいて,児童・生徒の指導と教育相談の理論及び実践的な方法について修得している。
・特別なニーズや,いじめ,不登校などの生徒指導上の課題への対応方法を理解している。
・道徳教育の理論及び指導法や特別活動の指導法について理解している。

(5)教職力量を自らひらく力
・実践的な教育活動に参画し,児童・生徒と積極的にコミュニケーションをとることができる。
・自らの学修を記録などに基づいて分析・省察し,将来への見通しや計画を立てることができる。
・チーム学校の構成員として,他者と協働して課題の解決に取り組むことができる。

■養護教諭養成課程

 豊かな教養と知性とともに,優れた教職能力をもって教育現場を担える養護教諭と認められる者として共通に必要とされる資質・能力について,次のとおり設定する。

(1)豊かな教養と広い視野
・人文,社会,自然,芸術,スポーツ等の学術的・実践的な基本知識・理解に加え,キャリア形成に向けた,ICTスキル,言語運用能力,コミュニケーション力,および論理的・批判的思考力からなる汎用基礎力を身に付けている。
・世界の多様性を理解し,異文化・多文化を受容できる寛容な態度を身に付けている。

(2)学校教育の基礎的理解
・教育の理念や教育に関する歴史及び思想,並びに教職の意義,教員の職務内容についての基礎的な理解ができている。
・子どもの心身の発達と学習の過程(特別な支援を必要とする子どもの心身の発達と学習の過程を含む。)についての基礎的な理解ができている。
・学校教育に関する制度や経営的事項,並びに学校安全,特別なニーズのある子どもの教育及び英語教育に関する基礎的な知識や技能を身に付けている。
・教育課程の意義や編成,教育の方法や技術(情報機器の活用を含む。)についての理解をしている。

(3)養護実践力
・養護の理念や思想,養護学,学校保健や学校安全に係る基礎理論・知識を学び,養護教諭の役割を明確に理解している。
・健康観察や健康診断の意義や方法,保健室の役割やその機能について理解している。
・子どもの心身の健康に関して,健康相談や救急処置に係る基礎的な知識・技能を身に付けている。

(4)子どもへの対応の理解
・子ども理解に基づいて,幼児・児童・生徒の指導と教育相談の理論及び実践的な方法について修得している。
・特別なニーズや,いじめ,不登校などの生徒指導上の課題への対応方法を理解している。
・道徳教育の理論及び指導法や特別活動の指導法について理解している。

(5)教職力量を自らひらく力
・実践的な教育活動に参画し,幼児・児童・生徒と積極的にコミュニケーションをとることができる。
・自らの学修を記録などに基づいて分析・省察し,将来への見通しや計画を立てることができる。
・チーム学校の構成員として,他者と協働して課題の解決に取り組むことができる。

■教育協働学科

 豊かな教養と知性とともに,教育的視点から学校・家庭・地域・社会と連携・協働することによって,グローバル時代における多様な課題の解決を図る人材と認められる者として共通に必要とされる資質・能力について,次のとおり設定する。

(1)豊かな教養と広い視野
・人文,社会,自然,芸術,スポーツ等の学術的・実践的な基本知識・理解に加え,キャリア形成に向けた,ICTスキル,言語運用能力,コミュニケーション力,および論理的・批判的思考力からなる汎用基礎力を身に付けている。
・世界の多様性を理解し,異文化・多文化を受容できる寛容な態度を身に付けている。

(2)教育理解
・社会や教育現場のグローバル化に対応し,学校や地域等と連携・協働しながら課題解決にあたる教育協働人材としての意欲や態度を身に付けている。
・教育の理念や歴史及び思想,子どもの発達と心理の理解,教育制度全般や学校の組織と役割の理解等の教育の基礎理論,及び学校安全に関する理解を含む教育についての基礎的知識を身に付けている。

(3)協働力
・他者と協働して問題を分析し,その課題を整理することができる。
・他者と協働して課題解決に向けてのプランを策定することができる。
・課題解決プランを他者と協働して実行するための実践力を身に付けている。

(4)専門的知識・技能
・所属する専攻・コースの分野に係る専門的知識・技能を備えている。
・専門的知識・技能を用いて,専門分野に関わる内容やその意義を社会に向けて的確に伝達,表現することができる。
・専門的知識・技能を主体的に活用し,行動することができる。

(5)教育協働実践力
教育的視点から学校・家庭・地域・社会と連携・協働することで,グローバル時代における多様な課題を解決するために実践的に行動できる。

大学院教育学研究科

 所定の単位を修得し,かつ必要な研究指導を受けることによって,教育現場で中核的な役割を担える人材と認められる者及び様々な職業分野で指導的役割を担える人材と認められる者で,学位論文審査及び最終試験に合格した者に学位として、「修士(教育学)」,「修士(学術)」,または「修士(芸術)」を授与します。
 また,教育現場で中核的な役割を担える人材と認められる者及び様々な職業分野で指導的役割を担える人材として必要とされる資質能力について,下記のとおり専攻ごとに分類しています。


□学校教育専攻、国語教育専攻、社会科教育専攻、数学教育専攻、理科教育専攻、英語教育専攻、家政教育専攻、音楽教育専攻、美術教育専攻、保健体育専攻、特別支援教育専攻、技術教育専攻、養護教育専攻、実践学校教育専攻

□取得できる学位:修士(教育学)

1.現代の教育的諸課題に応えうる高度な専門的知識と能力に基づく総合的教育実践力
2.学士課程で培った基礎能力を一層深め,各専門領域に関する理論と応用について、学校現場における教育活動に活かせる研究能力
3.修得したことを活かして、多様な教育的課題に協同的に対応できる能力


□健康科学専攻、総合基礎科学専攻、国際文化専攻

□取得できる学位:修士(学術)

1.社会における多様な現代的諸課題に応えうる高度な専門的知識と能力に基づく総合的実践力
2.学士課程で培った基礎能力を一層高め,専門的職業における社会・研究活動に活かせる研究能力
3.修得したことを活かして、社会において中核的役割を担い、多様な現代的課題解決のために協働できる能力


□芸術文化専攻

□取得できる学位:修士(芸術)

1.芸術文化における多様な現代的諸課題に応えうる高度な専門的知識と能力に基づく総合的実践力
2.学士課程で培った基礎能力を一層高め,専門的職業における社会・研究活動に活かせる研究能力
3.修得したことを活かして、芸術文化において中核的役割を担い、多様な現代的課題解決のために協働できる能力