Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学 twitter 大阪教育大学
運用担当部局:教務課教務企画係

大学院連合教職実践研究科

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

所定の単位を修得し,教職に関する実践的知識・技能を拡充するための省察や教育実践研究の方法論,同僚や他の教育関係者との協力や協働,学校における組織的活動の視点と方法を獲得するとともに,学校教育の制度や仕組み,教育課程,授業や教材、子どもの心理や発達と生活およびその多様性等に関する高度な専門的知識と実践的指導力を統合的に有する人材と認められた者に学位を授与する。

 

教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

学校教育の全体像を俯瞰できるような幅広い実践力や課題解決力や応用力を培い,教職に関する高度な専門的知識と実践的指導力を統合的に養成するため,カリキュラムは以下の科目で編成・実施します。

①高度な専門性を有する教員を養成するための基礎的素養を修得する研究科共通科目
②変化する教育環境に対応するために,様々な教育のあり方を俯瞰的な視点で把握するための体験的基盤を確立する学校実習科目
③各コースの特徴を踏まえ,その特徴を伸ばすことを目的とするコース科目
④自ら学校実践の現場における課題を設定し,研究科共通科目,コース科目,学校実習科目での学びと関連させながら学びを進め,最終的に実践課題研究報告書にまとめることを目的とする課題研究科目

①及び③の実施については,主体的・対話的で深い学びを提供する。具体的には,講義に加えて,グループワーク,発表,討論等の活動を取り入れる。さらに,必要に応じて,教職経験を活かした活動を導入する。②及び④に関しては,調査・計画・実施・評価及び改善のサイクルを繰り返すこと,それらの過程における同僚等とのコミュニケーションや協働を重視する。
また,成績評価については,試験・レポートのほか,グループワーク,発表,討論等の活動も重視する。

 

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

1.基本理念・目標
大学院連合教職実践研究科は,教育委員会や学校現場との密接な連携の下での教員養成や現職教員教育を通じて,教員志望学生や現職教員学生に学校現場での課題に即応できる実践的知識・技能を拡充させるための視点と方法を獲得させ,もって学校における高度の専門的な能力及び優れた資質を有する専門職としての人材の育成をめざしています。

2.求める学生像
・学校や地域が抱える教育課題の解決において指導的・中核的な役割を果たすために求められる高度で優れた実践力の獲得をめざす現職教員及び教育委員会関係者
・新しい学校づくりの担い手として自ら学び続けることで実践的指導力の獲得をめざす人

3.入学者選抜の基本方針
基本理念・目標等にふさわしい学生を受け入れるために,次の大学院入学者選抜を実施します。
(大学院入学者選抜)
・「小論文」では,教職に必要とされる読解力,思考力,文章表現力を特に評価します。
・「口述試験」において
学部卒学生等では,教員として学び続ける意欲,教職に関わる実践的な知識・技法,大学院での学修計画を特に評価します。
現職教員等では,教員として学び続ける意欲を持ち,自らの教員としてのキャリアと学修計画を関連づける思考力,判断力,表現力を特に評価します。
・「学修計画書」において
学部卒学生等では,学部での学修を踏まえ,教員として自らが身につけるべき資質・能力を明確にし,それを学校等における教育課題と関連づけた具体的な学修計画を特に評価します。
現職教員等では,所属する組織の課題を把握し,その解決のために教員として自らが高めるべき資質・能力を明確にしている学修計画を特に評価します。

4.入学前に学習しておくことが期待される内容
(学部卒学生等)
 ・大学卒業レベルと同等の基礎学力
 ・教職への基本的な知識・技能
(現職教員等) 
 ・教育全体や所属する組織の課題を理解し,課題解決をする力
 ・組織の一員として協働して取り組む力
 ・子ども一人ひとりを理解し,授業づくり,集団づくりを指導する力