•  
    令和2年度前期のインターネットを活用した授業の受講準備について
Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学 twitter 大阪教育大学
運用担当部局:教務課

令和2年度前期のインターネットを活用した授業の受講準備について

令和2年4月10日 大阪教育大学学務部教務課   

 大阪教育大学の令和2年度前期(第1/第2ターム)の授業は,4月20日(月)から開始し,インターネットを活用して行います。インターネットを活用した授業の受講にあたっては,以下の内容を熟読の上,各自で受講環境の準備を進めてください。

■インターネットを活用した授業は3種類あります。
①インターネットを活用した学習支援システムを利用して講義等をリアルタイム配信し,教室以外の場所において,パソコン等から受講します。教員と学生が互いに映像・音声等による質疑応答や意見交換を行うことができます。
②インターネットを活用した学習支援システムから配信されるスライド資料等を教材として学び,教室以外の場所において,パソコン等から受講します。課題提出や質問の受付及び回答,学生間の意見交換等もできます。
③電子メール等により送付されたスライド資料等を教材として学び,期限内に課された課題に対する成果物を提出します。質問の受付及び回答等もできます。
※上記①~③の内容は,履修する授業により異なりますが,どの形式にも対応するようにしておいてください。

■インターネットを活用した授業を受講するための準備は3つあります。
①端末
平成29年度以降に入学した学部学生は,入学時に用意したノートパソコンを使用してください。
大学院生,専攻科生,その他の学部学生においても,ノートパソコンやタブレット等,インターネットが使用できる端末を用意してください。
また、同時双方向型(リアルタイム)配信による授業を受講することが想定されるため,カメラやマイクなども用意しておいてください。
②インターネット通信
キャンパス以外の場所でインターネットに接続の上,受講してください。通信する容量は授業の形式により異なりますが,パケット使用量に応じた料金体系の下,インターネット契約をしている場合,利用料金が高額になる場合がありますので,あらかじめ契約内容をご確認の上,必要に応じて契約内容の見直しを行ってください。
なお,学生への配慮として,通信業者により通信容量の制限についての特別な無償提供がなされることがありますが,学習目的に有効に活用してください。
③学習支援システム(大阪教育大学 Moodle 2020 for Class)
「大阪教育大学 Moodle 2020 for Class」は,令和2年度に使用するシステムです。履修しようとする授業科目が「コース」として表示されているかどうか,利用マニュアルと併せて,あらかじめ確認しておいてください。
利用マニュアルは,「大阪教育大学Moodle3 for Portal」内のコース「インターネット授業の受講に関するマニュアル類」を参照してください。 

■初回の授業にあたって
初回の授業にあたって、どのように授業に参加していくか(いつからMoodleにアクセスできるか,など),授業担当教員からあらかじめ指示があります。
シラバス上に記載されている内容や授業担当教員から送信される電子メールにて確認してください。
なお,リアルタイム配信形式の授業は,あらかじめ設定されている時間割上の曜日時限で実施されます。

■留意事項
・インターネット授業の受講にあたっては、情報基盤センターが掲載している「学生のためのネットワーク利用ガイド」を必ず読んでください。
・授業で配信される文字、音声、静止画、動画等の情報を授業担当教員の承諾を得ずにSNSなどに投稿することは、法律に抵触します。コンピュータ又はネットワークの不正使用は懲戒処分の対象です。くれぐれも承諾を得ることなくSNSなどには投稿しないでください。
・インターネット授業は、自宅など勉学にふさわしい場所で受講してください。密閉空間、密集場所、密接場所の3つの条件が重なるような場所での受講は厳禁します。
・その他「学生生活案内」の注意喚起や懲戒の標準などの記載内容についても確認しておいてください。