Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学 twitter 大阪教育大学
運用担当部局:広報室広報係

学長対談「地域のためのアカデミア」(1/2)

*

「Think globally, act locally ―地球規模の視野で考え,地域視点で行動する」
そんな人材育成や研究の推進に力をいれている大阪教育大学と大阪市立大学。両学長が,大阪の特色や特性を活かした大学づくりについて,語り合いました。

 

栗林澄夫
大阪教育大学長

【略歴】
富山大学文理学部卒、大阪大学大学院文学研究科修士課程修了、文学修士。研究分野はドイツ近現代文学。平成16年4月から国立大学法人大阪教育大学理事・副学長、平成26年4月から学長に就任。昭和23年生まれ、69歳。

荒川哲男
大阪市立大学長

【略歴】
大阪市立大学医学部卒。大阪市立大学大学院医学研究科内科学専攻内科学第3課程修了、医学博士。大阪市立大学大学院医学研究科長兼医学部長を経て現職。昭和25年生まれ、67歳

 

グローバル社会における大学教育の課題

栗林 少子化により人口が減少する中で,日本という国をどう作っていくのかが問われています。また交通機関が発達して人々の往来が盛んになり,これまで国の中だけで考えていた様々なことが,グローバルに展開するようになりました。高等教育の在り方も,国全体で見直すべきだと言われています。こうした日本の人口減少,グローバル化ということも含めて,大学教育の課題などどのような思いを抱いておられますか。

荒川 グローバル化は確かに起こってきているので,どういう人材を育てるかというのが大きな課題です。ただ,英語を喋ることができればグローバル人材だと思っている学生もいますが,そうではない。英語は単なるツールです。また先生方の中には,英語だけが言語じゃないという意見もあります。確かにフランス文学をやるには,フランス語を学ばなければなりませんが,それは学問として勉強するもので,意味が違います。国際語,ツールとしての英語というものの存在を教える側も認識し,教えていくことが大事です。
 それを使ってグローバルに活躍できるかというのは,その人の人格形成によるところが大きいと思います。野球のダルビッシュ投手の言葉で印象に残っているものがあります。

*

0対0で競り合っていたある試合で,ショートのエラーによってランナーが二塁へ進みます。その後ヒットを打たれてそのランナーが生還し,試合に負けてしまいました。その時のインタビューで,「自分はショートの選手を救えなかった。だから悔しい」と言っていた。彼がヒットを打たれなければ,ショートのエラーは帳消しになったからです。僕が感じた彼のグローバルさというのは,チームを大事にして,自分よりもチームメイトのことを先に考えるところ。彼のように,世界に信頼されるような人材を育てる必要があると思います。
 そのためには,コミュニケーションが大事です。先日テレビ番組を見ていたら,東京と大阪の街頭で声をかけて,一緒に大縄跳びにチャレンジしてくれる人を探すという企画をやっていました。大阪では,知らない人たちがすぐに集まって,一緒に一つの目的に向けて行動できる。大阪という土地は,比較的にコミュニケーションを取ることが上手いという土壌があります。学生には,そういう土壌のある所で教育を受けることの意味を実感して欲しい。

栗林 コミュニケーション力をもって社会に対応していくことのできる人材を育成することが求められている。では,そうした学生を私たちは育てられているのかというと,なかなか課題が多いのが実情です。教育機関として,教育内容をどう組み立て,どう学生に伝えるか。荒川先生は,大阪市立大学の医学部ご出身で,医者として成長してこられたと思います。ご自身が受けてこられた教育プロセスで,これが有意義だったとか,こういう点を学校制度の中で解決していくべきじゃないかといったお考えがありましたらお聞かせください。

*

荒川 最近のアンケートで,「自分が役に立つと思わない」という自信のない回答をする高校生が,米中韓と比べて,日本で圧倒的に多いという結果が出ています。逆に,「自分が将来なんらかの形で社会の役に立つ」と答えた日本の高校生は,およそ3割しかいない。他の国では概ね8割程います。日本人特有の謙譲の美徳でそうなっているのかもしれませんが,必ずしもそれだけではない。原因の一つは,正解が1つしかない問題を解くのに専念しすぎていることではないでしょうか。正しい解答が見つからないと手を上げられないという環境が,自信の無さにつながっているのではないかと思います。
 医学部で育ってきて自分の中に残っているのは,やはり指導医から実践で教わったことです。一方的に聞く講義というのはほとんど印象に残っていません。その指導医は,時に食事をおごってくれて,悩みを聞いてくれたりするメンター的な存在でもありました。礼儀作法のような基本となることから見てくれて,間違ったら叱ってくれる兄のような存在でした。そういう人から受けた指導は,自分の形成にすごく役立っていると感じます。
 一方的な講義で知識だけを教えるという教育ではもう駄目です。正解のない問いに対して答えを導き出すというプロセスの中で,課題解決の思考が生まれてくる。議論しながら課題解決をしていくような教育をもっと広げていかないといけません。

栗林 自分で体験し,考え,人と触れ合い,コミュニケーション能力を身につけて,お互い意思疎通をする中で学ぶことが,自分の実になっていくと,私も実感しています。
 私が子どもだった時代は,自分の力で世の中を変えていこうという気概のある人が,それなりにいたと思います。でもいつの間にか,受験などを通して,マニュアル社会みたいになってしまった。学生がマニュアルに頼るのは,その方が簡単だからです。一方で,友達付き合いというものがマニュアルに頼れないこともわかっている。だから,世の中全体に対して消極的になっているのです。教育の役割は,そういう気持ちを解きほぐしてあげること。そして自分でやってみようという意欲を持つことが,自身の将来にも,日本の未来にもプラスなのだと教えることだと思います。

荒川 高度成長期の教育というのは,大量消費,大量生産をキーワードに,物事を早く正確に,マニュアル通りにこなすことを第一に掲げていました。そういった教育が,ある意味日本の成長を加速してきた側面があります。しかし今後,そういう作業は人口知能(AI)に取ってかわられ,人間の役割は違うところに置かれるようになる。
 人間にしかできないこととは,いくつも正解があるものから解答を見つけ出すこと。今は激動の社会ですから,想定外の状況を生き抜くことも大切で,マニュアルにこだわり過ぎたら自分の命を捨ててしまうことにもなりえる。いろんな正解がある中で,どれがベターなのかを積極的に選択し,ミスを恐れずリーダーシップを発揮する,そんなトレーニングが必要だと思います。

栗林 高度経済成長期ぐらいから,教育体制そのものを見直す必要があった。それに出遅れて,現在の状況があります。少子化が進むことに,国全体が恐れを抱いています。教育改革を行うことでそれをカバーしないといけない。

荒川 子どもたちに積極性をもたせるには,小さな成功を積み重ねていくことで自信をつけさせることが必要です。先ほどのアンケートにもあったように,他国と比べて高校生で自信のない人が多いのは成功体験が少ないからだと思います。
 親も,子どもに高いところを望みすぎて,否定で教育をしている部分があるように思います。ちょっとした成功でも喜んであげて,よくやったとほめてあげたら,自信に繋がるんじゃないでしょうか。家庭での教育と学校での教育とをシンクロさせて,子どもに自信をもたせるような教育を小さい頃からやっていく。そうすれば質問に手を上げようとか,世界で活躍しようとする積極性が戻ってくるのではないかと思います。

 

※掲載内容は取材当時(2018年1月)のものです。
※広報誌「TenYou ―天遊―」特別号掲載→本誌はこちら(PDF 4,725KB)
広報誌「TenYou ―天遊―」のページから、最新号・バックナンバーをご覧いただけます。