Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学 twitter 大阪教育大学
運用担当部局:広報室広報係

学長対談「子どもたちの未来のために」(1/2)

低迷していた全日本女子チームを アテネ、北京の2つのオリンピックへ導き、 全日本女子バレー復活請負人と呼ばれた柳本晶一氏。 監督時代に培った選手への指導法や 日本のスポーツ界が直面する課題について、 栗林澄夫学長が伺いました。

 

栗林澄夫
大阪教育大学長

【略歴】
富山大学文理学部卒、 大阪大学大学院文学研究科 修士課程修了、文学修士。 大阪教育大学理事・ 副学長を経て現職。 昭和23年生まれ、70歳。

柳本晶一
アテネ、北京オリンピック バレーボール全日本女子チーム監督 / 一般社団法人アスリートネットワーク理事長

【略歴】
大阪商業大学附属高等学校卒、全日本女子バレー代表監督として、平成16年5月開催のアテネオリンピック世界最終予選では 開幕6連勝を果たして2大会振りの出場権を獲得。同年8月開催のアテネオリンピックでは5位、さらに4年後の北京オリンピックでも 5位の成績を残すなど、全日本女子バレー復活に貢献した。平成22年には関西を拠点に五輪出場経験者らとともに 「一般社団法人アスリートネットワーク」を立ち上げ、トップアスリートの経験と感動を次世代に伝え、 スポーツの価値向上と将来の日本の希望を育む様々な活動を進めている。平成25年には、大阪市立桜宮高等学校の スポーツ指導刷新のために「桜宮高等学校改革担当」に就任し、専門的な見地から助言・指導にあたった。 昭和26年生まれ、67歳。

 

東京オリンピック・ パラリンピックを契機として

*

 

栗林 2020年の東京オリンピック・パラリンピックを迎えて、日本では若者が様々なスポーツの種目で活躍しています。さらに、大阪万博が2025年に開催することが決定するなど、日本の発展が期待できるビックイベントが続きます。

柳本 ラグビーワールドカップ2019日本大会、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会、ワールドマスターズゲームズ2021関西と、大規模な国際スポーツ大会が日本で連続して開催されますが、我々はこれを「ゴールデン・スポーツイヤーズ」と呼んでいます。

スポーツには「する、観る、支える」など様々な関わり方がありますが、スポーツの価値を発信することにより、スポーツに携わる人々のすそ野を拡大していくことは重要だと思います。私はオリンピックで選手、そして監督として、メダルに目標を定めて全力で戦いましたが、一生懸命努力したからといって必ず成果が出るとは限らない。そんな世界だからこそ価値があるのではないでしょうか。

栗林 成果が出ない時期を乗り越えて、目標や希望をもって取り組む姿勢がピュアな姿として感動を与えるのでしょうね。現在のオリンピックは、国や競技団体の威信をかけてプレーする側面もありますが、元々は選手が「好き」とか「挑戦する」といった純粋な気持ちで競技に取り組むことが動機だったのだと思います。我々が携わっている教育の分野では、目標や希望をもって取り組む学生をどのようにサポートしていくのかが課題になっています。

柳本  選手が自主的に何かにチャンレンジして壁にぶつかった時に知恵をしぼり、挫折してもまた這い上がっていく術を学ぶことは、バレーボールでも有効な一つのツールといえます。指導者が選手に寄り添ってサポート活動を行う、つまりプレイヤーズファーストでなければなりません。選手時代に経験してきたメンタルの部分を教え込む指導者は多くいますが、これは明らかに間違った指導法です。
 私は監督を約 30 年間務めましたが、「下手は絶対下手で終わることはない」という信念で指導してきました。子どもの伸びるスピードは十人十色で異なりますが、諦めずにトライすれば能力は必ず伸びます。指導者として必要なことは、選手が達成した瞬間を見逃さずに「できた、それだ!」と声を掛けて、その瞬間にケジメをつけてやることです。「今回できたから、次はこれができるよ」とか、不確定なことを言ってはいけません。私が現場にいた時は、選手が達成した瞬間を見逃したくなかったので、 30 年間ベンチに一度も座ったことはありませんでした。指導者が見逃した瞬間というのは、その子にとって一生に一回の瞬間なのです。現場ではそれぐらい、子どものことを真剣にみなければ伸びない。それができなかったら、指導者が仕事を半分放棄しているのと同じです。

栗林 グローバル化や少子高齢化など社会は急激に変化しています。その中で教育現場ではいじめ、不登校、人権といった問題が噴出していますが、時代の変化に応じた改革が遅れています。スポーツの最先端の場で長い間ご活躍されていますが、スポーツの分野では時代の変化に応じた改革は進んでいますか。

柳本 昔から中学や高校の部活動顧問は、スポーツに情熱を燃やして指導にあたることにより、優秀な選手をたくさん育て上げてきましたが、一方で部活動は顧問のプライベートの犠牲により成り立っているという側面もあります。部活動顧問にすべてを委ねるのではなく、子どもの様子に異変があるのか家庭でも見逃さないようチェックする必要があります。スポーツの世界ではこういった指導体制が変わらずに現在に至っていので、このあたりをしっかり考えなければなりません。東京オリンピック・パラリンピックを契機に、スポーツ界の様々な問題を精査して、改革に着手していく必要があります。

*

 

栗林 東京オリンピック・パラリンピックを契機としたスポーツ界の改革が新しい局面を生み出し、他の業界に波及していければ、我が国にとっても素晴らしいことですね。教育界でも、改革を推進していかなければなりません。世界に目を向けますと、戦後は政治的には旧ソビエトとアメリカを中心とする冷戦時代が長く続きました。2大勢力の均衡により世界経済は発展しましたが、多くの国は安定した世界情勢をみながら、この間に教育改革を行いました。私は学長に就任してから5年目を迎えますが、学校間接続の認識を持って対応できる教員の育成を念頭に、平成 27 年4月に私立大学との連合教職大学院を設置し、さらに平成 29 年4月に学部改組を行いました。諸外国における教育改革の時期と比べると遅いといえますが、漸く日本の先頭を走る改革の段階に至ってきたと感じています。

 

※掲載内容は取材当時(2018年12月)のものです。
※広報誌「TenYou ―天遊―」特別号掲載→本誌はこちら(PDF 4,057KB)
広報誌「TenYou ―天遊―」のページから、最新号・バックナンバーをご覧いただけます。