Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学 twitter 大阪教育大学
運用担当部局:広報室広報係

学長対談「Society 5.0 時代に対応した教員養成」(1/2)

*

AI、ビッグデータ、IOTといった 情報技術の急速な発展に伴う 社会構造の大きな変化の中で、 教師に求められる役割や 能力も変わっていきます。 これからの時代に対応した 教員養成系大学の在り方について、 大阪教育大学栗林学長と 日経BPの中野編集長が対談しました。

 

栗林澄夫
大阪教育大学長

【略歴】
富山大学文理学部卒、大阪大学大学院文学研究科修士課程修了、文学修士。大阪教育大学理事・副学長を経て現職。昭和23年生まれ、71歳。

中野淳
株式会社日経BP PCメディア編集部長
教育とICT Online 編集長

【略歴】
放送局の報道記者、電機メーカーのエンジニアを経て、1997年から日経BP。日経パソコン記者、同誌編集長、日経BPイノベーションICT研究所上席研究員、コンピュータ・ネットワーク局教育事業部長などを経て現職。昭和39年生まれ、55歳。

 

教育改革と教育情報化の重要性について

*

栗林 学習指導要領の改訂、高大接続改革及び大学改革など 10 年後、 20 年後の未来を見据 えた教育改革が進む中、学校や大学における教育情報化の重要性がさらに増しています。特に、学習指導要領の中で「情報活用能力」が学習の基盤となる資質・能力の一つとされ、各教科等の特質を生かしつつ、教科等横断的な視点から教育課程の編成を図ることと明記されたことはとても重要なことだと考えています。小学校ではプログラミング教育が必修化され高校でもプログラミングやネットワークの仕組みなどを学ぶ「情報Ⅰ」が必修化されますが、大阪教育大学でもICT基礎a・bなどの科目を設け、情報教育を重視しているところです。編集長として全国にわたって調査や取材をされる機会が多いと思いますが、教育情報化の重要性についてどのようにお考えでしょうか。

中野 記者として 20 年以上、ICT活用教育の 現場を取材してきました。その中でここ数年、ICT活用教育が大きく広がっていくのを感じています。ICTは、あくまでも教育のための「道具」ですが、先生方がうまく活用すれば、より質の高い授業、より分かりやすい授業を実現できます。また、教職員の校務の負荷を軽減して、子どもと向き合う時間を確保する上でもICTの活用は役に立ちます。

 新しい学習指導要領がうたっているように、これからの社会で必要な「情報活用能力」を子どもたちが身に付けることが、教育現場で大切なポイントになります。AI(人工知能)などの新しい技術によって、今後も社会はどんどん変わっていくでしょう。今後は、こうした変化を把握して、教育カリキュラムに反映することが、より重要になるのではないでしょうか。

栗林 本学の附属学校でも統合型校務支援システムの導入をはじめ、教員の仕事を合理化するための取り組みを進めているところです。同時にAIによって変わっていく社会に対する学びの必要性ということになりますが、子どもたちが学ぶだけではなくてそうした知見を持った人間が新しい世の中を作っていくのだという観点で、本年度の補正予算で「GIGAスクール構想」が予算化されるなど国を挙げて教育の情報化を推進しているわけですが、この点についてはどのようにお考えでしょうか。

中野 GIGAスクール構想は、学習の基盤になるICT環境を整備する上で非常に有効な取り組みだと思います。機器の整備と合わせて、それを先生方が使いこなすための知識やノウハウを身に付けることが重要なポイントです。
 AIに関しては、高等学校や大学などで誰もが学ぶようにしようという方針を国が打ち出しています。この際に難しいのは、「AIとは何で、教育現場では何を扱えばよいのか」という理解や議論が十分に進んでいない点です。私自身は、生徒や学生がAIについて実習型の授業を体験して、社会の課題をAIで解決するアイデアを議論できるようになるというのが、目標の1つだと考えています。
 2019年には実際に、いくつかの大学や附属中学校で、画像の機械学習ツールを使ってAIについて学ぶ体験型の授業を担当しました。附属中学校では、教室内で生徒が写真を撮って、その場で画像を判定するAIを育ててみました。こうした体験をすると、生徒や学生から、いろいろな課題をAIで解決するアイデアが出てきます。AIについて簡単に説明してこうした実習を行う程度なら、1〜2時間の授業時間でも実現できます。
 大学の場合は、こうした体験の上に、AIのツールを組み込んだプログラムを自分で作成したり、大量のデータを分析してみたりする授業カリキュラムを体系的に整備するのが理想です。

栗林 今ご指摘いただいたのは、AIのその識別力や認識力などを利用することによって人間の判断力をサポートできる、あるいはその長時間の作業を圧縮できるというような、積極的な意味で使えることをこれから学習のプロセスの中に入れていくべきだということだと思います。そういうポジティブなことは意味があると思いますが、ふと、映画「2001年宇宙の旅」の中で〝ハル〞というコンピューターが、人間の判断や指示に反するという場面が思い出されます。あの時代からすでに未来に対する警告の意味を示していたのではと考えるのですが、こういうネガティブな側面に関わって教育の中で何か対応を図っていくべき部分はありますか?

中野 学長がご指摘されたように、社会でのAI活用には負の側面があります。一つは、AIによる「判断の中身」がブラックボックスになりがちだという点です。犬と猫を判別するAIを育てることは簡単ですが、そのAIが内部でどのようにその判断をしているかは通常は分かりません。将来的に、人よりも精度の高い判断ができるAIはどんどん生まれてくるでしょう。例えば、「手術をすべきかどうか「どの薬を使うべきか」という判断をAIに委ねてよいのかは、社会の中で議論が必要でしょう。
 AIが人間の知性を超えて自律的に進化する「シンギュラリティ」と呼ばれる概念も話題になっています。こうした事象が発生する可能性や、発生する場合の時期については、専門家でも意見は分かれています。
 AIに関する教育では、こうした点についても取り扱い、生徒や学生が議論できるようにすべきだと思います。

*
 

※掲載内容は取材当時(2019年11月)のものです。
※広報誌「TenYou ―天遊―」特別号掲載→本誌はこちら(PDF 3,617KB)
広報誌「TenYou ―天遊―」のページから、最新号・バックナンバーをご覧いただけます。