Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学 twitter 大阪教育大学
運用担当部局:広報室広報係

学生座談会「どうして大教へ?- what brings you to OKU? -」 (1/3)

学生座談会「どうして大教へ?- what brings you to OKU? -」タイトル画像

学部生の8割近くが近畿圏出身の大教。そんな本学へ、遠く北海道、沖縄、エジプトから入学した3人に、大阪出身の学生が、大教を選んだ理由や今の学生生活について聞いてみました。

 

◆大城公人(おおしろ ひろと)
教養学科文化研究専攻日本・アジア言語文化コース3回生
出身:沖縄

◆菊谷優希(きくや ゆうき)
教育協働学科スポーツ科学専攻2回生
出身:北海道

◆ELKHALIGI FADWA(エルハリージ ファドワ)
学校教育教員養成課程中等教育専攻英語コース2回生
出身:エジプト

◆吉村駿汰(よしむら しゅんた)
学校教育教員養成課程数学教育専攻中学校コース4回生
出身:大阪

 

大阪教育大学(以下、大教)を選んだ理由

【吉村】 なぜ、大教を選んだのですか?

【大城】 大学は沖縄から出たい、都会に行きたいと思っていて、大阪か東京だなと。教育学部をめざしていたので、学力や受験倍率などを考えて大教に決めました。

【菊谷】 私は高校生の頃にハンドボールをやっていたので、女子ハンドボールの強豪校として大教を知っていました。国立大学で、しっかりスポーツを学べるところがいいと考え、第一志望を関東の大学、第二志望を大教にしました。

【吉村】 ファドワさんは、そもそもなぜ日本に?先生になりたくて、大教に来た?

【ファドワ】 エジプトの大学で日本語を専攻していました。3年生の時に京都の幼稚園で3か月インターンシップをしました。毎日子どもと遊んで、とても楽しかった。でも、いい先生になるにはもっと勉強しないといけないと気づきました。エジプトに戻って、日本で教育の勉強をしたいと思うようになり、留学を決意しました。インターンシップの間に日本各地に行き、関西が一番好きだと思いました。本当は、勉強あまり好きじゃないんですけど…でも、大教では教育に関係する授業が多いので80%楽しい。

【吉村】 80%なんだ!?エジプトにいる時は大教のこと知らなかったでしょ?

【ファドワ】 知らなかったです。実は大阪大学に教育学部があると勘違いしていて、ないと知った時はショックでした。でも、大教という西日本で一番大きな教師を育てる大学があると教えてもらいました。最初に大教に来た時は山で大変だと思ったけど、第一志望にしました。

【吉村】 大教と言えば「山」ですよね。あとのお二人は、初めて大教に来たのはいつですか?その時の印象は?

【大城】 入試の前日に下見に来たのが最初でした。大阪の大学だから都会だと思っていたので、びっくりしました。

【菊谷】 私もまったく一緒です。エスカレーターがあることも知らなった。試験前にお母さんと見に来て、山を登りながら「ここであってるよね…?」と不安になりました。

【吉村】 大阪の印象は?

【ファドワ】 にぎやかで、人が多い。エジプトみたい。大阪の人たちはとても優しい。私はすぐ道に迷いますが、東京では泣くまで誰も助けてくれないけど、大阪は泣く前に助けてくれる。

菊谷優希さん(北海道出身)

【菊谷】 私も温かい人が多い印象です。コテコテの関西弁の人ばかりかと思ったら、そんなことない。楽しませてくれる人が多いですね。

【吉村】 北海道と違うところは?

【菊谷】 やっぱり気候ですかね。雪もないし、冬はすごく楽です。夏は大阪の方が暑いですが、北海道でも30度を超えたりして結構暑いので、大きな違いは感じません。

【吉村】 これで楽かー…。沖縄は?

【大城】 私は反対に冬が辛いです。こっちは本当に寒いですね…。沖縄の夏は、カラッとしているので、大阪の方が暑く感じます。

【ファドワ】 エジプトはずっと暑いというイメージがあると思うけど、暑い時期と寒い時期があります。日本と比べ、夏は気温は高いですが湿度が低く過ごしやすい。冬は日本より湿度が高い。日本の冬は本当に乾燥し過ぎです。
 

 

※掲載内容は取材当時(2019年1月)のものです。
※広報誌「TenYou ―天遊―」特別号掲載→本誌はこちら(PDF4,057KB)
※広報誌「天遊」の最新号・バックナンバーはこちら