Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学 twitter 大阪教育大学
運用担当部局:広報室広報係

学生座談会「どうして大教へ?- what brings you to OKU? -」 (3/3)

学部生の8割近くが近畿圏出身の大教。そんな本学へ、遠く北海道、沖縄、エジプトから入学した3人に、大阪出身の学生が、大教を選んだ理由や今の学生生活について聞いてみました。

 

大阪で始めたこと

【吉村】 大阪に来て、大学生になって始めたことってありますか?

【大城】 2年生の後期から、大学の交換留学制度で台湾に行きました。大学で中国語の勉強を始めて、意外と面白かったので留学してみようと。沖縄に近く、治安も良さそうだったので、台湾にしました。

【吉村】 また治安…何をそんな恐れているの(笑)。台湾ではホームシックにならなかった?

【大城】 全然ならなかったです。

【吉村】 なんでよ!

【大城】 気候とかが沖縄に似ているからですかね…。

座談会の様子1

【ファドワ】 私は、子どもと関わるボランティアやバイトをしています。子ども向けの料理教室や英会話教室をやっています。子どもから生の関西弁を聞くと勉強になるし、一人一人性格が違う子どもとたくさん触れ合うことでいい教師になれるかなと思っています。でもいい先生になれるかはわからない…。

【吉村】 なれるよ!そういう経験は生きてくる。教師になったら、1クラス40人とか、たくさんいる子どもたち全員のことを考えないといけない。いろんな子どもと関わる経験を積んでいれば、あの時のあの子に似ているなって対応しやすくなる。

【菊谷】 私は、去年ハーフマラソンに挑戦しました。北海道だと11月から4月ごろまで雪が降るので、冬は外で走れない。大阪は年中走ることができていいですね。

【吉村】 皆いろいろやっていてすごい。私は一人暮らしを始めたら、新しいことをやる余裕なんてないような気がします。でも、逆に一人暮らしだからいろんなことやってみようと思うのか、それとも大阪に来てやってみたくなったのか。その辺りどうですか?

【大城】 私が留学したのは、中国語を教えてくれた先生がとても面白かったのと、同じように沖縄出身で台湾に留学した先輩の影響を受けたから。大教に来たからこそ挑戦できたと思います。

【菊谷】 最初の一年は生活することで精いっぱいでしたが、慣れてきたら、やりたいことがどんどん出てくるようになりました。

これからのこと

座談会の様子2

【吉村】 これからどんな学生生活を過ごしたいですか?将来は教員志望ですか?

【ファドワ】 私はあまり頑張り過ぎずに、少しだけ頑張る性格なので、これからもそれを続けたい。今の自分に満足している。本当に成長したと思う。将来も日本に住みたくて、だから日本で仕事をしたい。そのために、まず大学院に行きたいです。その後、日本で教員になりたい。

【菊谷】 1回生は生活に慣れることで手一杯だったけど、2回生はもう少し時間を有効に使えたなと後悔しています。3回生は勉強したいというか、いろんなことをやって見聞を広げたい。私は教員ではなく、スポーツ関連の会社に就職したいと思っています。できれば大阪とか東京がいいですが、場所で選ぶというよりは、行きたい会社がどこにあるかだと思っています。

【大城】 私は教員になるか企業に就職するかまだ迷っています。教員になるなら、沖縄に帰ります。今後は、本をもっと読みたいと思っています。学生の間にやった方がいいことってありますか?

【吉村】 学校教員になるなら、とにかくいろんなことをやってみることかな。教壇に立って子どもたちに話すことは、実体験が元になるから、引き出しがたくさんあれば、それだけいろいろ話せる。菊谷さんは教員になりたいと思うことはない?

【菊谷】 ちょっと思います。教育関係の授業を受ける中で、今までスポーツばかりで、教育について考えたことがなかったと気づきました。昔から、教員に向いていると周りからは言われていて、自分ではそう思っていなかったのですが、学んでみると面白いなと感じています。

後悔はない!

【吉村】 一人暮らしをする勇気がない人に、励ましの言葉をかけるとしたら? また、そんな受験生に、大教をおススメするとしたら?そもそも、大教に来たことを後悔してない?

【菊谷】 第一志望に落ちて大教に来ましたが、むしろ良かったと思っています。大教に来なかった自分は想像できない。私の所属する教育協働学科は、文系・理系・芸術・スポーツといろんな専攻があります。違う専攻の人たちと一緒に授業を受けることもあり、それぞれの知識を持ち寄って話し合ったりするのが面白いです。それに、大阪の人は温かくて、助けてくれるので大丈夫。目標をもって、頑張ってください。

【大城】 困っても家族を頼ればなんとかなるので、そんなに心配しなくてもいいんじゃないかと。最初1か月は本当に不安だったけど、時間が解決してくれます。大教は、教育大学だけど、総合大学に近いと感じています。私が今学んでいることは、教育学部というより文学部のような内容ですし、他にもたくさんの専攻があるところがいい。立地だけは少し後悔していますが、ここでいい先生に出会わなければ留学もしなかったし、良かったなと思います。

【ファドワ】 ここに来て良かった。楽しい。後悔は、全然ない。一人暮らしが不安な人には、失敗してもいいと言いたい。失敗しても怖くない。私は何回も失敗したからこそ、いろんなことができるようになった。1年たてば全部できるようになる。あとは、勉強も大事だけど、息抜きとか、あんまり頑張り過ぎないことも大事。

【吉村】 上手くバランスを取るということですね。

【ファドワ】 そうです。それと私の周りは、皆先生になりたいという同じ夢を持っています。そういう人といることはモチベーションになります。他の大学に行って、一人で教員免許を取ろうとしていたら、こんなに楽しくないと思います。

【吉村】 それは、間違いないと思います。教員をめざすのであれば、大教ほど適しているところはないんじゃないかな。最初は教員志望でなくても、菊谷さんのように、いろいろ学んでいるうちに教員もいいなと思うかもしれない。迷っている人にも、迷うために来たらと言いたいです。

座談会の様子3
 

※掲載内容は取材当時(2019年1月)のものです。
※広報誌「TenYou ―天遊―」特別号掲載→本誌はこちら(PDF4,057KB)
※広報誌「天遊」の最新号・バックナンバーはこちら