•  
    平成30年度学部一般入試〈前期〉における試験問題の検証結果について
Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学 twitter 大阪教育大学
運用担当部局:広報室広報係

平成30年度学部一般入試〈前期〉における試験問題の検証結果について

受験生ならびに関係者の皆様へ

 平成30年2月25日(日)に実施した学部一般入試〈前期〉の「物理基礎・物理」の試験問題において、試験終了後に本学問題作成委員から問題「II の問2」に前提条件が不足しているのではないかと指摘がありました。問題作成委員会で26日(月)に具体的な検証を行った結果、その条件は教科書レベルの学習内容で容易に想定されるものであり、予測して解答することは可能と判断しました。
 また、採点において「II の問2」の全ての解答を精査した結果、想定外の条件を設定した解答は見られず、受験生は条件不足によって解答を左右されることがなかったと判断しました。条件不足に起因する連鎖解答もみられませんでした。従って、受験生の資質を測ることができる問題であると判断しました。

○不足していた条件
問2ではコンデンサーが充電を完了するまでの仕事を問うているが、前提条件として「コンデンサーには最初電荷が蓄えられていないものとする。」との表現が欠けていた。

 
 

平成30年2月26日
大阪教育大学