•  
  •  
  •  
    「アフガニスタン教員養成支援事業-教育を通じた国際貢献」による短期研修を実施
携帯ウェブサイト
運用担当部局:広報室広報係

「アフガニスタン教員養成支援事業-教育を通じた国際貢献」による短期研修を実施

 本学では,今年度も国際貢献の一環として,交流協定締結校の一つであるアフガニスタン・イスラム共和国のカブール教育大学の講師1名の研修を行いました。  
 今回の研修は,3月に採用されたばかりのFahima Ibrahimkhil(ファヒマ イブラヒムカヒル)講師(視覚障がい教育)を対象に,平成23年11月14日から12月10日までの約1ヶ月間にわたって,国際センターと特別支援教育講座の連携のもとに実施しました。
 カブール教育大学特別支援教育学科では,これまでの7名のスタッフに加えて,3月には4名の講師が新たに採用され,視覚障がいコース・聴覚障がいコースに加えて,知的障がいコースが新設されました。
 研修プログラムでは,視覚障がい教育に関する講義や大学院特別支援教育専攻学生ゼミの参加,本学で学ぶ障がい学生との交流,大阪府市内の視覚障がい者を教育する特別支援学校や視覚障がい児童生徒が学んでいる通常学校の見学,附属池田小学校で行われたJICA研修(アフリカ地域教師教育)の見学を行いました。
 また,12月7日にはファヒマ講師が今回の研修で学んだことを帰国後,どのように活かしていくのかをまとめたアクションプランの報告会を実施しました。

視覚障がい教育に関する講義受講の様子
報告会での発表の様子

(国際センター・特別支援教育講座)