携帯ウェブサイト
運用担当部局:広報室

平成23年度「普通救命講習会」の全日程が終了

 5月から柏原キャンパス,天王寺キャンパス及び附属学校園で実施してきた平成23年度「普通救命講習会」が,12月14日をもって終了しました。
 同講習会では,柏原羽曳野藤井寺消防組合から応急手当普及員の認定を受けた本学の教職員により,応急手当と救命処置の大切さ及び必要性について説明がされた後,人形を使って「人工呼吸と心肺蘇生法」,「AED(自動体外式除細動器)使用の手順」の実践練習を行いました。学校現場や日常における事故や災害,疾病に的確,迅速に対応できるようにと,真剣に講習に取り組んでいました。
 受講者は,学生・大学院生271人,保護者・教職員243人,附属学校生徒113人の合計627人で,後日同消防組合から「普通救命講習修了証」が交付されました。
 (応急手当普及員による普通救命講習会とは別に,各附属学校園では地域を所管する消防組合の協力のもと救命講習を実施し,238人の保護者・教職員が講習を修了しました)

*

 

(総務課)