携帯ウェブサイト
運用担当部局:広報室広報係

男女共同参画推進キャッチコピー作品表彰式を実施

 「男女共同参画推進キャッチコピー作品表彰式」を1月23日(水),柏原キャンパスで実施しました。
 受賞したのは,最優秀賞(1作品)「△(参画)するのに□(資格)はいらない。」(教員養成課程国語教育専攻 森永侑樹さん制作),優秀賞(1作品)「あたりまえってなに?しかたがないでいいの?」(教養学科数理科学専攻 佐藤圭一さん制作)。
 男女共同参画推進会議が,本学で男女共同参画を推進するための親しみやすい「キャッチコピー」を募集していたもので,34の応募作品の中から選ばれました。
 表彰式には,長尾彰夫学長,若井祐次理事(事務局長),鈴木真由子学長補佐(男女共同参画推進担当)らが同席しました。賞状を手渡した長尾学長は,最優秀作品の森永さんに「洒落の効いたよい作品ですね」と声をかけました。
 森永さんは「国語研究のことば遊びの授業で,ことばを使って表現する学習をしています。“参画(さんかく)”をテーマに何か創り上げたいと思い,何回か声に出して読んでみたら,図形の三角と四角に結びつきました」と喜びを語りました。また,佐藤さんは「人権問題に関心があり,男女の“あたりまえ”に疑問をもっていました。そのコンセプトを2段構成のキャッチコピーにしてみました」と話しています。

表彰式の様子
森永さん(左)と佐藤さん(右)

[右写真]最優秀賞の森永さん(左)と優秀賞の佐藤さん(右)

(総務企画課)