携帯ウェブサイト
運用担当部局:広報室広報係

ドイツ・ライプツィヒ大学教育学部と学術交流協定を締結

 本学は,ドイツ連邦共和国のライプツィヒ大学教育学部と学術交流に関する協定を締結しました。同大学のバーバラ・ドリンク(Barbara Drinck)教授が3月11日(月),協定書を携えて本学を訪れ,長尾学長が署名しました。
 ライプツィヒ大学は,ドイツ東部のザクセン州に位置し,1409年に創設され,600年以上の歴史と伝統を有しています。14の学部(神学部,法学部,教育学部,歴史学・芸術学・東洋学部,文学部,社会科学・哲学部,経済学部,スポーツ学部,医学部,数学・情報科学部,生物学・薬学・心理学部,物理学・地球科学部,化学・鉱物学部,獣医学部)から構成され,学生数約25,000人を擁する総合大学です。
 このなかで本学は教育学部と学術交流協定を結び,授業研究,教員養成,学校づくりの3つのテーマに関する理論的かつ実践的な日独比較研究を行うこととなりました。いずれも重要な研究テーマであり,今後の成果が期待されます。

集合写真
*

(学校教育講座,国際センター)