携帯ウェブサイト
運用担当部局:広報室広報係

「国立大学改革強化推進事業 活動状況学内報告会」を開催

 「国立大学改革強化推進事業 活動状況学内報告会」を3月14日(金),共通講義棟A-307講義室で開催しました。同報告会は,平成24年度から措置された国立大学改革強化推進事業の採択を受けて開始した取組みの現状と課題について,学内で共有することを目的としています。
 当日は,栗林澄夫理事・副学長(大学改革強化推進事業実施委員会委員長)による挨拶の後,9つのプロジェクトの活動状況について報告され,教育実習におけるパフォーマンス評価の導入やIRなどプロジェクトに関する熱心な質疑応答が行われました。
 参加者からは「各プロジェクトの概要を理解することができた」「ディスカッションも具体的な内容で非常に有益だった」などの声が聞かれ,本学が教員養成機能の充実・高度化に取り組んでいくという共通認識を深めるうえで大変有意義なものとなりました。

栗林澄夫理事・副学長

[写真]開会挨拶をする栗林澄夫理事・副学長(大学改革強化推進事業実施委員会委員長)

実施事業

理科離れ克服の科学・ものづくり教育の推進

安全・防災教育のプログラム開発

教職基礎体力を備え国際感覚に優れた教員の養成充実に向けた改革

学生の学習成果の調査,分析,改善プログラム共同開発

新しい学力観に則った「人材育成アセスメント」方法の開拓

大学・教育委員会連携によるスクールリーダー育成支援

大学院教育課程開発のためのシステム開発

博士人材向け教員能力開発プログラムの研究開発

省察力と同僚性の育成を核にした初任期教員育成支援プログラムの開発

(大学改革強化推進室)