携帯ウェブサイト
運用担当部局:広報室広報係

本学職員が関西実業団陸上競技選手権で3位入賞

 本学職員の田原紘樹さんが,第59回関西実業団陸上競技選手権(5月22日~5月24日 於ヤンマースタジアム長居)にて,やり投種目(0.800kg)に『大阪教育大学職員』として出場し,70m14の記録で3位入賞を果たしました。この結果により,9月25日(金)から27日(日)の期間に岐阜県で開催される,第63回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会(主催:毎日新聞社)への出場が決定しました。
 田原さんは本学大学院を卒業後,入試課職員として勤務しながら,部員1人のやり投選手として競技生活を送っています。業務終了後は柏原キャンパスグラウンドで陸上競技部の学生にアドバイスをしながらトレーニングに励んでおり,「学生時代と比べて練習量が減った分,より集中して一つひとつの動きに気を配りながらメニューをこなしています。今回の成績も,質の高い練習の積み重ねにより,実を結んだと思います。学生たちも良い成績を出しているので,それもいい刺激になっています」と語りました。
 今後の目標については,「今シーズン前半は肘のけがで苦しみ,日本選手権も出場できませんでしたが,秋のシーズンに向けてもう一度自分自身の身体と投擲技術に向き合い,秋の全日本実業団選手権や国体で上位入賞を狙ってがんばりたいと思います」と抱負を述べました。

*
*

[左写真]3位入賞で表彰台に立つ田原紘樹さん(右)
[右写真]成績報告のため,栗林澄夫学長を表敬訪問

(広報室)