携帯ウェブサイト
運用担当部局:広報室広報係

水泳部4選手が小学校で模範泳を披露

 本学体育会水上競技部(以下「水泳部」)のトップスイマー4選手が約50年ぶりに大改修し,リニューアルされた伊丹市立天神川小学校のプール改修工事・プール開き記念セレモニーで,小学6年生約130人の前で模範泳を披露し,小学生と交流を行いました。
 泳いだのは,昨年の日本学生選手権水泳競技大会や4月のジャパンオープンで活躍した小林奈央さん(4回生),大山佳祐さん(4回生),渡邊有希子さん(3回生),寺田直史さん(3回生)の4選手。得意種目をメドレーリレーで子供たちに披露させた後,小学生チーム(25m×2人=計50m)と大学生チーム(25m×4人=計100m)でリレー対決しました。結果は小学生チームが勝利しましたが,大学生チームもトップスイマーらしい力強い泳ぎで追いかけました。
 続いて,けのびやバタ足など水泳の基本動作について指導したり,一緒に自由に遊んだりして,子どもたちとの触れ合いも行いました。
 選手たちは「真剣に聞いてくれて嬉しかった」「純粋に水泳に取り組む姿勢を思い出させてくれた」「楽しく,水に慣れ親しんでほしい」とコメントしました。本学水泳部OBで同小の臼井正史(うすいまさふみ)教頭からは,「見本を見て勉強になっただけでなく,リレー競争や遊びなどで選手と触れ合ったことで子供たちの心に残る一日になった」と感謝の言葉を頂きました。

*
*
*
*

[左上写真]臼井教頭から子供たちに紹介される4選手
[右上写真]模範泳を披露する選手
[左下写真]小学生チームと大学生チームとのリレー対決
[右下写真]水泳指導の様子

(広報室)