携帯ウェブサイト
運用担当部局:広報室広報係

「男女共同参画推進」をテーマに,平成27年度教職員セミナーを開催

 「男女共同参画推進」をテーマに,平成27年度教職員セミナーを6月24日(水)に柏原キャンパスで開催し,教職員,学生あわせて約70人が参加しました。
 中西正人理事の挨拶の後,「平成26年度大阪教育大学男女共同参画推進助成」報告として,小崎恭弘准教授が「父親の子育てを支える社会システムの検証」,鈴木真由子教授が「大阪における『子育て支援ガイドブック』の提案」,馬暁華准教授が「ジェンダーの視点から見るグローバル女性人材の育成」のテーマで研究成果を発表しました。
 また今回は,本学学生サービス課職員の太平満恵氏が,「イクメン・イクボス養成プロジェクト~くるみんマーク*をもつ学校を目指して」と題して,本学男性職員の育児参加推進のための取り組みを報告しました。
 さらに,男女共同参画に関わる民間企業の取り組み事例として,2012年にくるみん認定を取得した株式会社ワコールから,ダイバーシティ推進課の松山かほり氏が「ワコールのダイバーシティ推進と『くるみん』認定への取り組み紹介」と題して講演を行いました。女性社員が85%を占めるワコールでは,育児・介護など,社員のライフスタイルの変化に対応するワークライフバランスの実現と,働き続ける社員の育成・キャリアサポートをダイバーシティ(人材多様化)推進の2本柱に据えています。その具体的施策がくるみん認定の取得で,このような一連の取り組みが顧客女性の共感を呼び,ビジネスにおける競争優位性につながることを強調しました。
 本学は今後も,男女共同参画の推進を通して,多様な人材を活用する大学づくりを進めていきます。

*…くるみんマークは,厚生労働大臣から「子育てサポート企業」として認定を受けた企業だけが使用できるマークです。認定には,計画期間において,女性従業員の育児休業等取得率が75%以上であること,男性従業員のうち育児休業等を取得した者が1人以上いること,などの基準を満たしていることが求められます。本学も現在認定に向けて申請中で,男性教員1人,男性職員1人が育児休暇を取得済です。

*
*

[左写真]株式会社ワコール ダイバーシティ推進課の松山かほり氏
[右写真]講演の様子

(広報室)