携帯ウェブサイト
運用担当部局:広報室広報係

学生がキューピッドに!入試広報の新プロジェクトがスタート

 学生が愛のキューピッドとなり,本学と母校を結びつける新プロジェクト「大教大キューピッド」がスタートしました。同プロジェクトでは,学生が母校に凱旋し,自身の学生生活を紹介したり,大学体験イベントで高校生と交流したりするなど,学生が主役となって入試広報活動を展開します。
 100人を超える学生の応募があり,6月1日(水)の説明会にはそのうちの31人が参加して,概要説明に熱心にメモをとっていました。プロジェクトを統括する広報担当の中西正人理事は,「多くの受験生に本学の魅力を広めるために,こんなにも熱意ある学生が志願してくれてうれしい。高校生とふれあい,つながるとともに,皆さん自身の人間力を高めるためのツールにしてほしい」と呼びかけました。また,推進役の恩知忠司教授は,「大学の最大の魅力は学生。ぜひ皆さんの若い力で,次世代人材を育成するプログラムをつくり上げてほしい」とエールを送りました。
 同説明会では,参加学生を「大教大キューピッド」に任命する任命書も授与され,代表して中西理事から証書を受け取った朝比奈紀子さん(人間科学専攻1回生)は,「緑に囲まれ,個性豊かな学生たちが行き交うキャンパスの魅力を後輩たちに伝えたい」と意気込みを語っていました。

*

[写真]「大教大キューピッド」に任命された学生たち

(広報室)