携帯ウェブサイト
運用担当部局:広報室広報係

小学生1200人を招きオーケストラコンサートを実施

 大阪市立大淀小学校,上福島小学校,鷺洲小学校の児童約1200人を招き,「大阪教育大学ジョイフルコンサート」を開催しました。子どもたちが心から音楽を楽しむ機会を提供するため,教育協働学科芸術表現専攻音楽コース及び教養学科芸術専攻音楽コースの学生らによるオーケストラコンサートに無料招待しました。
 コンサートでは,G.ビゼー『カルメン前奏曲』やチャイコフスキー『くるみ割り人形』など,多くの子どもたちが一度は聞いたことのあるクラシックの名曲を披露。楽器紹介のコーナーもあり,金管楽器,木管楽器,打楽器,弦楽器のグループごとに楽器を説明した後,演奏を披露しました。人気ゲームやアニメ映画の曲が演奏されると,子どもたちは手拍子したり一緒に歌ったりと大いに盛り上がりました。さらに,子どもたちが事前に学校で練習してきた杉本竜一『believe』をオーケストラの伴奏で合唱し,1200人の歌声がホールに響きわたりました。最後は,ソーラン節や八木節といった日本の民謡を素材とし和太鼓など日本の打楽器が登場する,外山雄三『管弦楽のためのラプソディー』が演奏されました。
 子どもたちは「オーケストラと一緒に合唱できてよかった」「楽器紹介のゲームの曲が楽しかった」などと笑顔で感想を話しました。主催した芸術表現講座の中務晴之教授は「この催しは大阪市教育委員会とザ・シンフォニーホールの協力を得て,今回初めて実現しました。当日夜には恒例のサマーコンサートも開催し,学生たちは演奏だけでなく,会場設営や児童の誘導など,本当によくやってくれました。音楽表現コースでは,他の音楽大学などではできない事前授業も含めたトータルな鑑賞会を実施し,日本一の音響を誇るホールでオーケストラの魅力を体感してもらうことで,今後も子どもたちに夢を与えていきたいと考えています」と話しました。

【曲目】
G.ビゼー/カルメン前奏曲
P.チャイコフスキー/『くるみ割り人形』より行進曲,トレパーク,花のワルツ
杉本竜一/believe
B,クログスタンド編曲/アナと雪の女王メドレー
外山雄三/管弦楽のためのラプソディー
ジャック・オッフェンバック/天国と地獄    ほか

入場する児童の様子
弦楽器紹介の様子
オーケストラと児童の合唱の様子
*

(広報室)