携帯ウェブサイト
運用担当部局:広報室広報係

男子バスケ部が初の1部昇格

 男子バスケットボール部が11月12日(日)に開催された関西学生バスケットボール入替戦に勝利し,創部以来初めてとなる1部昇格を果たしました。
 2部リーグは全10チームで争われ,1位が自動昇格し,2位・3位は1部リーグの9位・8位チームと入替戦を行います。2部リーグ3位に踏みとどまった同部は,1部リーグ8位の天理大学と戦い,2勝1敗(63-47,67-69,83-72)で勝利をつかみました。
 リーグ前半は勝ち星に恵まれず,苦しい時期を過ごしたというキャプテンの北代一貴さん(きただい かずき,教養学科スポーツ専攻4回生)は,「ギリギリのところでチームがまとまり,35人が一丸となって戦うことができた。前半最後の芦屋大学戦で勝つことができて,踏みとどまれた。そこがターニングポイントだった」と振り返りました。来シーズンに向けては,「大教らしさを忘れずに戦ってほしい。残留をめざすのではなく,5位以内に入ってインカレ出場をめざしてほしい」と後輩に夢を託しました。チームを引っ張ってきた土屋時生さん(つちや ときお,教養学科芸術専攻4回生)は,「何度か入れ替え戦に挑んだが,そのたびに悔しい思いをしてきた。自分の代で達成できてうれしい」と喜び,新チームには「戦いのレベルは上がるが,勝負できるところもある。自分たちのバスケをやってほしい」とエールを送りました。

*
*

(広報室)