Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学 twitter 大阪教育大学
運用担当部局:広報室広報係

子どもと楽しめるコンサート「親子で楽しくクラシック」を開催

 子どもと一緒に楽しめるクラシックコンサート「親子で楽しくクラシック」を5月3日(木・祝),ザ・シンフォニーホールで開催しました。
 これは,本学と同ホールによる産学連携プロジェクトの一環として行われたものです。指揮にテレビでも人気の青島広志さんを迎え,プロ演奏家として活躍する本学卒業生を中心に構成する大阪教育大学スパーク・アビリティオーケストラが演奏しました。
 第1部は,チャイコフスキー作曲のバレエ『白鳥の湖』から7曲を厳選。演奏するオーケストラの前で,バレエダンサーが華麗な踊りを披露しました。曲の合間には,青島さんと野間バレエ団副団長の野間景さんが,曲の場面や振り付けの意味を子どもにもわかるよう易しい言葉で解説し,観客と一緒に手振りをやってみるなどして,バレエの楽しみ方を伝えました。
 第2部はモーツァルト作曲のオペラ『魔笛』を演奏しました。ソリストとして本学卒業生のほか,青島さんの作品にも数多く出演するテノール歌手の小野勉さんらが出演し,青島さん自身も登場人物の一人を演じました。第1部とは打って変わって途中に解説を入れず,『魔笛』の名場面を凝縮したダイジェストストーリーを展開。コミカルな演技には会場から何度も笑い声が起こりました。
 鑑賞した小学5年生の児童は,「いろんな楽器をたくさんの人が演奏していて、音が大きくてすごかった。青島先生の解説も面白かった」と感想を話しました。別の観客は「普通のクラシックコンサートに子どもを連れていくのは気が引けるが,このコンサートは堂々と一緒に鑑賞できるのでありがたい。また開催してほしい」と笑顔で語りました。
 本学芸術表現講座の神代修教授は,「頑張っている卒業生を応援したいとの思いから,今回のコンサートを計画しました。本当に幅広い世代が集結してくれて,ザ・シンフォニーホールさんにも全面的にご協力いただいたおかげで,大成功を収めることができました。これからも良質な音楽をお届けできるよう,全力で取り組んでいきたいです」と喜びを語りました。

オーケストラ演奏の様子
オーケストラの前で踊るバレエダンサー
『魔笛』の様子

(広報室)