Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学 twitter 大阪教育大学
運用担当部局:広報室広報係

山の日PRイベントに「やまお」と大教大ブースが参加

 林野庁・環境省が主催する山の日PRイベント「七夕企画 山に親しみ 星に願いを2019」が,近畿中国森林管理局で7月7日(日)に開催され,およそ200人が訪れました。本学からは公式キャラクターの「やまお」が登場し,来場者との記念撮影で会場を盛り上げ,本学教員と学生らによる大教大ブースでは子ども向けのワークショップを行いました。
 理科教育講座の生田享介准教授,理数情報講座の乾陽子准教授率いる学生らのグループであるDIT(大教生き物チーム)のブースでは,モリチャバネゴキブリやワラジムシの観察や,実際に触れる体験に子どもたちが歓声を上げて楽しみました。美術教育講座の加藤可奈衛教授,渡邉美香准教授,青木宏子特任准教授と学生らのブースでは,七夕にちなんだ星のオーナメントづくりを行い,世界にたったひとつの作品を作ろうと子どもだけでなく大人も真剣に製作している様子が見られました。
 そのほかにも,ドングリや松ぼっくりなどの球果の展示や,竹ぽっくり製作など,楽しみながら学んで山に親しむための様々なコーナーが用意されました。スタンプラリーも実施され,各ブースを体験してスタンプを集めた子どもたちには,木でつくられた山の日記念メダルがプレゼントされました。
 参加者からは,「大阪教育大学ではこんな研究や取り組みをされているんですね」「学生さんが丁寧に説明して下さり,子どもたちにとって普段できない体験ができ勉強になった」との感想をはじめ「やまおを初めて知った。応援したい」との声も寄せられました。

大教大ブースの様子
山の虫たちに実際に触れてみる
山の日記念メダルをもらって記念撮影

(広報室)