Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学 twitter 大阪教育大学
運用担当部局:広報室広報係

業務効率化に向けた業務のロボット(RPA)化研修会を開催

 業務のロボット(RPA)化研修会を8月23日(金)に柏原キャンパスで開催し,教職員46人が参加しました。
 この研修会は,本学が,業務効率化の一つとして導入を決定している,パソコンを利用する事務処理のロボット化推進の本格導入に先立って行われたもので,UiPath株式会社の林広大氏が講演しました。
 林氏は,RPAやロボットの基本的な特徴や,既に導入済みの民間企業でのインパクト,大学業務におけるロボット化しやすい業務の事例,具体的な動作実演等について説明しました。
 講演後は,講師と参加者が活発な議論を行うとともに,参加者からの質問にも対応し,先行する大学の導入時のノウハウ,従来のエクセルマクロとの違い,RPAと音声認識・自動応答等との業務の棲み分けなど,教職員が抱えている業務効率化への悩みを解決する場となりました。
 研修会に参加した新津勝二理事・事務局長は,「大学事務も社会の変化を踏まえた改革を行うことが重要。業務のロボット化を推進して,1日も早く業務改善及び重点化を実現したい」と期待を述べました。
 また,9月には大学職員による体験会(ハンズオン)を実施し,「一部職員の負担とならないようすべての事務職員がRPAを自作・活用できること」を目標に,研修機会を増やしていく予定です。

説明する講師の林氏
質疑応答の様子

(学術情報課)