•  
  •  
  •  
    「大阪教育大学キャンパスガイド2019~大教大をまるごと体験しよう!~」を開催
Facebook 大阪教育大学ページ YouTube OKUChannel Instagram 大阪教育大学 twitter 大阪教育大学
運用担当部局:広報室広報係

「大阪教育大学キャンパスガイド2019~大教大をまるごと体験しよう!~」を開催

 大阪府立高校42校が組織する府立高校教職コンソーシアム加盟校及び附属高等学校の高校生・教員を対象とした「大阪教育大学キャンパスガイド 大教大をまるごと体験しよう!」を10月27日(日),柏原キャンパスで開催しました。総勢200人を超える生徒,教員,保護者が参加し,大教大応援団(学生ボランティア)が案内するクラブ活動・施設見学や大学の特別講義,大学生・教員・高校生によるパネルディスカッションや生徒の質問に答えるコーナーなど,大阪教育大学の魅力を体感できるさまざまな催しが繰り広げられました。
 教育協働学科芸術表現専攻音楽コース学生と加盟校である夕陽丘高等学校音楽コース生徒による合同アンサンブルで幕を開け,華やかなムードの中,和田良彦副学長が歓迎の挨拶を述べました。大学紹介では,学生4人が大阪教育大学の魅力をプレゼンテーションした後,生徒らがグループに分かれて,体育館や就職支援を行うキャリア支援センターなどを見学し,食堂で学食体験をしました。
 特別講義は文系と理系に分かれ,箱崎雄子教授(英語教育講座)による文系「発音の基礎・基本―これだけで英語らしく聞こえる-」では,英語らしく聞こえる発音のポイントとして,英米人は会話の際に口元をみているので口元への意識が特に必要であることを解説。生徒たちは,さまざまな英文をより英語らしく聞こえるように,一生懸命音読していました。町頭義朗教授(理数情報講座)による理系「論理と数理パズル」では,赤と白のカードを使い,他者のカードは見えるが自分のカードは見えない状況で自分の色を当てる「数理パズル」に挑戦しました。そのほか,「めざす教師像」をテーマにしたパネルディスカッションや,「大教大に入学してよかったこと」,「入試に向けた勉強法」など,高校生の質問に在学生が答えるコーナーを実施しました。
 参加した生徒からは「同じ高校出身の先輩と話をしたことで,大教大に入学して子どものことや教育について深く考えたいと思うようになりました」「大学受験について,たくさんの有益な情報を教えてもらいました。受験頑張ります」「今まで行ったオープンキャンパスの中で一番楽しかったです」という感想が寄せられました。また,参加した高校教員からは「大教大応援団の学生たちが素晴らしかった。多くの保護者の方にこの催しを見てもらいたいと思いました」との声が聞かれました。

在学生による大学紹介
キャリア支援センターの見学風景
町頭義朗教授(理数情報講座)「論理と数理パズル」の講義

(広報室)